#5698

古の首長竜


ゲームのプレイ日記


雨はまったく降りませんでしたが、宣言通りコンシューマーゲーム三昧していました。
ただし『ポケモンGO』イベントのためにちょっとだけ外出もしました。

冒頭動画は『』の中ボス、デスブリンガー戦。
昨夜から今日にかけて、こいつとずっと戦っていました。
リトライ回数おおよそ50回ほどでしょうか。粘って粘ってようやく撃破したので記念の動画です。

このゲーム、EASYからVERY HARDまで難易度が4段階あり、
自分はNORMAL(2段階目)で始めたのですが、前にも書いたように基本的に難しいです。
最初のチュートリアルで敵から見つからないように隠密行動をする訓練を何度もするように、
このゲームでは集団の敵は避けて通ることができるようになっています。
もちろん、ゴリ押しで突破することもできるようになっています。
(ゴリ押しで逃げることもできるようになっています。)
自分の腕や状況等々に合わせて、戦ったり戦わなかったりすることができるというわけです。

それで、自分はほとんど正面戦闘は避けてここまでやってきました。
ウォッチャー数匹程度ならともかく、サンダージョーなんて出てこようものなら裸足で逃げ出します。
なので、逃げることができないイベント戦は、ほぼ例外なくつっかえてしまうんですよね。
ですのでデスブリンガーは自分にとってはかなりの脅威でした。

しかし、きっとだからこそ没頭できたのだと思います。
今日、気が付けばなんと6時間半も『Horizon Zero Dawn』に没頭していました。
オープンワールドゲームは長い長い映画のようなもの。
どんどんストーリーが進行していって終わりが見えないので、やめどころが分からないんですよね。
イベント戦でつっかえて、試行錯誤を重ねて突破できるとやっぱり嬉しい。
まれに商人を発見して武器をグレードアップできるとまた楽しい。
基本的にこのゲームはハクスラ系ではないので主人公の強さはほぼインフレせず、
モンハンよろしく敵を狩りまくらないと武器もろくに強化できないんですけどね。

それから、あいにく録画していませんでしたが
「トールネック」という超巨大機械獣との初遭遇も果たしました。とにかく超でかい!!
こういうのってロマンがあっていいですよね。
『No Man’s Sky』の方では首長竜とはついぞ会うことはありませんでしたが、
こっちでは会うことができて満足です。
この世界のトールネックは、いわば機械獣の情報屋(セントラルサーバー)の役割を持つようです。
サンダージョーのように敵対はしません。

ストーリーがあとどれくらいあるのかさっぱり検討がつきませんが、
とりあえずしばらくはインドアの新しい娯楽ということで楽しんでいきたいと思います。

0

コメントを残す