#5796

心を読む魔人


文化

知っている人にとっては本当に今更感がある話になりますが、
この2日間ほど『Akinator』というwebサービス/アプリにハマっています。

アキネーターとは、ユーザーが思い浮かべているある人物・キャラクターについて、
コンピューター(魔人)がいくつかの質問をしていくことによって、
最終的に思い浮かべている人物・キャラクターをピタリと当ててしまう人工知能システム。

何年か前にTwitterで流行っていて、そのとき自分もいくつか試した記憶があるのですが、
その当時は精度がイマイチだったのですぐに飽きてしまいました。
しかしサービス開始十年目の今やってみると、本当にドンピシャで当ててくるので面白いです。
「朝比奈みくる」「女の子主人公(FRLG)」「ノノ」「まんぞくさん」「ボルボーノ人」「斉藤初」
知ってるキャラならなんでも当ててくるからすごい。
人工知能って突き詰めると人の心でも読めるのか、と思わせるほど的確な質問を投げてくる。
自分が好きなマイナーキャラクターを当てられると、なんだか嬉しくなっちゃいます。
自分はiOSアプリ(基本無料、広告削除490円)でプレイしていますが、
webサービスなら完全無料で遊ぶことができます。
ただどちらもやってみた感じではアプリ版の方がサクサクできるのでこちらがオススメです。

自分が知っている主なキャラクターはほとんど当ててしまうのですが、
さすがにアニメの公式ガイドブックにしか名前がないようなモブキャラは出てきませんね。
このアプリでは、魔人にキャラを当ててもらうと
そのキャラが過去に何回当てられてのかが分かるようになっています。
これがざっくりマイナー度を表しているというわけです。
そこで、自分が知っている中で最もマイナーなキャラクターは何なのか、
自分以外に知っている人数が限りなくゼロ人に近いキャラクターを目指して、
チキンレースをやってみることにしました。
本当にゼロ人となると未登録キャラを出せばいいだけなので、目標は「1人」ですね。

昨日から33回プレイしていますが、今のところ最もマイナーなキャラクターがこちら。

なんと、自分の他に知っている人はわずか9人。
今まで魔人に当ててもらった中では唯一の一桁台です。
総プレイ回数は3億回以上ということを考えると、一桁はかなりのものです。
ちなみに「七賢」も間違っているわけではないのですが、正式には「ヘブンズドア(星人)」です。
2005年のパズルゲーム『メテオス』に登場したキャラクターですね。
同作の中では決してマイナーな方ではないのですが、作品自体がマイナーな上、
アキネーターが登場するよりも大分前の作品なので検索した人が少ないのでしょう。
なお、同作のキャラは、試した限りではジオライトと七賢以外は登録されていないようです。

ゲームキャラクター以外の最高記録はこちら。
「ばんにゃい」というのは新潟市中央区万代エリアのご当地ゆるキャラで、
エキチカに遊びに行くとたまに万代シティの2階に出没しています。
モチーフとなったのはレインボータワーという同地区のランドマークなのですが、
レインボータワーは東日本大震災で損傷して以降営業停止状態がずっと続いており、
2018年にはついに撤去されてしまいました。
なので「ばんにゃい」は今となってはその名残を背負ったゆるキャラです。
地元が必死にアピールしているのにこの絶望的知名度……。頑張ってください。

とにかくアキネーターは今改めて面白くなっているので、
2010年当時いじったことがある人もそうでない人も、暇つぶしにはなかなかオススメです。

さて今日は03時就寝14時起床の9時間睡眠でした。
最近なにかと冒険する夢を見るのですが詳細を書き残せるほど覚えてはいません。
なんとなく、舞台や出てきたものは覚えているんですけどね……。

朝食兼昼食を済ませたあとはエキチカに出掛けて、久々に『』三昧していました。
15時半から17時半までの2時間を歩き回った結果、無事に今日解禁のこいつをゲット。

シンオウ地方の伝説ポケモン、レジギガスです。
ちなみにレジギガスを捕まえるためのスペシャルリサーチを進めるためには980円の課金が必要。
これには賛否両論ありますが、レイドパスが10枚もらえるので元は取れると判断しました
(※プレミアムレイドパスではありません。そのため、ストックすることは不可能)。
おかげでふしぎなアメが50個ほど増えたので、さすがにそろそろ使っていくつもり。
タスクをこなせるか不安もありましたが、
実際には★5レイドタマゴがかなり頻繁に出現するおかげで難なくクリア。
むしろ壁になったのは「はがねポケモンを7回進化させる」といったタスクでしたね。

同時に図鑑が埋まっていなかったレジアイス、レジロックもゲットして図鑑は一気に進みました。
さらに、今月の大発見リワードは三鳥+グラードン+カイオーガとのことなので、
5分の1でサンダーを引き当てればついにカントー図鑑完成ということになります。
これはもしかすると『ポケモンGO』は今が踏ん張りどころなのかもしれません。
それにしても運営スタッフは本当にグラードンとカイオーガ好きですね。
今夏に散々レイドボスとして出現させつつ、同時期に大発見リワードとしても登場させていたのに、
一呼吸おいてまた大発見リワードとして出すとは……。
これではもはやグラードン・カイオーガの価値は爆下がりというか……。
ローテーションというものをあまり考慮していないんだろうか。いわゆるハズレ枠なんですかね。

レイドの余り時間には久々にカフェに行きました。
実はよく利用している『タリーズコーヒー 新潟駅南LEXN店』に以前行ったら、
やたら手際の悪い若い男性スタッフがいて非常に心証が悪かったので、
しばらくこの店は敬遠していたのですが、
今日行ったらその人はいなくなっていたので気兼ねなく注文することができました。
カフェのスタッフって愛嬌も手際の良さも必要だし、なかなか素人には難しいのかも。
ましてコミュ障がやっていいような業種ではないですね。
スタッフの対応がその店を強く印象づけるということもあるので、
新人を雇い入れるのもなかなか大変だろうなぁと思った次第です。
このカフェは既存スタッフだけ見れば本当に100点満点なので、
そのクオリティをなんとかこれからも維持していって欲しいなぁと他人事ながらに思います。

1+

コメントを残す