#5944

無気力の根本原因


空想

以前、周期的に無気力になってしまう休日があると書きましたが
#5922『超無気力周期』2020年03月07日)、今日がまさにその日でした。
前回書いたときに「21日くらいに一度」とありますが、今回も22日ぶりなのでほぼ周期通りです。
このままいくと次は04月18~19日の連休にまた無気力周期がやってくるのか。
要するに自分は、三週間に一度、休日一日を犠牲にしてぐだぐだしないと体力を維持できないらしい。
前回はこれを「体力不足」と推測していますが、ことはそう単純ではないような気もします。

今日に関しては昨日から予兆はありました。
昨日の時点で、明日やることがあまりにも明白でなさすぎる。
というのも、例の東京都外出自粛要請によって、カフェに行けなくなってしまったからです。
予定では、月末恒例の読書録を今日完成させたいと思っていました。
しかし上京以来、めっきり自宅内で読書をする習慣がなくなってしまったので、
読むならカフェか電車しかありません。そこへやってきた外出自粛要請。
これによって自分は急遽予定を変更することを迫られたのですが、
読書録を差し置いてやりたいことというのも特に見当たらない。

結局、眼前のタスクを阻害されることでモチベーションがガツンと落ちて、
モチベーションが一定水準を下回ったことによって超無気力状態が発動してしまったのではないかと。
じゃあ予定を一切立てなかったらこんなことにはならなかったのか、
と言われると予定を立てずに休日に突入することがなかなかないので分かりませんが、
まぁでも予定ありきで生きている自分からタスクを取り上げられたらこんなものだと思います。

あとは単純に精神状態が不安定になってしまっているという可能性もあります。
今の自分は、仕事時の人間関係こそ前職時代より恵まれていますが、
オフ時には「ここが自分の居場所なんだ」と思えるようなコミュニティに属していません。
実家ではないので身内とも話さないし、
Twitterは辞めてしまったので(あつ森関連はつぶやいていますが)
ネット上で常時話す相手がいるわけでもありません。
なので出勤日は同期の人とコミュニケートすることで自己顕示欲は満たせるかもしれないけれど、
休日は本当にひとりぼっちなので、発散する相手がいないんですよね。
その結果、無気力になってしまっているという可能性は否定できません。
なぜなら今日は、例の匿名SNSにほぼ一日中のめり込んでいたからです。
人のぬくもりが欲しくなるとあっちに逃げてしまうというのはここ一年の傾向ですが、
まさにその行動が、他者承認を欲しているという欲望を如実に表していると思います。

つまり自分の精神不安定の根源は「孤独感」であると思うわけです。
そしてそれを忘れるために日々タスクを設定しているのだけれど、
不意にそのタスクができなくなってしまい暇になってしまうと、
孤独であることを思いだして精神が不安定になってしまう。

ここでいう「孤独」は「友達がいない」とイコールではありません。
自分はこの十年くらいで「友達」という言葉を使わなくなりましたが、
そういう縁があったとしても、自分という人間を四六時中認めてくれるとは限りません。
逆に言えば、友達がいなかったとしても、自己顕示欲を満たせる場合もあると思います。

誰かが自分の何かを認めてくれるためには、まず自分が何かをする必要がある。
自分が何もしていなかったら、例え100人友達がいたとしても自己顕示欲は満たされません。
でも、行動するためには承認欲求が満たされることが必要で……
となってしまうと、堂々巡りになってしまって何もすることができなくなってしまいます。

だから人は、報酬が得られるかどうか分からなくても行動しなければならないときがある。
それが積み重なってようやく、満たされるかもしれないわけです。

そうやって考えると、孤独だから何もできなーいとグダってしまっている自分は、
とんだあまちゃんであると言えなくもありません。
本当に単なる体力不足なら、もっとしっかりしてくれよと自分に言いたいです。
いずれにしても、意識改革、体力作り、いずれかを無報酬で積み上げていく必要はありそう。

まぁ、たまには一日中ぐだぐだする日があってもいいじゃん、という考え方もありますけどね。
そもそも論として、別に365日24時間充実させないとダメという考えも非現実的だろうと。
どこでガス抜きをするかというのは、日常を設計することにおいて重要なのかもしれません。
今の自分は、無自覚なうちに膨張させた結果、
不本意なタイミングでガス抜きをせざるを得なくなっている。しかもそのキャパシティが小さい。
そうではなくて、意図的にガス抜きをできるようになるのが理想的ではあります。

ただ今日最大の失態は、18時から19時半まで寝てしまったことです。
これだけは擁護のしようがありません。
ぐだぐだな一日を過ごすのは百歩譲っていいとしても、
また千歩譲ってお昼寝をするのは良かったとしても、11時半起床で18時からの昼寝はアカン。
これによってこのところ安定させてきた生活リズムを崩壊させてしまったわけで、
今夜は眠れないのは必然、そうなれば明朝起きるのが先週よりもっとツラくなるのも必然。
こうやって負のスパイラルが始まるわけですが、
今日はまさにそのきっかけを作ってしまったわけです。これは実に罪深いことです。
おそらく今夜はストロングゼロは免れないでしょう。
そして明日はメガシャキ不可避かも。ともあれ、なんとしても明日で矯正しないと。

さて、今日は「雪桜」がトレンドになった、まさかの東京都心で雪が降った日でした。
不動産会社の担当者が「こっちに来てこの方雪を見た事なんてありませんよ!」
と軽快に笑っていたのを思い出しました。
上京して雪を見たのはこれが初です。これこそが冬という感じがしますが、今はもう03月29日……。
日本列島はいずれ季節の概念がなくなってしまうのでしょうか。

東京都内の新型コロナウイルス感染症患者数は今日だけで68人になり最多記録を更新。
グラフを見ると先週から見事に指数関数的に増えているのが恐ろしいです。
いわゆるロックダウンの措置もいよいよ現実的になってきた……。
それを先読みして、今は大学生などによる帰省ラッシュが始まっているようです。
自分も04月10日に帰省する予定でいたのですが、果たして無事に東京都内から出られるのでしょうか。

ちなみに、この数字を見て「ほら、外出自粛なんて意味なかったじゃん!」と言う人がいますが、
新型コロナウイルスは最低5日の潜伏期間というのがあるので、
昨日今日と爆発的に増えているのは自粛要請の前の話であって、
おそらく時期的には先週末の花見による影響と思われます。
それにK-1関係やクラスターが形成されている台東区の病院の患者が合わさって
この数になったのではないかと。

なので、もし外出自粛要請が効果を出しているのであればそれが分かるのは来週以降です。
このまま推移すると来週には1日100人以上の感染者が出ていてもおかしくないですが、
それが横ばいとなるか、さらに倍々ゲームになってしまうのかは、今週末の自粛次第というわけです。
外出自粛要請でも抑えきれないと上が判断すればいよいよロックダウンするでしょう。
ロックダウンしたら、うちの会社の研修生は研修をストップして待機ということになるのでしょうか?
給料が保証されるのならすぐにでも待機にしてほしいところですが、
その辺は責任者の判断待ちということになりそうです。
責任者も都の判断を待っているだろうし、都も国の判断を伺っているでしょうから、
そういう意味では今がまさに、政府の手腕が問われるときなんでしょうね。

0

コメントを残す