#5815

方針転換への道


ゲームのプレイ日記

ポケモンがサーバーメンテナンスとかでインターネットに接続できないので、
先にブログの方を済ませておきたいと思います。

そんなポケモンですが、なんと世界初週販売本数600万本を記録したそうで、
これはNintendo Switch史上最多記録なんだそうです。
現時点のSwitchソフト歴代一位は『マリオカート8 デラックス』で1,901万本となっていますが、
果たしてこれを超えることはあるのでしょうか。
ちなみに前作『ポケットモンスター サン・ムーン』は1,617万本。
これを超えるかどうかが注目どころですね。
超えたら今回の方針は正しかったということで第九世代以降もビギナー重視の方向になるだろうし、
逆にここで超えられなかったらやっぱり昔の方が正しかったんだということで、
やり込み重視の方向性に転換するかもしれません。
ただ、ポケモンに関しては利権がらみなのか必ず一定のスパンで新作を出すという縛りがあるそうで、
開発時間の制約を考えるとやっぱり全ポケモン登場というのは現実的でない気がします。
もっとAI技術が発展して著しいコストカットができるようになって初めて実現する気がする……。
技術の発展が待ち遠しいところです。

今日は夕食前の時間帯は書きかけだったファーストインプレッション記事を書くことに費やし、
夕食後はやはりひたすらポケモンやっていました。
ちなみに今日で一週間となりますが、初週プレイ時間は40時間45分となりました。
ビッグタイトルで比較すると、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』が37時間48分だそうで、
それよりは若干多いですね。
というかスマブラSPのファーストインプレッションを読んでいると、
「ビギナーを切り捨て、やり込み重視にしすぎだ」と今作とは真逆のことを言っていて、
なんだかなぁという感じがします。自分のゲーマー観もその程度か。

ポケモンでは、最近ガラル図鑑を放置気味だったので捕まえていないポケモンを捕まえていました。
心境としては、レイドから逃げているといえばそれまでなのですが……。
キョダイマックスポケモンは遺伝しないという事実が発覚してしまったため、
ジュラルドンを育てるならレイド厳選が必要になるのですが、これはあまりにもしんどいので、
ひとまずはレイド厳選が必要ないポケモンに絞ってパーティを組み直おそうと思っています。
すでにネギガナイトは内定しているので、
ネギガナイトをフォローできるような2匹目、3匹目を選定するところからですね。
かくとうタイプはひこう、エスパー、フェアリーに弱いので、それを受けられるポケモン……。
アーマーガア辺りが適任かな?
とにかく今週末までにバトルタワーデビューがいちおう目標となっているため、
今までチンタラしていた分今夜は追い込みで頑張りたいと思います。

引っ越し準備の方もまだ完全に終わっているわけではなく、追い込みが必要なんですけどね……。
転居届もそろそろ出さないと行けないのに今日は完全に動けませんでした。
それもこれも15時起床という生活リズムのせいです。やっぱりこの時間になるまで起きられない……。
睡眠の問題は2019年最大の課題として掲げていたつもりでしたが、
このまま行くと結局初出勤日は眠気に耐えての出勤ということになりそうです。

0

コメントを残す