#5918

執筆環境第三世代


web制作

このブログは現在、『秀丸エディタ』というテキストエディタで書いています。
これは前の会社で業務で使っていたのがきっかけになってプライベートでも買うに至ったものです。
買ったのは2016年なので、かれこれ4年になります。
その前は少しだけ『Evernote』を使っていた時期がありましたが、
これはあまりにも重いので定着しませんでした。
それより前はWindows付属の『メモ帳』を使っていました。2006年から2015年まででしょうか。
それよりもさらに前は、ブログの新規登録画面に直接入力していました。

執筆環境の変遷は、多くの場合はデータ損失を体験したからでした。
ブラウザ直接入力は、当日は誤ってバックしたりリロードするだけで入力データが喪失しました。
それではイカンということでメモ帳に移行したのですが、
メモ帳もアプリがハングアップしてしまえばそれまでです。
『秀丸エディタ』は高機能テキストエディタで、それ自体にまったく不満はないのですが、
Windows Updateが強制実行されるとやっぱり喪失します。
それに、サブPCも稼働している今、
自動保存されないのはデータのバッティングを起こす危険性もあります。

そこで今度、改めてEvernoteに移行してみるテストをしてみたのですが、
やはり重いのが玉に瑕です。
秀丸エディタは置換機能も便利だし、文字数カウント、ルーラーなど執筆補助機能はカンペキです。
しかし自動保存がありません。
Evernoteは真逆です。執筆補助機能はほとんどないですが、自動保存だけはあります。
さて、どちらを選ぶべきなのか。なかなか悩ましいところです。

そこで今日思いついたのですが、第三の選択肢として『Microsoft Word』はアリかなと思いました。
ルーラーも文字数カウントも禁則処理も校正機能もある。
しかもWord 2019からはOneDriveと連携すれば自動保存もできます。
オンライン同期が必要なければ編集履歴もあります。まさにカンペキ。
もしかしてWordって文章執筆ソフトとしてはそこそこ優秀なのでは??

サブPCにはWord 2019が入っているので、ちょっと今度これを試してみようかなと思います。
最大の懸念は、重かったら即アウトということ。
書くのに変換や入力を早くできるというのはストレスフリーに書くのに必須条件なんですよね。
とりあえずサブPCで試してみて、よさそうならメインPC用に買ってみるのもアリかも。
ブログ執筆のためだけに買うのはちょっとリッチすぎる気がしないでもないですけどね。
まぁついでにOfficeを新しくしてExcelも6年ぶりにバージョンアップできれば一石二鳥かなと。

軽い話題だけですが今日はこの辺で。
睡眠薬に加えていまは花粉症の薬も飲んでいるので、夕食後の眠気が半端ないです……。
すんなり寝付けるのは大歓迎なのでこれはこれでいいのですが、ブログを書く集中力が……。

0

コメントを残す