#5745

前進を阻害するもの


今日の出来事

今日は自動車教習でいわゆる路上デビューしてきました。
教習所内の40kmと、路上の40kmがこんなに体感で違うものなのかとびっくりしましたね。
正直不安でいっぱいでしたが、なんとかなって良かったです。

実は、転職活動をするにあたって今一番のネックになっているのが、この自動車教習です。
今年の04月に取り始めたときは結構ハイペースで進めていたのですが、
職業訓練に入校するのと同時にペースが激減。
さらにハズレ教官にも当たってしまい、打ちのめされてしまっていたのが05月中旬の話。
それから先は学校から「乗りませんか?」というお誘いが来ない限りは一切乗らず、
それでもなんとか第一段階を突破した頃にはもう08月中旬になっていました。
そこから先は実習期間に突入して完全に行けなくなってしまったので、
学校側にも09月10日以降にならないと行けないということは伝えていました。

いつ転居するのか、を考え出したとき、自動車免許を取らない限りは地元を離れるわけにはいかない。
かといって、就活をしないわけにもいかない。
しかし免許がいつ取れるのかという目処は立たない。
最速日程で計画したところで、破綻したらいろいろなところに迷惑がかかる。
しかし、じゃあ「12月からしか入社できません」と今言って果たして書類選考が通るのか……。

この転職活動のゴールを思い描いたとき、当初の入社予定日は11月01日でした。
つまり今月で東京に行って何社か面接してきて、第何希望の会社から内定をもらい、
来月上旬でアパート決め。中旬で引っ越し準備。下旬に入居というのが理想の計画でしたが、
それを実現するためには就活と並行して、1ヶ月で自動車教習を終わらせなければなりません。
聞いた話では第二段階は実習19時限+座学+卒業検定となっていて、一段階より多いです。
そして、今現在は地元大学生が夏休みを満喫中ということで、
夏休み中に免許を取ろうと考えている人が自動車学校に殺到しているため、
予約困難な状況がずっと続いています。09月20日まではそれが続くんだそうです。
今は実習を受けたくても受けられない状況なんですよね。
そう思っていたら昨日たまたま学校側から「キャンセルが出たので乗りませんか」
という電話が来たおかげで、今日と明日は予約を入れることができたのですが、
これはあくまでもイレギュラーなケースでしかありません。

第一段階で何度も躓きながらようやく突破した自分の運転適性を鑑みると、
19時限をストレートにクリアしていくとはまったく思えません。
教官が言うには第一段階は次のステップに進むのに明確で厳密なハードルがあったために
補習になるケースがよくあったが、
第二段階ではそれがないのでみんながみんなすんなり行くという話でしたが、
自分はそれを鵜呑みにはしていません。どうせどこかで躓くでしょう。
その上、まず予約が取れない状況がしばらく続くというのではどうしようもありません。

ということで10月末入居は現実的ではないなというのが現時点で思うところです。
自動車教習は週3回進められたとしても、補習・卒検込みで考えれば11月上旬まで続く見込み。
そもそも今月内に内定が出る保証もどこにもありません。
そう考えると、東京暮らしは12月からというのが無難な線かなと思っています。
逆に言えば、その12月というラインはできれば超えたくない。
ここを超えてしまうと2019年は年度末退職以降一度も仕事をしなかったことになってしまうし、
毎年恒例の年末年始旅行を今年も計画しているため、
それに往復新幹線&宿泊費がかかるか、現地から行けるかではかかる費用が天地の差です。
また年を越してしまうと転居費用が倍近くかかってくるという明確なデメリットもあります。
まぁ、引っ越し界隈の繁忙期は03月なので、年を越してすぐなら問題ないかもしれませんが……。

とにかく今は、自動車教習を少しでも進めることと、
面接のための東京主張を一日も早く実現するところに注力したいところです。

コメントを残す