#5988

情報発信の切り札


web制作

05時半起床。
お酒を呑むタイミングは決してそこまで悪くなかったはずなのですが、
なぜか中途覚醒してしまいそのまま二度寝できませんでした。
こういうのが常態化するとヤバいな……。やっぱりストロングゼロは危険なんだろうか。
ただ幸いにして夕食後寝てしまうなどといったこともなく、21時半まで耐え切れているので、
このまま逃げ切りたいと思います。
まぁ、逃げ切ったところで明日も中途覚醒しない保証はどこにもないんですけど。
前にも書いた通り、こういう眠いときこそ眠れないというのがヒトの性質らしいので。
ヒトというより、自分個人なのかもしれませんが。

ところで最近、同期の人とよく電話するようになっています。
主にプログラミングに関する相談相手で、そこから話が広がって様々な雑談をすることも。
趣味嗜好ががっつりマッチングしているわけではないのですが、不思議と話が合うんですよね。
そういうこともあって、今日などは実に3時間半も喋っていました。
なんとなく去年の今頃が懐かしい。

いろいろ話すうちに自分のブログの話にもなり、
今度一緒にゲーム等で遊ぶとき、もしくは飲みに行くとき、もしくは帰社日で会うときに
気が向いたらアドレスを教えてあげる約束をしてしまいました。
自分は高卒後、ブログはリアル知人には教えないという自分ルールを貫いてきました。
まぁ、大学院だけはTwitterアカウントから漏れ出てしまったりもしましたが、
他は、たとえば前職あれだけ仲良くなった同僚にも、ブログのことは一言も話していません。

なぜ高校時代は卒業文集にアドレスを書くようなことまでしていたのに、
大学以降は急にやめてしまったのかという質問に対する答えは、
おそらく2018年以前のブログを知っている人でないと分かってもらえないと思います。
ほんの2年前まで、このブログはかなり不安定でした。
当日内投稿ができずに週末まとめて7日分を投稿したり、
さらにその内容がやたらめったネガティブだったりと、
まぁ基本的に「他人が見る」ということはまったく想定していなかったと言えるでしょう。

2011年の東日本大震災前後の引っ越し騒動でそれが顕在化し、
2018年夏に収まるまで、実に7年もの間このブログは不安定な期間を過ごしてきました。
そうなる前もそれはそれで、ブログをネガティブ思考の吐き出し場として使っていました。
なので、ブログを運営することにまったく誇りを持てていなかったんですよね。
「『いいね』がもらえて嬉しい」「他人にもって読んでもらいたい」
などという余裕が生まれたのは、本当に最近になってからの話です。

といってもそれは心構えの話なので、外見上は5年目も10年目も15年目も大差ないかもしれませんが。
でも、とにかく「他人にアドレスを教えてもいいかな」
と思えるようになったのはつい最近になってからのことなんですよね。
なので、もし久々にリアルの誰かに教えることになるとしたら、ドキドキです。
ブロガーとしてはかなりのプレッシャーがあります。
高校時代、クラスメイトの女子にブログのアドレスを書いた紙を渡したとき以来かもしれません。

あのときはプレッシャーをより良いアウトプットに変換することはできませんでしたが、
もし今後同期の人たちにブログの存在が知れわたっていくとしたら、
リアルの個人の発信場としても、ブログをもっと磨いていきたいところではあります。
とはいえ過度なプレッシャーは毒なので、
本当に信頼した少人数にしか教えないつもりではありますが。

ブログって今となってはマイナーな情報媒体ですが、
ブログでしか伝えられないことというのはたくさんあるし、
ブログの管理人と読者というゆるいつながりだからこそ続く縁もあると思うんです。
ブログというものを通じて相互理解を深められるのなら、
それは使わない手はないと思うんですよね。ましてやせっかく15年も運営しているんだし。
ということで、自分にとってブログはリアルでもそこそこ大事な切り札として、
これからも大切に取り扱っていきたいところです。

ただ、その前に新型コロナウイルスが収束してくれないと同期の人とも永遠に会えないんですけどね。
LINEで教えることはいつでもできるけれど、
やっぱり切り札は然るべきときに切りたいところではあります。

0

コメントを残す