#5659

山形県沖地震


今日の出来事

昨日のブログを投稿したのが2019年06月18日22時19分。
ブログを投稿して、一息がてら『クラッシュ・ロワイヤル』で対戦をしている最中でした。

2019年06月18日22時22分、山形県沖を震源とする地震により、新潟県村上市で震度6強を記録。

しばらくガタガタと家が揺り動かされたかと思うと、
その後激しい横揺れに酔いそうになりました。
自分が地元で大きな地震を体験したのは、2011年03月11日、あの地震以来およそ8年ぶりです。
しかしこの揺れ方で真っ先に思い出したのは2004年の新潟県中越地震でした。

奇しくも、あの大阪府北部地震から「ちょうど一年後」、
そして1964年06月16日の新潟地震を教訓に県内一斉防災訓練を行っていた「わずか二日後」。
そんな奇遇なタイミングで発生した北陸地方ひさびさの地震でした。

地震発生後すぐにテレビをつけると、居住エリアに津波注意報が出ていました。
これもおそらく2011年以来初めて、というより覚えている限り人生初です。
自分の住んでいるところは海沿いではないですが川が比較的近いところにあるため、
万が一津波が川を遡上してくると非常に危ない地域です。
とはいえ堤防は5mはあるので、本当に新潟地震クラスの地震でない限り大丈夫だと思いますが。

地元は盆地になっており、海抜ゼロラインよりも低い土地が多くあります。
そのため、もしも津波が来たら間違いなく壊滅する街なんですよね。
そういう意味では恐怖もあります。
今回の注意報では最大1mとの予測でした。
1mというのは、人が生身で受けたらほぼ死ぬレベル。車が流されます。
最初に津波が到達する予定の佐渡島がやばそうだったら避難すべきかとも思っていましたが、
中継を見守っているかぎりではその心配もないようでした。
あと心配なことといえば停電ですが、これも異常なし。
ただ、市内では3,000戸以上の家が停電していたそうです。
震度6強という大きな地震にしては、今のところ重大なけがなどの情報は入ってきていません。

我が家ではたったひとつだけ異変がありました。それは猫です。
我が家の猫は地震発生時直後から、自分の机の下に潜り込んできて頑として動きませんでした。
結局、その場を離れたのは津波注意報が解除された直後の01時すぎまで。
人間はなんだかんだでいつも通りの生活を続けていましたが、
猫にとっては怖いのか身の安全を優先したのか、なかなかみられない光景でした。
普段あんなに偉そうなのに3時間も机の下に潜って怖がっているにゃーーさん、率直にかわいい。
ただそういう危機管理能力は人間も見習うべきだなと思いましたね。
今のところ自分は被災の備えをまったくといっていいほどしていないので……。

今度しっかりハザードマップくらいは確認しておこうと思った、久々の地震でした。
もしかしてもしかすると、これが余震である可能性もわずかにあるので
向こう一週間くらいは警戒していきたいところではあります。

0

コメントを残す