#5748

最終電車の壁


空想

例の東京出張計画。
実は初日の宿泊でかなり困ったことになってしまいました。

昨日、最初の1泊はネカフェデビューして翌日から普通のホテルを使う予定でいる、
という旨の話を書きましたが、知り合い曰く「ネカフェで宿泊はやめておいた方がいい」
とのことなので、ただでさえ寝付きの悪い自分はやはり避けるべきだという判断に至りました。
その代わりカプセルホテルを勧められたのでさっそく調べてみるのですが、
確かにかなり安く、渋谷駅周辺でも5,000円程度。
ただ問題は、最終チェックイン時刻が25時(翌01時)なんですよね……。

初日に参加予定のライブはまだ詳細スケジュールが一切出てこないので何とも言えませんが、
検索してみると同じイベントで過去に行った分のタイムテーブルが出てきたので見てみると、
22時の開演からなんと28時(翌04時)までやっているという。
つまり、朝までパーリィコースですよ。なんてこった。
自分は何も朝まで付き合うつもりはなくて、
お目当てのアーティスト2人を見たら帰るつもりなのですが、彼らがいつ登場するのかが一切不明。
22時かもしれないし、27時かもしれないわけです。

理想は、今回泊まる普通のホテルに連泊することにして、終電までに帰るパターンでした。
しかし終電は00時40分。これに乗るには開演から2時間で撤収しなければなりません。
そして最終チェックインが25時のカプセルホテルもほぼ同条件です。
これだと、もしホテルを予約してお目当てのアーティストが25時以降出演だったら詰みます。
かといって、貫徹してライブを最後まで見たところで、
ライブ終了後の04時から渋谷で何をするというのか。

対応策としては、カプセルホテルがもし門限・外出に制限がない場合、
ライブが始まる前に一旦チェックインしておいてライブが終わり次第ホテルに戻るというのがひとつ。
これについてはいくら検索しても出てこないので問い合わせてみるしかないですが、
2017年末旅行で実際にホテルで使った手でもあるので、できなくはないかなと思っています。
もしカプセルホテルが門限・外出に制限があっても、
1日目だけは渋谷のホテルを取ってそっちにあらかじめチェックインするという手もあります。
ただ渋谷の普通のホテルはとにかく高いのがネック。

もうひとつは貫徹するという最終手段。
問題になるのは渋谷で何もすることがない04時台ですが、すぐに始発電車は動き出すため、
東京中を歩き回ればなんとか寝ずに済むのではないかと。
ただこれは2018年末旅行で同様のことをしてその後大変な体調不良に襲われたので、
時季的に風邪を引く心配は少ないとはいえ、なるべく避けたいところではあります。
でも貫徹すれば1泊3日になり、宿泊費がかなり浮くというのはあります。

それもダメならやっぱり24時間営業のネカフェに逃げ込むのが無難なところではありそう……?
耳栓とアイマスクと枕代わりのタオルを用意すればなんとかいけないだろうか。

東京で動き回るにあたって、「終電」というのは大きな壁になりますね。
もしも東京生活が始まったら終電に振り回されるような日もきっとあるんだろうなぁ……。
今までは夜に歩き回ることがあってもそれは年末年始であり、
年末年始は一年に一度の終夜運転を行う日なので、終電は意識せずに済んできました。
しかし、なんでもない日に夜の東京で遊ぶとなると話は違ってきます。

もちろん、捨てる神あれば拾う神あり、
終電を乗り過ごした人のためにカプセルホテルなどのサービスも発達しているわけですが、
それも限界があるというのが現実です。ライブ参加者全員にサービスが用意されているとは思えない。
予約無しで突撃したところで、同じライブからの客に先取りされてしまっていたら終わりです。
だからこそ東京という街では、先々まで見通す立ち回りが重要になってくるのかなと。

コメントを残す