#5651

暗闇の公園


ゲームのプレイ日記


今日はE3 2019が控えているので、テレビは観ないで待機しています。
待機ついでに始まる前にブログを済ませなければいけないので先に書いちゃいます。

というわけで最近のマイブームは『』。
なんか、自分の中で周期的にすごくポケGOやりたくなる時期というのがあるみたいです。
そしてそれを通り過ぎるとスパッとやめてしまうんですよね。
もうちょっと継続力があれば、今頃もう少し図鑑も進んでそうなものですが……。
こればっかりは、地方在住というハンデもしかり、
現実と折り合いを付けながら遊ぶARゲームの宿命といったところでしょうか。
でも、現実と紐ついているがために、普通のコンシューマーゲームと違って
飽きたらもう終わりではなく、復活できるのがいいですね。

そんなポケモンGOが、今日がリリーラとアノプスの大量発生期間である
「アドベンチャーウィーク」の最終日。
もうリリーラとアノプスはうんざりするほど捕まえたので、
明日から心機一転でいろんなポケモンが登場するのが待ち遠しいです。
というわけで今日はその前日ということであまり頑張る必要性はなかったのですが、
ひょんなことから夕食後に外出する用事があったため、
そのまま夜の街を彷徨することにしました。

スペシャルリサーチは第五段階を突破して、今日は第六段階に突入したのですが、
厄介なのが「タマタマを5匹捕まえる」。
前段階のゴクリンとマグマッグは意外となんとかなりましたが、
今度こそこれは06月04日に再開して以来たった一度も出会ったことのないレアポケモン。
……いや、普段はそれなりに出現していた記憶もあるのですが……。

とにかく、普段行かないような公園に行けば草タイプのポケモンも出やすいのではないか、
と思い、近所の大きな公園に向かってみることにしました。
そして入ってみると……。
誰もいない! 数メートル先は真っ暗! 何かの鳴き声が聞こえる!
音楽を止めて進んでみましたが、なかなかのホラーでしたね……。
自転車の光がなかったらもっと雰囲気出てたでしょうね。

でも、こういう真っ暗闇って普通怖いと思うじゃないですか。
実際最初はなかなかの恐怖だったのですが、慣れてくるとむしろこっちの方が落ち着くかもな、と。
大きな空間で自分しかいないというのは、
寂しいけれどすがすがしいような、なんともいえず不思議な気持ちになります。
胸がすーっとするというか。
2016年、ポケモンGO黎明期にもこの公園は探検したことがあります。
そのときは真夏の中の大自然に囲まれて、それもそれで結構気持ちよかった記憶があります。
昼にせよ夜にせよ、やはり自然というのは気持ちにも良い作用をもたらすのかもしれませんね。
ちなみにここでザングースを初ゲットしました。

公園を出て家までの道をゆっくり約1時間かけて歩きました。
収穫は、夜にふさわしいルラトーン。そして、なんと目的のタマタマもゲット!
公園ではまったく出なかったのに、なんでもない場所で唐突に出現しました。
ただしこれでターゲットは終わりではなく、目的のためにはあと4匹必要です。

あとは前々からの目的であるメタモンはかすりもしませんでした。
他にもジムを突破して先日捕まえた色違いケッキングを居座らせてみたりもしましたが、
これを執筆中に黄色チームに突破され、ボロボロになって帰ってきました。
約6時間耐えて手に入れた課金アイテムは38円分。
ジムも粘り強く居座れば結構お金になりそうです。

コメントを残す