#5856

今年の抱負 2020


自分

2020年、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

あまりにも未来すぎて実感がない「2020年代」がついに幕を開けてしまいました。
そして今年は、2013年に決定して以来7年越しとなる東京オリンピックがいよいよ開幕します。
干支も一周してねずみ年に。令和は2年に突入です。

さて、このブログでは2011年から年始最初のエントリーとして恒例の「」ですが、
随筆文体で書くとどうしても抽象的になりすぎる嫌いがあるため、
今年は通常文体のカテゴリで具体的に書いてみることにしました。
もちろん今までもEvernoteには具体的な目標も書いてきたわけですが、
他人に見られない秘密の場所で書く目標というのはそれはそれで現実味がなさすぎたりしたので、
ブログという公共の場で書くことでもう少しちゃんとした目標を書いていきたいところです。

自分にとっては、転職・転居を果たした2019年からバトンを受け取り、
完全自立一人暮らし本格化の一年となります。
そんな中で、今年はついに「二代目ブログを始める前に生きてきた日数」と
「二代目ブログ以降の運営日数」が同じになる日が来ます。
いよいよ毎日ブログを書いてきた人生が過半数を占めるというわけです。
そういう意味でも、今年はブログにますますチカラを入れていきたいなと思っています。

今までの目標は「去年はできなかったから今年こそは」というものが多い傾向にありました。
ブログなんかもまさにそれで、「去年解決できなかった後日投稿問題を今年こそは解決する」
という目標を立てて、実際それで何年足踏みしてきたことか。
リアルに関しても似たようなものです。
ところが2020年は、今のところ極端なマイナスからスタートする目標が存在しません。
そういう意味では今年は最初からかなり盤石だと思っています。
2019年末から元日にかけては、そんな2020年ならではの目標をいろいろと考えていました。
今日はここにそれを羅列していきたいと思います。

*  *  *

大キリ番記事企画としての小説の執筆(2020年01月~05月)

もう忘れ去られていると思いますが、このブログには「小説」というカテゴリがあります。
後で詳しく語る日も来るとは思いますが、
実は水面下ではその世界観の設定をかれこれ16年あるいはそれ以上練り続けてきました。
ところが、現在に至ってそれはほとんど具現化できていません。
そこで、今年の05月にはブログの投稿総数が6000本に到達します。
これを記念して、そのタイミングまでに短編小説を一本書こうというのが今年の第一の目標です。
直近2回は、大キリ番が近付いているということを重々承知していながらも
なんだかんだで書けずに結局ポエム的なショートショートしか書けていないので、
今年こそはせめて2012年のときみたいに自分なりに形になっているものを完成させたいものです。

ブログ16周年企画としての新規webサイト企画(2020年06月~08月)

これはちょっと必然性が薄いうえにハードルが高いのでもしかすると厳しいかもしれませんが、
今年のアニバーサリー企画は、
ゲーマーとしての自分の集大成をひとつのミニサイトに表現したいと思っています。
実はこの企画自体は2018年から細々と動いてはいるので、
あとはそれをうまく実現化できるかどうかが大きな問題。
web開発なので、必然的に仕事でも使っているプログラミング言語の勉強ということにもなります。
ただ、上記の小説執筆と並行してできるはずがないので、06月以降の着手になります。
もしこれがコケたら多分アニバーサリー企画は去年と同じような単記事プチ特集になります。

ブログアーカイブ整理のための自然言語処理AIの開発と勉強(2020年09月~12月)

現在、このブログはカテゴリやタグを手動で割り振っていますが、
将来的には(2025年くらいまでには)これをなんとか自動でできるようにしたいと思っています。
その理由は単純で、これだけあると手動での管理は遡っての整理が限りなく不可能に近いからです。
タグの定義が少し変わったからといって、全アーカイブを読み直すわけにはいきません。
なので、タグの自動化は今後も長く続けていくなら必須。
そのきっかけが、最近流行りの人工知能開発で掴むことができたらなと思っています。
どうやら高校程度の数学知識が必要みたいなので、高校の教科書を買い直すことになるかも……。

以上3つが、それぞれ一年の上旬、中旬、下旬に設定したクリエイティブなタスクの代表です。
春は小説、夏はweb制作、秋は人工知能に集中するという作戦で、
段階的に難しくなってきます。過去の自分なら、このうちひとつでもクリアできれば上出来なので、
今年も過度に期待はしていませんが、
しかし人工知能はともかく他2つはここを逃すと長く張ってきた伏線が台無しになってしまうので、
なんとしても2020年に日の目を見たいところです。

無気力・無趣味の問題を改善する

ここから先は通年で取り組んでいきたいと思っている目標です。
2019年は抑うつ症状と戦い、そして自分なりに一定の効果を得ることができました。
Twitterを離脱して既存クラスタから脱却し、実家からも出ることで症状は改善し、
少なくともネガティブ思考の反芻に悩まされることはなくなりました。
しかしその代償として既存の趣味に価値を見出せなくなり、
休日になると無気力に時間だけが過ぎていってしまうようになりました。
この原因はインプットした情報の何に価値を置くかといった精神の問題と、
脳内物質がうまく分泌されないといった身体の問題に大別することができるので、
今年は病院に行く、情報収集の在り方を整理する、イベントや友人の誘いに積極的に参加する、
等々の作戦を実践することによって、身体と心その両面からの改善を試みて、
あわよくば何らかの趣味に「ハマる」一年にしたいと思っています。
ただ、何かにハマりすぎてしまうと上記3つのタスクや、後述の節約の問題が解決できないため、
くれぐれも適度に、という但し書き付きではありますが……。
これが解決できれば、自動的に睡眠の問題もある程度は解決できるものと見込んでいます。

年間読書12冊以上

去年は自己最高記録を更新して10冊でした。
なので、今年は2016年に掲げた「年12冊」という目標を今度こそ達成できるように目指します。
正直、「読むだけ」ならこれはもうそんなに難しい目標ではありません。
むしろ問題になってくるのは、慣例として読書感想をブログに書いていることの方で、
12冊分の読書録を残すためにはかなり読み込まなければなりません。
ジャンルについては、ロマンを追いかけすぎると読まないことは分かりきっているので、
自己啓発書でも何でもいいから、
とにかく今の自分が「知りたい」と思うことが書いてそうな本を読んでいきたいと思っています。
ただ知的好奇心を満たすためというより、それが生活に活かせるのが望ましいですね。

人との縁に恵まれたときはそのチャンスを逃さないようにする

これはコミュニケーション能力に関する目標。
今まで会社と実家の往復だけだった人生から一転、
上京したことでいろいろな人との「縁」に恵まれるようになりました。
これをぞんざいに扱うようなことは絶対にないように気を付けていきたい一方、
一人の人間としてこれからはもっと人脈を広げていきたいという思いがあります。
それを実現するためには、思いやり、気配りといった人としての基本スキルが問われるわけですが、
自分はそれに関してはまだまだ子どもレベルであるということを自覚しているので、
2020年は少しでもこれを改善したいところ。

意識的な節約の実践と副収入による貯金増を目指す

2019年はさまざまな前進がありましたが、その犠牲としてお金がめちゃくちゃ減りました。
さらに今後は一人暮らしということで、
実家暮らし時代のような甘い見積もりで安易に貯金が増えることもなくなり、
今まで以上にお金のことをシビアに考えなくてはならなくなりました。
今からこのペースで貯金したら40歳になる頃にはいくら貯まっているんだろう?
ということを考えると、少しの変動もなかなかバカにはできません。
例えば研修が終わったあとも土曜日だけはバイトをすることで、
年額にすると去年失った引っ越し代はかなり巻き返すことができます。
一方、出費に関しては今後ますますの合理化を図りたいところで、
去年は趣味に関してはまあまあ節約できた一年だったので、
今年は家電製品関連の出費を意識的に節約していきたいと思っています。
一昨年の目標にも掲げた「クラウドソーシングに参入する」という目標を掲げてもいいのですが、
バイトの方が合理的ならそっちでいいかなとも思っています。

その他方針

その他、目標というより小さな「方針」と言うべきものをいくつか。

まず、去年はほぼ一年を通じて離れていたTwitterですが、
やはり情報収集のためには欠かせないというところに至り、
今年は徐々に復帰していこうかなと思っています。とはいえあくまでも情報収集メインなので、
他者との関わり合いを積極的に持ちたいといった意図はありません。
というより、もうここまでくるとネットだけの「縁」って脆すぎて信用できないところがあります。
利害関係が絡んでくると特に。よっぽど気の合った人は別として。

あとこれも情報収集専用という名目でInstagramアカウントも取得してみました。
とりあえず現段階では作ってみただけという状況ですが、活用することもあるかもしれません。

2019年は徹底して「臭いものに蓋を」の立場を一貫してきましたが、
それが行き過ぎると虚無ばかりになってしまうという弊害が生まれることを思い知りました。
なので、避けるべき有害な情報は相変わらず避けつつも、
余計なものまでシャットダウンしすぎない、適度な情報ダイエットが理想なのかなと。
なので2020年はもう少し情報を吸収する方向に舵を切り直します。

*  *  *

新年早々長々と書いてきましたが、以上8点です。
今までは年末になると「今年はもう失敗だったから早く来年になってくれ、やり直したいから」
といったような諦めの感覚が身体を支配していたものでしたが、
2019年は不思議とそういう感覚がまったくないことに気付きました。
かといって、2020年に過剰な期待があるというわけでもない。
もちろん、期待はしています。
2020年は2019年とはまた違う節目の一年になると思っています。
しかし、だからといって安易に理想をぶつけるのはもうそろそろ何か違うと思ったんですよね。
冷静に、今年ならではの頑張るべきことは何だろうと探してみる。
その結果出てきたのが、この7つの目標+1つの方針だったというわけです。

全部クリアしたいですが、全部クリアできなければダメ、というつもりもありません。
100点満点中75点くらいを目指して、この一年を過ごしていきたいと思います。

さあ、2020年。いったいどんな年になるのでしょうか。

0

コメントを残す