#5895

状況判断能力の賜物


ゲームのプレイ日記

最近気が向いたらたまーにやっていた『風来のシレン4』ですが、
本日「浜辺の魔洞」のハイスコアを約十年ぶりに更新することができました。
こちらがハイスコアです。

単発プレイにしてはあまりにも恵まれていました。
序盤で事故って倒されたかと思ったら未識別の草が「復活の草」。
そのハプニングで復活の草が識別されたことによってその後2つも復活の草を拾ったばかりでなく、
まさかの「しあわせの腕輪」をゲット。
その他、聖域の巻物、白紙の巻物、チョコの壺、背中の壺といった有用アイテムを次々にゲット。
バナナや回復アイテムもコンスタントに手に入れたおかげで幾度となくピンチを切り抜け、
ゾワゾワの巻物、真空斬りの巻物といった全体攻撃アイテムを手に入れたことで、
途中2度もあったモンスターハウスもなんとか突破。

あまりにも順調だったのですが、B20Fで再びモンスターハウスだったことで復活の草を使い切り、
最終的にオヤジ戦車から逃げ惑っているところをアズキッコにトドメ刺されました。
B20Fは潜った階層としては自己ベではないので(自己ベはB22F)、
これだけ良質アイテムを揃えられたならもう少し頑張りたかったところです。悔しい。
今回は装備にやや恵まれず、マゼルンを有効活用できなかったのが痛かったですね。

また、今までは「しあわせの腕輪があれば絶対自己ベは出る!」
という謎のしあわせの腕輪信仰があり、実際にこうして自己ベは出たのですが、
B20F以降はしあわせの腕輪の効力はさほどでもなくなってくるように思いました。
理由は単純、レベルが上がれば上がるほど必要経験値が増えてくるからです。
しあわせの腕輪とは、主人公が1歩歩くごとに1の経験値を得られる装備品です。
最初のうちはこれを装備しているだけでガンガンレベルが上がっていくので、
フロア数に対して倍のレベルになることも難しくないので敵に対して優位に立てますが、
レベル20くらいからはそれが通用しなくなってきます。

やはり、それよりも現実的に敵と戦える攻撃力、防御力を揃えないと話にならないのが、
今詰まっているB20F以降の世界です。
特に厄介なのはアイテムを使った効果が一切効かない「ギャザー」という敵。
攻撃力もバカ高いのに正面切って戦わないといけないので、あっという間に回復切れになります。
「すばやさ草」「パワーアップ草」といったアイテムはこういうときに輝くんでしょうね。

それにしてもやっぱりローグライクゲームは面白いです。
なんていうか、現実での状況判断能力を活かすことのできるゲーム、とでも言うべきでしょうか。
そういう面での成長があるからこそ、
2020年に入ってからは決してプレイ回数も多くないのに好記録が次々に出ているのではないかと。
2010年当時の自分はきっと状況判断能力に乏しかったのでしょう。社会人ですらないし。
まぁ間違いなくゲームを楽しんでいた時代ではありますけどね。

ポケモン不思議のダンジョンは見送りましたが、
もし『風来のシレン6』がNintendo Switchで出るなら間違いなく買うと思います。
そしてまた浜辺の魔洞みたいなダンジョンに籠もりたい。

ところで今日は15時半起床でした。さすがにやっちまった感があります。
自分は夕食をがっつり食べると食後はもう作業する気になれないので、
休日は基本的に起きてから夕食までの時間が勝負なのですが、
これだけ短いと何もやる気がしませんでした。執筆作業を進めようとカフェに行くも満席だったし。
昨日のイベントでも痛感した話ではありますが、
休日の起床時間というのはちょっと改めて考え直さないといけないかなと思っています。
というか、まぁ大方睡眠の質が悪すぎるせいなんでしょうけどね。
となるとやはり活路は運動にあるのだろうか……?

そして今夜はさすがにストロングゼロのチカラを借りても寝られるかどうか微妙なところです。
最近、入眠だけは改善してきているので、
何時間も眠れないという事態だけは避けたいところですが……。

0

コメントを残す