#6001

ブログ人生の節目


今日の出来事

日記もついに6000番台に突入しましたが、それと同時にもうひとつの節目を今日迎えました。
というのも、自分の誕生日は1988年12月08日なのですが、
現行のブログを始める前日は高校一年当時の2004年08月31日で、その間は5746日となります。

そして二代目ブログ開設日である2004年09月01日から本日2020年05月25日も、5746日。
つまりこれで、ブログ以前に生きてきた人生の長さに、ブログ歴が追いついたことになります。
今日を境に、今後ブログを書き続けている人生の割合はどんどん増えていって、
「ブログ以前」の割合が減っていくことになります。今日はそんな節目の日となります。
ちなみに今日から5745日後は2036年02月17日となります。

幼稚園・保育園時代から、小学校低学年、中学年、高学年、中学生、そして高校一年。
その時代の長さにブログがようやく追いついたんですね。
なんだか、ブログを書いている時代の方がめちゃくちゃ長かったような気がするのは気のせい?
ヒトの体感時間は歳を取るほど早くなっていき、
20歳までの体感時間と、20歳以降の体感時間は同じ長さだとさえ言われています。
二十歳を超えて、「一年があっという間過ぎる!!」と実感するのは誰もが通る道でしょう。

ところが、実感としてブログ時代の方が長く感じるというのは奇妙です。
いろいろなことを書き残して覚えているから、いろいろなことがあったと思いがちなのかな?
そしてそれだけいろいろなことがあれば短かったはずがないという錯覚を起こしているのかも。
ブログ時代とは対照的に、ブログ以前の思い出はどんどん忘れていっていますからね。
結果として、情報量に大きな差が出てしまっているというのが現状です。
ブログ以前のこともたまには書き残したいと思ってはいるのですが、
文字にするほど明確に覚えている思い出がすでにそれほど多くないんですよね。
このままいくと全部忘れてしまうのも時間の問題ですが、
たまにふと記憶がフラッシュバックすることもあるので、そのタイミングを逃さないように、
ブログ以前のことも書き残していきたいところです。

さて、それはさておきこの節目に関して失敗したことについても書き残さなくてはなりません。
前エントリーの大キリ番記事、何やら意味深長な文章になっていますが、
申し訳ないことに完全に失敗しました。
いや、創作物を否定することになるのであんまり「失敗した」と断言はしたくないのですが。
この数ヶ月で強く強く実感したのは、自分は小説を書くことはできないということです。
少なくとも、ストーリーを仕立て上げるというスキルが無いことに気付きました。
それは、今までそういう鍛錬を行ってこなかったのですから当然です。

問題は、そのスキルのなさを無視して多重にプレッシャーを抱えてしまったこと。
スキルが無いジャンルなのに、大キリ番記事でいきなりそれを書くというのがまず間違っている。
それから、そもそも創作自体16年間、誰にも見せずに温めてきたという経緯があるので、
それをスキルが無いのにいきなり公共の場に出せるわけがない。

結果として、今年02月から少しずつ書いてはきましたがボツネタが10本。
総文字数に換算するとかなりの量になります。
しかし最終的にカフェが解禁された先週と今週の連休でがっつり頭を抱えても解決することができず、
最終締め切りである24日24時の直前の40分間で書き殴ったものを公開するに至りました。
人間、頑張ればアイデアをひねり出せると思っていましたが、
本当に思いつくことすらできないものはいつまで経っても出てこないんだと思い知りました。
さすがにこれはちょっとひどいので、後日こっそり加筆修正するかもしれません。

小説(創作)に関する今後の方針ですが、
まず大キリ番記事(1000の倍数の記事)だけに書くという方針は撤廃しようと思っています。
せめてキリ番記事(100の倍数の記事)にも書いていくことにしようかなと。
なので直近では、6300番で公開できたらいいなと思っています。
そして、それはあくまでもスキルアップの一環であり完成品ではないという意識を持ちたいものです。
2004年から2009年の間に公開したポエム(詩)は、厨二病黒歴史の集大成かもしれませんが、
頭にある世界観を表出できたという点では立派な実績だと思います。
そして当時の自分は、キリ番などは考慮せず、書きたいという意欲に従順に書いていました。
今回みたいにスキル度外視で、キリ番を迎えるから書かなければならない、
という義務感先行ではなかったわけです。
そういう意味で、昔と今では創作の姿勢がまったく異なるのではないかと思います。

とにかく、記念記事だから小説を書く、というスタンスはもうやめにしよう。
6000番もそういう意味では“独り言”等で済ますのが無難だったかもしれませんが、
今回は行き詰まった期間が長すぎてそういう方向転換さえもできませんでした。

これで名実ともに年間計画のひとつは破綻しました。
まぁ、計画なんてこんなものでしょうが、有言実行できない自分が不甲斐なくはあります。
でもこれはなんというか、軌道修正を許さなかった計画の在り方に問題があるような……。
「一度決めたからには必ず実行しなければならない」
などと盲目的に思ったからこそ、自分のスキル不足に気付くのも遅かったわけで、
この点、やはり計画というものの危うさを感じます。

今日は特例的に当日分を前日就寝前に書きました。
一昨日の分も前日起床後に書いているので、05月24日は実質3本書いたことになりますね。
明日からはまた正常運転に戻りますので、次の投稿時間は火曜日の夜になります。

0

コメントを残す