#6004

政府からそこそこのお小遣い


今日の出来事

さて、自分のもとにもようやく特別給付金が届きました。
政府からお小遣いをもらうのは政権交代直前の2009年以来、
11年ぶり(#1886『政府から細やかなお小遣い』2009年05月18日)。
前回が12,000円だったのに対して、今回は100,000円とそれなりの金額です。
社会人になった今、それほど驚く金額ではないですが、
学生時代にもしこれをもらっていたらきっと飛ぶように喜んでいたでしょうね。
そしてきっと速攻で使っていたことでしょう。

今回も速攻で使う方が経済のためにはなるのですが、そういうわけにもいかないと思います。
とはいえ、いくらかはパーッと使うつもり。
とりあえず20,000円はこの半年間止まっていた株を再開するために使います。
去年始めた投資信託は、現在新型コロナウイルスの影響で赤字に転落しています。
しかしだからこそ今投資しておいて、長期的なプラスに持っていきたいなと。
普通の株は医療系にちょっと手は出していますが、幅広くは着手しません。
新型コロナウイルスでどの株も不安定で怖いので。
ともあれ、この20,000円は21,000円くらいになって返ってきたらいいなと思っています。

残る80,000円のうち10,000円は、今週末池袋に行って書店で一気に使う予定。
内訳としてはプログラミング系の参考書2冊、年間計画のための新書等3冊といったところ。
読書録復帰のための最初の一冊はなるべく軽めのテーマで行きたいと思っているので、
時間をかけて見て回って厳選するつもりです。3冊中2冊読めれば上出来かなと。
プログラミング系は1冊はLinux関連の本と決めていて、
あとの一冊は冒険心に任せて買うつもりで。たまにはそういう買い方もしないと。
ともあれ、週末の池袋が楽しみです。週末といっても明日を凌げばもう土曜日なんですけどね。

残る70,000円のうち20,000円は、webサイト運営関連です。
具体的には特設サイトの広告費と、新しいサーバーのレンタル代。
いま自分はNinja Tools、XREA、hetemlと3つのレンタルサーバーを使っているのですが、
第四のサーバーとしてVPSに挑戦してみようかなと。
Linux関連の本を買おうとしているのはこれのためです。
VPSが構築できれば、できることもいろいろ増えます。
Mastodonも作れるようになりますが、これはまぁ需要が薄いのでたぶんやらないと思います。
身近なところではMinecraftのサーバーなんかも立てられます。
サイトやブログをここに移転する必要性はいまのところないのでしませんが、
最終的にはVPSに一本化できればそれがベストなのかなとは思っています。
いつになるかはまったく見通せないですけどね。
とりあえず今回はVPSというサンドボックスを作って遊んでみようというのが目的。

それから、サイトの広告費としても使おうかと思っています。
先日ちょっと話題になった「ピクミン3のリメイクがNintendo Switchで登場するかもしれない」
といううわさ。もしこれが本当になれば、『ピクミン3』を取り扱う特設サイトとしては
またとない新規ユーザーを呼び込むチャンスであるわけです。
なので、そのタイミングで広告を出稿するのもアリかなと。これはそのための資金です。
広告を打つ必要がないとなれば、それはそれで使い途を考えています。
が、これは実現するかどうかは微妙なところです。

以上が今のところ考えている特別給付金の使い途です。
50,000円余りますが、これは投資信託にぶち込むか、もしくは貯金ですね。
実は明日は明日で給料日なので、さらに預金残高が増えます。
生活費としては給料から捻出できればいいので、特別給付金は生活費としては使わない予定。

当初はヘッドホンやらiPadやら、いろいろ候補もありましたが、
結局そういった大型アイテムは買わないで終わりそうです。
そういうのを買うのはもうちょっと給料が増えたらにしましょう。
今は引っ越しで貯金も失って東京生活で精一杯みたいなところもあるので……。

さて、今日は23時就寝08時45分起床、わりと仕事が忙しい一日でした。
なんと、我が社は来月もテレワークを継続することになりました。
このままいくと自分は一度も上司と顔を合わせずにリリースということになりそう。
今の会社との契約も来月いっぱいで終わりなので。

テレワークも少しずつ適応できるようになってきましたが、
趣味のスイッチが入れにくいのは相変わらずです。
勤務終了後、移動時間がない分の猶予時間は確実に増えているはずなのに、
平日夜にやっていることはたかがしれているという現状はどうにもならないものなのか……。
休日に全賭けというスタイルもそろそろ卒業したいんですけどねぇ。

0

コメントを残す