#5976

無策の黄金連休


空想

ゴールデンウィーク直前二連勤の初日。
最近は22時台に睡眠薬を飲んでいるからか朝がそこまで劇的にツラくなかったですね。
そして朝さえ凌げれば、業務そのものはそこまでキツくありません。
特に今日はプロジェクトの節目で予定より早く終わっていたこともあり、
「急がなくていいから」と上長から言われていたおかげでさらに気楽でしたね。
しかし今夜はうっかり22時40分に睡眠薬飲んでしまったので明日はどうなるかわかりませんが、
明日もなんとか乗り越えていきたいところです。

さて、このゴールデンウィークが外出自粛要請のラストスパートになる……はずでしたが、
残念ながら延長の可能性が強くなってきました。
東京都単独の感染者数はここ数日どんどん減っていて、
一見すると収束に向かっているように見えますが、これは検査数を絞っているだけです。
陽性率という観点で見ると、とても緊急事態宣言解除というわけにはいきません。
となると、収束するのは6月上旬……?
いや、この1ヶ月間でまったく下火になっていないとなると、もっともっと先なのか?
ゴールデンウィーク帰省が無理というのはさすがに諦めがついたのですが、
まさか夏帰省も見送りなんということもこのままいくとあり得るんでしょうか……?
ホント、新型コロナウイルス早く収まってほしい。
このウイルスは自分の人生をいったいどこまで狂わせるつもりなのか……。

昨日書いた同期と遊ぶ件については緊急事態宣言延長によって完全に白紙に戻りました。
一緒にスマブラで遊ぶのはおろか、今度会えるのもいつになるか分かりません。
その代わりといってはなんですが、
今日は自分が発起人になって同期社員専用のいわゆるグループチャットを開設しました。
とはいえ同期で仲良くしているのは通常2人まで。教え合ったりして話す仲はそれ以外に3人。
あとの4人は話したこともないので、そこまで輪を広げていいものなのか微妙なところはあります。
が、同期といろいろ話し合って、
先輩たちも似たようなグルチャは作ってるらしいし自分たちも作っておこう、
という話になりました。後々開催予定の飲み会の布石のつもりです。
ちょっと今更感はありますけどね。なんだかんだでもう入社五ヶ月だし。
とにかく、同期の仲良し組とは
今後もしばらく電子コミュニケーションで我慢ということになりそうです。
ただそのうち一人とはなんだかんで最近連日長電話してますね。なんだか一年前の今頃が懐かしい。
物理的には無縁の日々が続いていますが、
せっかく使える文明の利器があるなら思う存分活用していきたいところです。

さて、04月もあっという間に終わり明日はゴールデンウィーク前最終出勤日。
過去4年のアーカイブを遡ってみると、
自分のゴールデンウィークは十連休→九連休→九連休と推移していて、
前職ではかなり休んでいたようです。
ちなみに2019年は退職の関係で03月29日~05月09日までがまるごと春休みでした。
五年越しの長期休暇とはいえ結局何もできないどころか
生活リズム崩壊を引き起こしたのは周知の通りです。

2016年ゴールデンウィークがまさに一人旅初体験で、上京の夢を描いた第一歩でした。
いま思えば2016年の自分は本当にまだ何も知らない青年でしたね。
2017年は福島県への日帰り旅行を決行。2018年は東京都→石川県とハシゴするハードスケジュールで、
いわゆるオフ会を開催したのもこのときでした。
昔の自分にとって、ゴールデンウィークというのは一年に一度贅沢をする日だったわけです。
ところが今年は例年の半分、たった5日。しかも不要不急の外出はできない。お金もない。
先の2連休だって暇を持て余していたのに、5日もどう過ごせというのか。
そりゃあこの余暇を活かしてやりたいことはたくさんあるけれど、
先日意欲について考えた結果、「無からは何も生み出せない」と悟ってしまったわけで。
連休を与えられたからといって、いつも通り何もできないのは火を見るより明らかです。
じゃあいったい何をするのかという話になるわけで。
今のところ手持ちの武器は動画サイトかゲームしかありません。
こうして考えると自分ってインドア派を自称する割に趣味が狭いなぁ……。

そのゲームも、対戦で負ければモチベが下がるのは必至なので長くは持ちません。
何かを「発掘」する必要があるのでしょうが、ツルハシを持つにも体力が要ります。
……このままだととんでもない虚無の五日間を過ごしそうで怖い。
ともあれ、明日を凌いだら策を練りたいと思います。

0

コメントを残す