#5931

目移りの意欲


今日の出来事

ある人を反面教師として頑張って行きたい的な話を書こうと思ったのですが、
そのために個人を槍玉に上げるのもアレだし、
「こういう話を書くとあいつと関わるとブログで悪口を書かれるという印象を持たれるので良くない」
みたいな弁解を書こうとして、自分で書きながらごもっともだと思ったので書くの止めました。
いつぞやに書いた今後のブログの方針で他人を不要にディスらないと書いたばかりなので、
とりあえず今日は我慢してその方針に則ることにします。

さて、研修のノルマも達成してエクストラ課題を進めている昨今ですが、
ようやく営業担当から声がかかり、明日は初の面談ということになりました。
まだ先方のところには行きません。あくまで社内での作戦会議的なものです。
で、先行して自分用の「スキルシート」なるものの下書きがメールで送られてきました。
それによれば自分はコミュニケーション能力が高く、自己研鑽を欠かさず、
前職経験からマネジメント能力があり、探究心・責任感があり、勤務態度が良好とのことです。
ところどころ事実ではありますが、いくらなんでも盛られすぎです。
一年前までメンヘラだった人間を捕まえてコミュ力が高いとか片腹痛いわ。

内容から察するに、いつかの上司とのランチでの評価が盛り込まれている感じです。
そこで上司が自分を見て感じたことがスキルシートに書かれたのでしょう。
「コミュニケーション能力が高い」辺りの精神論でどうにでもなる系の文言は
どの研修生にも書いているような気がしないでもないですが。

明日はこれに基づいて、これからの面接をどう攻略していくかを話し合うことになります。
自分としては、Laravelも需要がありそうでスキルアップにも繋がるし面白そうですが、
鶏口牛後の原則に従って考えるならば、
最初に行く現場はフレームワークには手を出さないのが無難かなーとは思っています。
とはいえ、あまりにもハードルを下げすぎて社内評価を落としても面白くないので、
その辺のバランスの取り方が重要かなと。これについてはかなり悩んでいます。

とはいえ、最終的に自分がなにをやるのかは営業次第なので、選べないと思っています。
が、ある程度のリクエストは送れることになっているので、
その局面を迎える前に、自分がいまなんとなくやりたいことを整理しておきたいと思います。

とりあえずPHPに関しては、研修でかなりもみくちゃにされたので、
これを基礎から独学する必要はないと思っています。
仕事で、趣味で必要になったらブラッシュアップしていけばいいかな的な。
最大の課題は特設サイトのリニューアルですね。これができればさらにスキルアップできそう。
果てしない規模のタスクなので、すぐにはできそうにないですが……。

Laravelについては迷っていますが、これも仕事で求められたらやろうかなという程度の意欲。
ただ、今日調べてみたところによると管理画面などもこれですごいのが作れるらしいので、
新規サイトを設立するときにはLaravelは一考の余地があるのかもしれません。
とりあえず先日買った本は研修の合間に読んでいます。

Pythonはこないだ調子に乗って勉強を始めましたが、
冷静になってみるとこれは元々年間計画では2020年09月以降に着手するつもりだったもの。
ただ、最近無料で使える自然言語処理APIの存在を知って、
まとまった時間があったらいじってみたいなとは思っています。現時点では優先度は低いです。

今、比較的モチベが高いのはLinuxです。
Linuxというのは一言で言えばオープンソースつまり無料のOS(パソコンの基本ソフト)です。
実はもうサブPCにはこれを使って仮想マシンにwebサーバーを立ち上げてみたのですが、
同じように自宅でもできないかなと思っています。
そのついでに、ひとつでも多くのコマンドを覚えていきたいところ。
ある程度コマンドを自由に使えれば、このサイトのサーバーにもSSHで繋ぐことができるし、
Raspberry Piや仮想マシンで今までにない遊びができたりもしますしね。
それにViを使いこなせたらめちゃくちゃカッコいいですよこれ。

ただ、じゃあLinuxをバリバリ現場に行くぞと言われたらそれはそれで困るんですよね。
これはPythonに関しても同じです。
まだ習得していない言語ほどモチベが高く、なおかつ現場で役に立てる可能性は低い。
その逆も然り。これは困ったことです。
モチベが高いからこそ未知の分野に進むという考え方もあります。
これが一番、成長という観点から言っても効率が良いのでしょうが、
いまひとつその道に突き進む勇気を持てないというのが現状です。

興味関心のサイクルが早すぎるのも悩みどころです。
なにしろ先月後半はPythonに興味津々だったはずなのに、今月前半にはLaravelに心を奪われ、
後半にはLinuxに移っているわけですからね。いくらなんでも目移りが早すぎる。
それだけ今の環境に好奇心の惹かれる要素が多いということなのでしょうが、
もう少し集中して何かに取り組みたいものです。
現状、この目移りの早さはどうにもならないので、
興味のあるときには全力でそれを学び、次に移ったらそれを、というサイクルを形成して、
回転寿司のように勉強していかざるをえません。つまり、学習の効率でなんとかするスタイル。
昔はそれすら妄想で完結していたので、少しでも着手している今はまだマシな部類なのですが、
しかしこれでは業務レベルまで成長できるのが遠い将来になってしまいます。

結局、この辺は現場が決まることによって興味関心もそっちの方に軌道修正するんだろうな、
という気はしていますけどね……。
研修時点の自分ができる、できない、興味がある、興味がないというのは関係なしに、
今後の自分はただひたすらに決まった現場のことだけに興味関心を抱くのでしょう。
だから、そういう意味では別にどこに転んでもいいかなという気はするのですが、
それではあまりにも主体性がなさすぎます。

もう明日の面談まで時間がないのでじっくり考えている暇もないのですが、
やっぱり今の自分に合っているのは総合的に考えてPHPに集中するのがいいのかも。
でも、その答えはあまりにもつまらないと思っている自分もいて、本当に悩ましいです。
いいとこ取りで考えるならLaravel辺りが無難かなぁ……。

そもそもなぜ自分はこんなに目移りしてしまうのか。
「わかったつもり」になって、自己顕示欲を満たしたいだけなのでは?
とも考えたことがあります。
今までの自分は、意欲というのは基本的にコントロールできないものだと思ってきました。
しかし考えてみれば意欲も自分の一部には違いありません。
どこかで制御できるヒントがあるはずです。その答えを見つけることは、
例の無趣味問題とも相まって自分にとって本当に解決すべき問題なのかも。

0

コメントを残す