#5869

今後の引っこ抜き計画


空想

何日か前にタイムラインでちらっと見えて、何もせずにスルーしてしまったので
何月何日のどこ出典の情報か忘れましたが、
「『ピクミン3』のリメイク作がNintendo Switch向けに開発されているらしい」
という噂があるようです。

2006年から『ピクミン3』関連情報を追いかけてきた自分に言わせれば、
この手の情報はほとんどが眉唾物で、ユーザーや開発者の希望的観測を乗せたものに過ぎません。
ピクミンの生みの親宮本さんのインタビュー記事ですら、
宮本さんが「こうしたい」といっている情報がいつの間にか「こうなる」という話にすり替わり、
そしていつまで待っても実現しないというパターンはよくあります。
基本的に、任天堂はNintendo Direct創設以来、情報の出し方はかなり強く統制されていて、
うっかり非公式なルートから新作情報が漏れ出るということはあまりありません。
だからこそ、情報を得たい者はNintendo Directやソーシャルメディアに多くの期待を寄せるわけです。
新情報をファミ通などに頼る必要もなくなりました。これはこれで便利な時代になったと思います。

でも、だからこそこういうポッと出の情報に期待できないというのもあるんですけどね。
執筆現在、記事別アクセス数ランキングに〈#5522『ピクミン3DXに望む十選』2019年02月03日
がランクインしているのも、
今回の噂をもとに検索からブログにアクセスしてきた人が少なからずいることを示唆しています。
自分としても、この噂が本当だったらどんなに素晴らしいことだろうと思うのですが、
しかしまぁ冷静に考えれば望み薄かなーと。

あと、何より個人的に今このタイミングで『ピクミン3』がリリースされたところで、
頑張ってやり込める自信がまったくありません。
もし本当にリメイク作が出るなら、ランキングサイト「ピクチャレ大会」も踏ん張りどころです。
ここでSEO対策をどうするかによって、新規参入ユーザーの数が相当違ってくるでしょうし。
自分としては、旧作よりも『ピクミン3』のランキングが盛り上がって欲しいというのは
かねてからの希望だったので、もし本当にそのときが来るようなら
少なくともweb制作方面は頑張りたいところです。

ただ、自分個人がゲームをやるかどうかはそれとはまったく別の話。
今の自分のゲーム欲を冷静に分析すると、
もし新規参入者が大勢入ってきてモチベを刺激されたとしても、
自分がソフトを買うかどうかは、上記の記事にも書いてある通り
DLC第四弾が実現するかどうかが購入の分かれ目になる気がします。
もしそれがなくてただの焼き増しだったら、Wii Uを引っ張り出してくればそれで済む話ですからね。
逆に、もしDLC第四弾が来ればその新コースはやり込むと思います。
『マリオカート8 デラックス』も追加コースがゼロだったため購入を控えた、
という経緯があるだけに、この辺はどうなるかまったく予想できません。
そりゃあ新要素があればそれに越したことはありませんが、期待は禁物かなと。
バトルモードがオンライン対応してくれれば飛んで喜ぶんですけどね。

『ピクミン3』のNintendo Switch版をリリースする、という可能性については、
過去にも考察している通り割とあり得る話ではあると思っています。
『ピクミン3』はWii Uの中では比較的売れた良質コンテンツですが、
Wii U本体が全然売れなかったという経緯があります。
そこで、売れに売れているSwitchで再リリースすることは
マーケティングの観点からも理にかなっているし、実際にそういう例が多々あります。
完全新作にせよリメイクにせよ、Switch時代をピクミンなしで通り過ぎることは考えにくいです。
ただ、そのタイミングがいつになるかは任天堂のみぞ知るところです。
2019年ではありませんでしたが、2020年かもしれないし、そうではないかもしれません。
何にせよいちユーザーとしては公式の発表を待つばかりです。

ピクミンの話を書いたのでついでにお知らせです。
もうTwitterもつぶやかなくなって久しいので、
これを読んでいる人の中にどれだけピクチャレ大会利用者がいるか微妙なところですが、
第14回期間限定大会の時に発言した「次はなるべく間を空けずに開催したい」という発言、
申し訳ないのですが白紙撤回とさせてください。次はいつになるか分かりません。
某所にも書きましたが、自分はもうピクミン勢をまとめたTwitterリストを削除しているので
誰がどの程度活動しているのかということはもう把握していません。
ただ相当過疎っていて空中分解状態であるということは知っていますし、
そんな中でもここ最近新人さんが頑張っていることも把握はしていますが、
今が果たして大会の開催タイミングに適しているのかと言われると甚だ疑問です。
むしろ、今後そんなタイミングがやってくるのだろうか。

ただ第14回のときに痛感しましたがピクミンはもうやっていないが期間限定のときだけは参加する、
というユーザーが一定数いることも知っているので、
このまま何も言わずに大会文化自体を消滅させるつもりはありません。
今のところ有望なタイミングとしては、公式がピクミンに関する何らかの発表を行ったとき、
そのタイミングで何らかの動きができればとは思っています。
ですが2020年に一度もやらないのもどうかと思うので、
それとは関係なく年内に一度どこかでやりたいとは思ってはいるのですが……。
なんにせよこの辺はモチベ次第、公式次第といったところです。
ちなみに、万が一『ピクミン3』リメイク作が発売されて
サイトに『ピクミン3』のユーザーが一気に流入してきた場合、
今後の期間限定ランキングも『ピクミン3』を対象とする可能性があります。
その場合は旧作での開催は次回が最終回ということになるかもしれません。

まぁ何にしろ、Twitterを離脱したこととは別に、
ピクチャレ大会管理人としての立場は一定のけじめは付けていきたいと思っているので、
期間限定に参加したい人は心の片隅にでも留めておいていただければ幸いです。
もちろん、開催しても誰も参加しそうにない雰囲気なら、
自分のモチベが高かろうが、公式発表があろうが開催はしません。
その辺はアンケートなどで測っていきたいと思っているので、
参加希望の方はTwitterやサイトの定期的チェックを是非お願いしたいと思います。

というお知らせ兼妄想でした。
それにしても『ピクミン3』リメイク作は、本当に登場するのでしょうか。

0

コメントを残す