#5654

暗闇の卒業生たち


今日の出来事

前職を止めてからかれこれ2ヶ月半が経ちましたが、
自分+2017年秋に辞めた人+今も残っている人という面子での飲み会が今日、ありました。
辞める直前である03月中旬に話が出たのですが、
当時は「04月下旬頃に飲もう」という話になっていました。
ところがお互いに予定が合わなかったり飲み屋がなかなか決まらなかったりといろいろあり、
結局実現したのは自分が辞めてから2ヶ月以上も経ってから。
辞めた翌日に飲み会をした年上の後輩と比べると対照的ですが、
自分としては今回の飲み会には少なからず期待もあったので、
とりあえず企画倒れにならなかったことだけは安心していました。

19時に駅前集合ということなので、
自分は職業訓練終了後、家に戻らずに直接駅へ。1時間半もの時間が空いてしまいましたが、
これは『ポケモンGO』でうまく潰すことができました。
しかも、集合時間になる直前、ここ四日ほど探していたメタモンをついにゲット!

2017年秋以来およそ1年8ヶ月ぶりにその人と再開。
退職日の記事にも書きましたが、この人は前職時代における心の支えみたいな人でした
#5575『働くということ』2019年03月28日)。
言ってしまえば自分が辞めた理由というのは少なからず「この人が辞めたから」というのもあります。
まぁ、だからこそ辞めてくれたおかげで自分も辞めることができたのですが。

もう一人の、いまだ監獄たるあの会社に居続けている人は、
2017年秋以降、同部署から味方が完全にいなくなってしまった自分にとって、
唯一の話し相手といっても過言ではなかった総務の人です。

その3人が久々に会い、とりあえずは飲み会会場に向かうことになりました。
と、細かい動きについて事細かに書くことはやめておくとして。
結論から言えば、あの会社は「相変わらず」みたいです。
自分の全業務を引き継いだ50代の後輩は4月にあっさり辞め、
引き継ぎ作業も何もなく現在は総務の2人が自分のやっていた作業を請け負っているのだとか。
先方(取引先の会社)には50代の後輩がいなくなったことは伝えていないため、
今でも後輩宛にメールが来ているが、誰も相手にしていないのだとか。

一方、社内の監視体制はさらに強化され、休み時間に過ごすテーブルにも監視カメラが、
さらに唯一会社の愚痴を話し合える車にもドライブレコーダーが搭載される予定があるのだとか。
そして上の人間の言葉の暴力はますます酷くなっているとのこと。

そして、そんな惨状ですがつい今週新人が2人入ったとのことです。何ヶ月持つんでしょうね。
今回来ている総務の人の疲れ顔から、今も酷い状態なんだなというのは察することができました。
そして、残っている人には申し訳ないのですが、本当に心から「辞めて良かった!」と思いました。

ちなみに自分は50代の後輩が辞めるであろうことを見越して、
その次にもしまともな人が入ったときのために会社の実態を記した長文の文書を残してきました。
そして後輩に、もし辞めることになったら次の人にこれを引き継いでくれとお願いしてきたのですが、
どうやら今やその文書はマニュアルとして会社全体に読まれているんだそうです。
「人事部は腐っている」とハッキリ書いたのですが、
総務の人曰く、業務にとって大切なことも書いてあるので上司からしてみれば
捨てたくても捨てられないという状態みたいで、未だに会社に残っているんだそうです。

もちろん、ただ会社の悪口を書いただけでは便所の落書きと変わりません。
腐っている人事部をいかに動かすかというところまでしっかり書いてきたつもりではあるので、
むしろ上の人間が読むことで良い方向に動いてくれればという思いはありますね。
まぁでも、痛い目に遭わないと改善はしないんだろうなぁ……。
業務の繁忙期はまず今月に最初の波が来て、いよいよ来る高波は7月下旬に到来予定。
総務の二人では絶対に200%回しきれないので、そこで会社がどう出るかがみものです。
自分は退職日に社長含む全員の前で会社をボロクソに言ってきたので
まず声はかからないと思いますが、あの会社はいよいよとなると退職者にもヘルプを出すので
今月と来月の下旬はいちおうの警戒はしていきたいところ。

会社の愚痴になれば止まらない三人ですが、他の話題もいろいろ出ました。
二人が吸っていたタバコとか。総務と先輩それぞれの娘の話とか。YouTuberがどうのこうのとか。
コイバナにもなって、ブログにすらまだ書いていない初恋の話をさせられました。
でも、この面子なら別にいいかなと思いました。

先輩がトイレに立ったときに、総務の人と二人で話していたのですが、
彼女と会ったとき、本当に久々っていう気がしなかったよね、
ということについては二人の意見が一致しました。なんだかまるで昨日も会っていたみたい。
それが先輩の人柄のなせる技だと思います。
「先輩」っていうとイメージ的に本人らしくないのでアレなのですが、
実際のイメージとしては「田舎の気さくなお母さん」そのものですね。タバコ吸ってるけど。

この人といると妙な安心感があります。
自分がこういう場でいつも陥りがちな対人不安がまるで感じられないのはすごい。
正論だけがすべてじゃないんだと気付くことができる。
恥をかかされるとか、自尊心を傷つけられるかもといった心配をまるでしなくて済む。
これって単純に人としてすごいと思います。そんな人、他にいるだろうか?
きっとこの人がいたからこそ、この飲み会も成り立っているんだろうなと。

終電の時間が近くなってきたのでお開きとなり、改札前まで行ってそこで解散となりました。
自分は電車には乗らず、バスで帰りたいところですが終バスは出てしまっていたため、
駅を出てタクシーを探すことにしました。
一瞬、タクシーではなく歩いて帰れば『ポケモンGO』の歩数稼ぎにもなるのでは、
と思いましたが、体力その他から判断してやめることにしました。

タクシー代は2,000円超。高いなぁ。
降りて残りの距離を音楽聴きながら歩くべく、bluetoothヘッドセットを耳にかけた瞬間……。
ハッと振り返りタクシーを追いかけようとしました。しかし、タクシーはもういませんでした。
ヘッドセットからは「送信本体が近くにない」ことを示す信号が鳴っていました。
このタイミングで鳴ったということはつまり、
自分と携帯との距離がこの瞬間に大きく離れたということ。

「タクシーにスマホ置きっぱなしだ!!」
と、気付いたときには遅かったです。スマホが無いとこんなに不安になるんですね。
焦る気持ちを抑えながら帰宅。すぐに家電から自分の携帯番号に電話をかけてみると、
タクシーの次の乗客らしき人が取ってくれました。
話し合った結果、タクシーの運転手が警察に届けてくれるので、
自分がそこに明日取りに行けばいいということになりました。
いや、それにしても次に乗った人が丁寧に対応してくれる人で助かったです……。

そんなわけで、飲み会でいろいろスッキリしたものの、
最後に大きなトラブルもあった一日でした。タクシー乗る際には十分気を付けましょう。

コメントを残す