#5893

小さな植物への想い


今日の出来事


こちらは書店にあったミニ野菜栽培キットコーナー。
ネギやホウレンソウ、ニンジンやパクチーといった植物を自宅で簡単に育てられるというもの。
1個だいたい500円くらい。
正直かなりほしかったのですが、
いざ育ちきったところでもったいなくて食べられない自分の姿が容易に想像できたので、
仕方なく見送ることにしました。
この手の商品に惹かれるのはこれが初めてではなく、
以前はお茶か何かのペットボトル飲料のおまけとして、
「ペットボトルのキャップで育てるミニ野菜」というのがあった記憶があります。
大学時代なので、ざっと十年前の話になります。

あと、これは去年の話ですがガチャガチャで「カプセルで育てる水草」というのがあって、
ほしいと思って地元のガチャガチャコーナーを探したものの結局無かった、という思い出も。
それから多肉植物の寄せ植えをやろうかなーと思いを巡らせていたこともありましたね。
この手の趣味は、興味はあるのですがあと一歩が踏み出せずなかなか開花しません……。
一人暮らしならそういうのは孤独の癒やしとしてアリだとは思いますけどね。
孤独の癒やしといえばねこカフェにも行きたい。

さて、今日は来週から毎日出勤になることを受けて、定期券の発行のために駅へ行ってきました。
週3以下出勤ではさすがに通勤定期を買う方が損なので今まで控えていましたが、
これから平日は毎日新宿へ行くということになれば、通勤定期を買った方が圧倒的にお得。
とはいえ諸事情で今後ずっと同じ通勤ルートとは限らないので、1ヶ月分だけ買うことにしました。
それでも7,000円くらいお得です。

ということで、これのおかげで今後は新宿方面へは乗り放題ということになりました。
休日に都心に遊びに行くのは、上京直後以来控えていましたが、
これで少しは行動範囲も広がるというものです。
ただ、これは上京して改めて知ったことなのですが、JRは高い。
いや、正確に言えば京王線が安すぎるのか……?
JR線も初乗りは京王線とほぼ変わらず150円以下なのですが、
ちょっと距離が長くなると割とあっという間に500円を突破します。
分かりやすい例として、新宿駅から(京王)八王子駅まで中央線で行くと482円かかりますが、
京王線の場合は367円で済みます。この距離ですでに120円近くの差があるという。
これ以上の距離になるとJR線はぐんぐん高くなっていきます。
その代わり、通勤定期の割引率がものすごく高いのがJRの特徴でもあります。
なので、実はJR線と京王線両方通勤定期で乗った場合は値段の差はほとんどありません。

そんなわけなので、新宿駅までフリーパスで行けるようになったとしても、
そこから先の運賃がそこそこかかってくるので、都心どこでも行き放題、とは行きません。
まぁでも調べてみると、山手線沿線なら概ねどこも200円以内で行ける感じでしょうか。
そういう意味では定期のルートに山手線があるのは強みですね。
つくづく山手線って便利すぎる……。

ちなみに、定期に切り替えるにあたってモバイルSuicaからPASMOへ切り替えることになりました。
これは、出発駅が私鉄の場合だとSuicaに定期券を乗せることができないためです。
また、モバイルPASMOが発表されたのはつい最近のことですが、
iPhoneはまだ非対応ということなので、カードのPASMOを使わざるを得ません。
ということで自分は京王パスポートカードという、クレジットカード一体型のPASMOを使います。
これはオートチャージ機能もついているので、とりあえず不便ではなさそうです。
SuicaはSuicaで便利なので、こちらはコンビニでの決済手段などで引き続き使っていく予定。
一本化してくれればそれが一番いいんですけどね。

定期を作ったあとは、昨日に引き続きエキチカのカフェで2時間ほど居座っていました。
年間計画にも関連した作業を進められたのは良かったのですが、先は長そうです。

そんなこんなで「最後の平日休み」はわりとあっさりと終わってしまいました。
とはいえ、来週は早々に祝日があるし、あまり実感はないんですけどね。

0

コメントを残す