#5864

畳み掛ける追加要素


今日の出来事


本日23時30分からのポケモンダイレクト、観てました。

第一の発表は2005年発売の『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊・青の救助隊』のリメイクが、
今年03月にNintendo Switchにて発売。ダイレクト終了後から体験版を配信開始。

第二の発表は、『』にまさかの追加DLC販売。
ワイルドエリアのようなフィールドがさらに拡張され、
出会うポケモンが約200種類増加。
ガブリアス、デデンネ、フシギバナなど従来はガラル地方で見られなかったポケモンが再登場。
さらに、伝説のポケモンは全解禁。すべてが仲間になる場所が存在します。
初代三鳥やレジ三兄弟はさらにリージョンフォームも登場するかも……?
トーナメントなどやり込み要素もあり、新しいポケモンも登場します。

追加DLC「エクスパンションパス」はダイレクト終了後から販売開始し、2,980円。
第一弾「鎧の孤島」は2020年06月、第二弾「冠の雪原」は2020年秋配信予定。
なお、これに伴いポケモン剣盾はアップデートを予定しており、
これによって追加DLCを買わなくても、新ポケモンや復活ポケモンを交換できるようになります。

いやー、畳み掛けるような発表会でしたね。ポケモンのホンキ度やばい。
ガチ勢にとっては、伝説解禁によって大荒れ必至の環境が気になるところではないでしょうか。
かくいう自分は未だにサニーゴの厳選をしている体たらくなので、
ランクマッチに参加できるのはまだ先になりそうです……。
でも、追加DLCは買ってもいいかなと思っています。

今まではポケモンのマイナーアップデートは、マイナー版が担っていました。
「金銀」に対する「クリスタル」のような感じです。
しかし今作では、アップデートによって今まで別タイトル扱いでリリースしてきた差分を
フォローしていこうというスタンスみたいです。
ポケモンはかたくなにアップデートをしないというイメージだったので、これは意外でした。

でも確かにこの方が、同じ内容を二度遊ばなくて済むので合理的ではあるんですよね。
マーケティングとしても「ストーリーをもう一度遊ぶ気力はないが新機能は欲しい」
という層も追加DLCなら呼び込むことができるため、いい策だと思います。
ただ、それにしてはリリースが早いですね。まだ剣盾がリリースされて2ヶ月経ってませんよ!?

何にせよ06月が楽しみです。
うーん、それまでにはやっぱり一度くらいはランクマッチないしバトルタワーには行きたいなぁ。

さて今日は休みということで、アルバイトの説明会に参加するため新宿へ行ってきました。
アルバイトというより、いわゆる派遣になります。
派遣は初めてなのでまったく右も左も分からないのですが、とりあえず登録してみることに。
事務系のアルバイトがあれば前職の経験を活かせるので楽かなと思っていたのですが、
紹介される仕事は倉庫内業務が多いのだそうです。
まぁそれも多く話したりする作業ではなさそうなので選択肢としてはアリですかね。
ちなみに説明会では、下は大学生から上は60代と思われるおじいさんまで年齢層は様々でした。

システムとしては、派遣会社からメールで仕事紹介情報が届くので、
これをやってみたいと思ったら前日までにエントリーして実際に仕事をして、
タイムカードを派遣会社に持っていくとその場で現金化できるというもの。
やりたくない仕事はやらなくていいということなので、気楽さもありそうです。
とりあえず今の本業の方は研修期間中休みがあまりにも多すぎるので、
このアルバイトで少しでも穴を埋めていきたいところです。

ただ、今日はメールは届かなかったので明日はどのみち休みということになりそう。
明日はまたカフェに行って読書などの続きでもしますか……。
家にいると本当にぐだぐだと過ごしてしまうので、外に出ないと始まらないんですよね。

0

コメントを残す