#5923

保留ボックス


ゲームのプレイ日記

ゲームに関する比較的ネガティブな話を書いていたのですが、
結局結論らしい結論が出ず、過去のアーカイブとまったく同じになってしまったので
1日分まるごと書いたところで全部捨ててしまいました。
いつかもっと進展した結論が書ければいいのですが、
「自分はなぜゲームができないのか」という問題は思ったより根が深くて難しいです……。

ただ、ゲーマーを卒業するかどうかはここが瀬戸際だと思っているので、
2020年内にはなんとか結論を出したい問題ではあります。
再来週の『あつまれどうぶつの森』がこの固定観念をぶち壊してくれるといいのですが。

さて、慢性的な体調不良によってぐだぐだな一日を過ごしてしまった昨日から一転、
今日はとりあえず最低限の活動はできました。
初めて品川駅の港南口に出ましたが、こっちが品川駅の表の顔という感じがしますね。
なんというか、壮大なスケール感が好きです。
その品川駅でスタバに入って執筆作業をしていたのですが、昨日と違ってそこそこ捗りました。
ここのスタバは駅構内のわりに空いているのでもしかすると穴場かもしれません。
ただ、広大すぎる品川駅構内のオープンスペースにあるスタバで、
要するに壁に囲われていないので、今日みたいな日はかなり寒いです。
春先になったらもっと快適になりそう。

今日のタスクは執筆作業がメインで、もうひとつはポケモンの整理だったのですが、
後者は結局手が出ませんでした。だって、あまりにも面倒くさいんですもん……。
先月リリースした『ポケモンHOME』は、
前作『ポケモンバンク』からの移動もできるクラウドによるポケモン預かりシステムで、
スマホ単体での交換やGTS、バトル成績の確認等にも対応しておりなかなか高機能です。
なにより、第八世代における全国図鑑としての役割も担っています。

手順としては『ポケモンバンク』に預けたポケモンを『ポケモンHOME』に持ってくるだけなのですが、
事はそう単純ではありません。
移動に関する制約として、まず前作に戻すことはできません。
それから、『ポケモンHOME』は
』に対応していないポケモンは連れ出すことができません。
そして当然ですがポケモンHOMEそのものに育成やタマゴ孵化の機能はありません。

そこでどういう問題が発生するのかというと、
例えば『ポケモンバンク』にメガニウム(第二世代の御三家の最終進化形)がいたとします。
普通にポケモンを捕まえて育てればボックスには最終進化形だけが残るので、これは自然な形です。
ところが、このまま転送すると進化前のチコリータとベイリーフは図鑑に登録されません。
進化前も含めて図鑑に登録したかったら、第七世代(3DS)の環境で、
タマゴを孵化してレベル上げして、進化形の数だけ揃える必要があるわけです。
それを全世代のポケモンの数だけするのは、めちゃくちゃな手間がかかります。というか無理です。

GTS(見知らぬ他人とポケモン交換ができるシステム)を使えば、
万が一進化形全部揃っていなくても交換で手に入る可能性もありますが、確実ではありません。

スマホでGTSができるのは魅力的ではあるのですが、
今回の連休ではこの面倒くささの壁を越えることはできませんでした。
ちなみに『ポケモンバンク』無料期間はあと5日なので、
有料期間が残っていない人は週明けからの平日期間でなんとかするしかありません。
自分は年間契約がまだ残っているはずなので急いでいるわけではないのですが、さてどうしたものか。
とりあえず現実的なところでは、相互送信が可能な第八世代から孵化余り等を送ってみて、
『ポケモンHOME』の使い勝手を模索してみるところから始めるのが無難でしょうかね。
第七世代に蓄積されているポケモンは2004年からの思い出が詰まっているので、
そう気軽に転送できないというのもあります。
むろん、『ポケモンバンク』がサービス終了してしまったら次世代とのつながりが途絶えるので、
転送はいつかやらなければならないんですけどね……。

とりあえず来週末はポケモンリベンジのつもりです。
再来週はもうどうぶつの森なので、やるとしたら来週しかなさそう。

ちなみに現在もうひとつのプチブームである音ゲーに関しては、
休日だと人が多いので基本的に平日の娯楽と割り切って遊んでいくつもりです。
休日は休日ならではのことをやりたいですね。
まぁ今週末はちょっと空振った感が否めませんが……。

0

コメントを残す