#5901

一人称不在


今日の出来事

昨日のキリ番記事では「真剣」というテーマを真剣に考えてみたわけですが、
本家ブログ史上はじめての試みをしていたことに気付いたでしょうか。
それは、「僕」という一人称を一度も使っていないことです。
つまり、個人的な事情を完全に排除しました。自分ができるかぎり客観的に記述したつもりです。
それでももちろん「個人の意見」にすぎないことには変わりありません。

“独り言”は最初、本当に自分がそのとき思ったことを吐き出すためのカテゴリとして出発しました。
アウトプットすること以外に目的はなく、随筆形式で書いたのも「格好つけ」に他なりません。
基本的にこのブログはその延長線上にあります。
ところが、最近はそれとは別に、「○○とは何か?という定義付けを自分なりに解決したい!」
という欲望も芽生えるようになってきました。
ここで○○に当てはまるものというのは、大抵目に見えない抽象的な言葉を指します。
これは、2007年から2019年にかけて、自分が「悩みごと」を解決するための手段として、
“独り言”を書いていたことの延長線上にあるものです。
取り立てて悩むこともなくなった今、改めて「人生とは何か?」という問いに答えるべく、
身の回りに広がっている抽象的なさまざまを自分なりに定義付けたいと思ったわけです。

そうやって抽象的な何かを自分が納得できる形で言葉にすることで、見えてくるものもあるでしょう。
今回の例で言えば、自分は「真剣」について考え尽くすことによって、
真剣というのは諸々の事情が重なった結果偶然生じうる結果であって、
自分が求めてなんとかなるという代物じゃない。
むしろ無趣味問題に苦しんでいる自分が今するべきなのは、
もっと感情的な何かなのかもしれなくて、それは身体に連動する心の問題なのかもなぁ、
などと思いました。より具体的に言えば「集中力が続かない」という問題ですね。
真剣になれても集中できなかったら意味がない。自分個人としてはそっちの方が申告なのかも。

哲学の入門書を何冊か読みましたが、
こうやって言葉の定義を考える活動は「個人哲学」の一環だと思っています。
ただこのブログでは自分が人生の根幹に据えている信念などを指して
「自分哲学」という言葉も使っているので、ここで哲学という言葉を使うとややこしいのですが。

とにかく、今回できるだけ納得のいく形で結論を出すためにすごく苦労したのは、
他人の意見が得られないというところでした。
自分だけが考え尽くして誰もが納得する答えを出すのは、やっぱり無理があるんだなと痛感しました。
こういうときに頼りにするのは国語辞典なのですが、
真剣とは→真面目であること→真面目とは→本気であること→本気とは→真面目であること…
というように、辞書を引いていると抽象的な言葉はループしてしまうことが多いです。
それから往々にしてこういう問題はネットがあてになりません。
やはり興味を持った人が考え尽くすしかないのです。つくづく、哲学仲間が欲しいものです。

今日は03時就寝13時起床、1ヶ月ぶりの心療内科受診の日でしたが、難なく終わりました。
心療内科に行くと、1年前の自分がいかにいろいろな悩みごとをしていて、
現在の自分がそこから解き放たれた場所にいるのかということを実感できていいですね。
ただ依然として睡眠の問題は残っているので受診は継続します。

病院から出た後は、電車に乗ってなんとなく調布市に遊びに行っていました。
定期があるから交通費はタダなので、これから気軽に来れるようになった街のひとつです。
家電量販店に行って『あつまれどうぶつの森』のダウンロードカードを買おうと思ったのですが、
あいにくまだ取り扱っていないみたいなので何も買わずに退店。
その後はスタバで本を2冊読んでいましたが、いずれも途中で止めてしまいそうな予感がしています。
自分が求める答えが書いてなさそうな本は容赦なく切り捨てることにしているので。
ただ、このままだと月に1冊読み終わるという目標が怪しくなってきます。
たまには小説でも読みましょうかね……。

帰宅後、夕食前後はだらだらしていましたが、
このままだとまた眠れないと思い立ち、少しだけランニングしていました。
メニューはこないだと同じ、ちょうど1km。
最寄り駅まで行って帰ってくるとちょうど1kmなので、このコースを走っていました。
それはもう疲れましたよ。帰宅するやいなやぶっ倒れましたからね。
その後、猛烈に眠気が襲ってきて、そのまま寝てしまうかに思われましたが、
23時半過ぎに目が冴えてしまって今に至ります。これはやっぱり眠れないコースかも……。
かといってまたランニングするわけにもいかないし。
室内運動ができるといいんですけど、何をやればいいのかよく分からないんですよね。

とにかく趣味系作業がまったく捗っていないことに若干の危機感はあります。
平日は帰宅してから何かするような時間は残っていないし、
かといって休日もその意欲がないのなら、もう作業をする隙がなくなってしまいます。
意欲がないならそれをする必要がない、というのが最近の考えではありますが、
だからといって何でもかんでも切り捨てて何もしない方向に持っていくのも間違っていると思うので、
明日は少なくとも何かしらのことはしたいなと思っています。

0

コメントを残す