#5725

十年目の歯磨き


ゲームのプレイ日記 今日の出来事

歯科検診に行ってきました。
13時予約とばかり思い込んで12時に頑張って起きたら、午後の診察開始は14時からだったようで、
おかげで土曜日にしては珍しい起床後の猶予時間を過ごすことができました。
最近はもう休日の起床といえば14時台が当然というくらい遅くなってきている自分にとっては、
12時台に起きることすら珍しい現象になってきています。

歯科検診は恒例のクリーニングをやってもらいました。
今通っている歯医者では、一通りの治療が終わると全体を念入りにクリーニングしつつ、
他に虫歯がないかどうかをチェックする工程があります。
このときに虫歯が見つかれば治療継続。
虫歯がなければ、次は3ヶ月後にまた定期検診を行うということになっています。
今回自分は、虫歯は無かったので、次は3ヶ月後ということになったのですが、
転職活動が順調に行った場合は3ヶ月後にはもう地元にいない可能性もあるということで、
改めてはがきで通知してもらうことにしました。
そのときに地元にいればこっちで検診を受けるし、
いなければ転職先で歯科医を見つけて受けることになります。

ということは、今日の検診が地元の歯医者通いでは最後だったかもしれないということに。
この歯医者へ通うことになったきっかけは、
2010年秋に何もしていなくても痛むほどの深刻な虫歯を放置し続けた結果、
実家帰省中に行くことになったのが始まりでした(#2497『行く手を阻む暴風雪』2010年12月25日)。
それ以降、大学院時代を挟んで実家生活中にはずっと通い続け、
直した虫歯の数はもはや数えきれず。
十年間通い続けてようやく虫歯ゼロに行き着いたと思うと感慨深いものもあるのと同時に、
学生時代当時の歯の磨き方が甘かったことを悔やむばかりです。一体何万円つぎ込んだんだろう。
経理データベースに2014年秋から2018年末までの歯科治療費が残っていたのですが、
その範囲内だけでも98,370円だったので10万円はとっくに超えていると思います。

とりあえず、東京に行くにせよ、地元に残り続けるにせよ、
歯科定期検診だけは今後も受け続けていこうと思っています。
2010年秋のあの悶絶するような激痛や、
人生で二番目に辛い思いをした地獄の治療を思えば(#3084『上顎洞付近の攻防』2012年07月25日)、
定期検診で3ヶ月に1度3,000円が飛ぶくらい、安い出費です。
ちなみに人生で一番辛かったのは同じ大学院時代の胃カメラですね。あれは思い出したくない。

歯医者を出たあとはそのままゲーセンに行きました。
自分にとってゲーセンは気分が落ち込み何をする気にもなれないときの気分転換の奥の手。
そういう意味では、特に気落ちしているわけでもない今、
無理に行く必要はまったくなかったのですが、
しかし今日を逃すとメダルの預かり期限を過ぎて204枚が消えてしまうので、行かざるを得ず。

204枚では物足りないので1,200円払って315枚追加し、
最初は前回と同じ『ツナガロッタ』につぎ込んでいたのですが、
ボールが理不尽なくらい重複するのにイラッとしてしまったので、80枚ほど溶かしたところで中断。
残ったコインを持って、コインプッシャーゲームの
『マリオパーティ ふしぎのコロコロキャッチャー2』というゲームに挑むことにしました。
これはタイトルの通りマリオパーティをモチーフにしたコインプッシャーゲーム。
そしてコインプッシャーでありつつも実際にUFOキャッチャーを遊ぶこともできるという、
なかなか欲張りな筐体です。

コインを弾いてチェッカーを通過すると、通過したメダル1枚につき1回サイコロが振られ、
マリオがすごろくのマス目を進んでいくという仕様。
マスにはいろいろなイベントや隠しアイテムがあり、
その中でもキャッチャーチャンスを手に入れると実際にUFOキャッチャーが遊べます。
そしてキャッチしたボールはコインプッシャーのステージに投入。
これを落とすとジャックポットランプが点灯し、3つランプが点灯するとジャックポットチャンス。

という流れになっているのですが、実際やってみるとUFOキャッチャーチャンスは滅多にありません。
じゃあ戻しは渋いのかというと、そうではなくてむしろ逆。めちゃくちゃ戻ってくる!!
なにしろマス目の隠しアイテムに「メダル50枚」というのが結構あります。
これでステージ大量のメダルがばらまかれる上に、
ポケットが広いため落ちたメダルはほとんどプレイヤーの手元に戻ってくる仕様になっていて、
ほとんど「打った分だけ戻ってくる」と言っても過言ではないです。
たまたま運が良かったのかもしれませんが、だらだらコインプッシャーで遊びたいなら
このゲームはかなりいいですね。
グランドクロスとか、他のコインプッシャーは本当に瞬く間にメダルを失ってしまうのに、
これは驚くほど良心的です。

結局1時間半遊んでもメダルは減らないので、405枚を預けて帰ってきました。
次回はさすがにメダルの追加貸し出しはなしで、無料で遊ぶことができそうです。

帰宅後も久々にコンシューマーゲームが盛り上がりました。
まずは今日購入(といっても無料ですが)のタイトル、『』(レルム・ロイヤル)。
一言で言えば『フォートナイト』のフォロワー、というかぶっちゃけパクりです。
フォートナイトから建築要素を省き、その代わりファンタジー要素を追加したバトルロイヤル。
大きな特徴として、プレイヤーはシャードという単位の「お金」を持つことができ、
重複したアイテムなどをその場で換金することができます。
そして、マップに点在する「鍛冶屋」に行ってお金を払うことで、
より強いスキルやアイテムを手に入れることができるようになっています。
アイテムやスキルの戦略性により力を入れたフォートナイトといったところでしょうか。
スキルも『Apex Legends』のように固定ではなく入れ替え、課金、購入が可能になっているので、
よりよいスキルをマッチングごとに追求できるのは強みですね。
せっかくお金の要素があるので「強化」という概念があるとなお面白そう。

初見プレイでデュオ3位でしたが、その後はイマイチな成績でした。
本当に可も不可も無くフォートナイトのフォロワーといった感じのゲームですが、
大きな欠点としてはマッチングとロードに異常なほどに時間がかかります。
これを解消できるかどうかで今後継続するかどうかが変わってきそう。

それから最近勇者参戦で再び話題になった『』も久々にプレイ。
自分はカービィ、Mr.ゲーム&ウォッチ、ポケモントレーナーを主な使い手にしていたのですが、
その中でもメインとして使っているカービィはどうしても突破力がなくて撃墜数を稼げず、
その割に軽いので簡単にやられてしまうという悩みを抱えていました。
そこで他のキャラクターも試してみたところ、「ブラックピット」に行き着きました。
ブラピも基本的に復帰力が高くて軽い、カービィタイプのファイターです。
しかしカービィと違うのは、B横必殺技が強力かつ汎用性に優れているため、突破力があること。
また、全体的に技のスピードが速いため、立ち回りやすいです。
練習すればカービィより強くなれそうな、そんな可能性を感じましたね。

スマブラSPは、発売当時のバトルレーティングとマッチングの仕様がイマイチだったこともあり、
打たれ弱い自分は散々ネガキャンしたあげくやらなくなってしまっていましたが、
メンタルも取り戻した今、改めて着手してみるのもアリかもなぁと思いました。

今日はさらに話題があって、スマホゲームも久々にやっていたので軽く書き残しておきます。
ひとつはソーシャルゲームで『リンクスリングス』。
一言で言えば『スプラトゥーン』のフォロワー、というかぶっちゃけパクりです。
ただしアクション性は再現できるはずもないので、そこはLoLなどのMOBAに近い感触になっています。
マッチングも早く、グラフィックも悪くなく、
何より今のところ負けなしなのでちょっと続けていこうかなとは思っていますが、
なんにせよスマホゲーは飽きやすいのでどうなるかは分かりません。
ちなみに『ドラガリアロスト』はとっくにログイン勢に落ちています。

もうひとつは『天鳳』。
言わずと知れたオンライン麻雀ゲームのスマホ版ですね。
あまり評価は良くはないのですが、試しにやってみたところ二段、三級、七級を相手に
新人(九級の下)として参戦して圧勝できて、なかなか気分が良かったです。
携帯端末の麻雀はガラケー時代にやたらハマっていた記憶がありますが、
あれはあくまでもCPUが相手。そういえばオンラインで実際に麻雀をやる機会は無かったかも。
無論、PC版の『天鳳』も若干触ったことはありますが、その程度です。
いざというときの暇つぶしアイテムとして、スマホの中に忍ばせておくのはいいかなと思いました。
高段位を目指そうとかそんなつもりはまったくありません。

というわけで、今日はアーケードにコンシューマーにスマホと、
なかなかゲーム三昧な一日でした。

コメントを残す