#5859

睡眠習慣をあと一歩


文化

2019年は大晦日に観なかった『絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』を、
あらかじめ録画しておいたので6時間ぶっ通しで観ていました。
去年、一時期huluにサインアップして過去放送分を何本か観ていたので、
このシリーズを観るのはそれほど久々ではないのですが、
そのうえで2019年版はどうだったのかというと、過去と比べるとちょっと薄味だったかなと。
過激な描写がちょっと少なかった気がします。
その代わり、一部の不人気だったのであろうコーナーが統廃合されたのは良かったですね。
スキャンダルのくだりは毎回本当に面白くなかったので、これが消えたのは好印象です。

ちなみに、これと同時放送の大晦日特番『SASUKE 2019』も録画しておいたので、
こちらは明日観ようと思います。

ところで実は今、13~14時頃に起きて、夜は02時までにお酒の力で無理矢理寝る生活をしています。
実家時代は呑んでもなお眠れないときもあったので、自分としてはこれでもマシな方なのですが、
とにかく2020年は、睡眠リズムの正常化を目指すために、とにかく昼夜逆転を避ける、
ということを目標にしています。
お酒、睡眠薬、運動、なんでもしていいからとにかく昼夜逆転しない。
今までは、「一日くらい昼夜逆転してもあとで矯正できるだろう」と思ってきた節がありますが、
それではダメなんです。一度昼夜逆転すると立て直すのに何ヶ月とかかる。
そして、立て直すまでの間は日中だろうが夜間だろうが睡眠欲との戦いになって、
あらゆる物事が停滞してしまう。そんな人生の無駄遣いはもうこりごりです。
なので、今年は昼夜逆転しないために、ストロングゼロを呑みまくります。
ちょうど今、巷ではストゼロが「誰でも安価に手に入る麻薬よりもヤバいやつ」
と、依存しやすいアルコール飲料として危険視されていますが、
今のところ1缶で十分眠れているので、これ以上量を増やさなければ多分大丈夫でしょう。

自分は毎年たいてい年始は風邪を引いたり、昼夜逆転したりして精神が死んでいるのですが、
今年は今のところストロングゼロのおかげで踏ん張っています。風邪も引いていません。
その代わり、とにかく一日が短いです。

なので、ガキ使みたいな長編番組を観ると、それだけで本当に一日が終わります。
14時に起きて02時には寝るので、起床時間が12時間しかありません。
そのうち半分もテレビを観ていれば短く感じるのは当たり前です。

でも、休日に無理矢理早起きしたところで睡眠リズムが狂っては元も子もありません。
たいてい、無理矢理早く起きると変な時間に眠たくなってしまいます。
2020年は、無理のない範囲で徐々に休日の活動時間を長くしていきたいところです。
今は6時間のテレビ番組を観るだけで精一杯だけど、
朝09時に起きて夜00時に寝る生活ならもう少しできることが広がるでしょうしね。
一年かけて徐々に身体を慣らしていけば、それも不可能ではないのかなと思っています。

2019年は、長かった睡眠の問題を解決するためにやっと手がかかった一年でした。
完全に解決したとは言い難いですが、かなりいいところまで来たという実感はあります。
2020年は、是非とももう一歩、前進したいところですね。

0

コメントを残す