#5754

笑いの殿堂


文化

Huluという動画配信サービスで、
絶対に笑ってはいけない科学博士』(2016~2017年)を観ていました。
ノーカットで、実に6時間24分ぶっ通し。
見終わった時点ですでに現実時間は03時を越えてしまっているので、
明日の東京出張に備えて今日はブログはできるだけ短めに済ませていきたいと思います。

笑ってはいけないシリーズはご存じ、大晦日恒例の大スペシャル番組。
かつて自分たちは大晦日といえば紅白歌合戦だったのですが、
いつからかこのシリーズを観るようになり、大晦日の夜は笑いまくるようになっていました。
ところが、自分は2017年から祖父母家には行かないようになり、
カウントダウンを東京で過ごすようになったため、必然的にこの番組も観れないことに。
ブログを読み返すと2016年もほとんど観ていなかったようなので、
Huluで配信している最新シリーズである2016年版を改めて観ることにしました。

リアルタイムで観るときはたいてい、カウントダウン前にチャンネルを変えてしまうので、
ぶっ通しで最初から最後まで観たのはなんだかんだで今回が初めてです。
ひとりで観たのも初めてでしたが、案外面白いものですね。

このシリーズは最近、マンネリ化との戦いになっていました。
特に個人的にはいつだったかの年に、芸能人のゴシップネタがあまりにも多かったため
がっかりした記憶があります。
ところが2016年版はそういうネタは10分程度に抑えられていて、
全体的にもおおよそのテンプレートには則りつつも、定型から外れる箇所もあって楽しめました。
個人的に一番笑ったのは月亭方正がアトムの姿になってウランちゃんを追いかけるシーンです。

というわけで今日は03時就寝14時起床、
起きてちょっと出掛けてコンビニ行って帰ってきて夕食を食べたあとは、
トイレと猫にごはんをあげる以外すべて動画視聴に費やしました。
これも一種の気分転換と思えば、スマホでだらだらよりは良かったんじゃないかと思っています。
思いついたその日に大晦日の特番が観れるなんて、良い時代ですね。

さて、明日はいよいよ東京出張。
結局2社目からも民間サービスでオファーされた0社目も連絡は来ないので、
落ちたのかどうかは分かりませんがとりあえず今回はただ1社のだけために行くことになります。
というより、もはやこうなると面接よりも観光の方がメインと言えるかも。
まぁ、何はともあれ楽しんできたいと思います。

コメントを残す