#5667

もうひとつの全国図鑑


ゲームのプレイ日記

さて『スーパーマリオメーカー2』発売前夜ということで。
ダウンロード版購入派にとっての発売前日は実質プレリリース日のようなもので、
24時から寝るまでの間少しだけプレイすることができます。
というわけで執筆現在残り2時間16分の待ち時間が待ち遠しいです。

自分のコンシューマーゲーム購入履歴を振り返ってみると、
今年初タイトルの『テトリス99』は基本無料タイトルなのでまぁさておくとして、
昨年末の『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』でメンタル面からコケてしまったので、
実質的には11月の『テトリスエフェクト』以来、7ヶ月ぶりということになります。
任天堂のパッケージタイトルに限れば『星のカービィ スターアライズ』以来、1年3ヶ月ぶり。
そして、仕事を辞めてからの購入タイトルとしては初になります。
職業訓練があるとはいえそこそこガッツリプレイできる絶好のプレイ環境。
そういう意味でも今作は楽しみですね。モチベが保てばいいのですが。

それから今、マリオメーカーとは別にちょっとやろうかなと思っていることがあります。
というのもポケモン本編の図鑑埋めを再開しようかな、と。
』の影響があるのは確かですね。これやってたら本編でも図鑑埋めたくなってきたと。

もう10年以上前のことですが、実は自分は全国図鑑完成まで行ったことがあります。
第四世代、『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』の時代。
もちろん当時配布限定ポケモンは手に入れられませんでしたが、
ゲーム内ではそれらを手に入れなくてもコンプリートということになるんですよね。
なので約500種、ひたすら集めていました。
ちなみに同作のプレイ時間は『ダイヤモンド』だけで500時間を突破しています。
さすが大学受験を捨ててまでハマった作品ともあって、
当時はバトルタワーのパーティ育成なんかも随分力を入れていましたね。
黒歴史のことはもう忘れました。

第四世代が登場したのが2006年、それから13年が経った現在のポケモン総数は809匹となり、
最新は第七世代となっています。
つまり、今からコンプリートを目指すなら
第五世代から第七世代までの300匹あまりをすべて捕まえる必要があり、
なおかつ『ダイヤモンド』から全ポケモンを引き連れてくる必要があります。
そこまでやったとしてもおそらくコンプリートはできないので、
バージョン限定のポケモンはGTSなどで手に入れるか、ソフトを買うしかありません。

まぁそこまでやるかどうかはさておき、
これまでのポケモンプレイ遍歴で出会ってきたポケモンをすべて一カ所にまとめるというのは
新作が出る前に一度やってみる価値はあるかなと思っています。
自分にとって、最新世代に連れてこられる最も古いポケモンは
2004年の『ポケットモンスター ファイアレッド』で捕まえたリザードンLv100です。
15年も前のポケモンを最新世代に連れてこられるっていうのも凄い話ですよね。
まぁ、いろいろと手間はかかるのですが。

『スーパーマリオメーカー2』もあり、もしかすると『ピックスアーク』も買うかもしれないし、
いろいろと忙しいですが気が向いたらやってみようと思います。

余談ですが今日の『ポケモンGO』は、帰ろうとしたら帰宅方向と真逆の遠いところに
まだ捕まえていないユキカブリの影が見えたのでそれを追いかけていました。
10分歩いてようやく辿り付くとすぐにユキカブリ出現。そしてなんと、逃げられてしまう。
すると、そこからさらに10分ほど歩いたところに再びユキカブリの影が。
今度こそという気持ちで歩き始め、無事に捕獲。
まったく立ち入ったことのない土地を歩くのはなかなか新鮮味がありましたが、
あいにく今日は小雨の上蒸し暑い天気だったため、かなりへとへとになりました。
なにせユキカブリを捕まえた場所からいつもの道へ戻ってくるのに30分近くかかり、
そこからバス停までの道のりも歩いたので結局1時間半近く歩いていました。
さすがに今日は駅まで行ってのレイド参戦は断念。

明日からは直帰してマリオメーカーに集中する予定ではありますが、
昨日も書いたように『ポケモンGO』でもイベントが目白押しなので、
今日のような遠回りはしないにしても駅まで行く習慣は続けようかなと思っています。

コメントを残す