#6007

遙か彼方の親孝行


今日の出来事 空想

01時就寝05時起床、09時就寝12時起床。
2回目の睡眠時に実家にいる夢を見たのですが、
母親が耳が聞こえなくなってしまった夢だったので恐ろしくなって目が覚めました。
祖父母すら健在である自分が親の心配をするのはまだ早すぎると思っていますが、
それでもいつか来る現実であり、
70歳後半である祖父母に関して言えばそれはもう紛れもなく近い将来の話であることを考えると、
なんとも言えない気分になります。

実家生活時代、親とはほぼ365日顔を合わせていましたが、
現在はもう半年会っていないし、
今後も実家に戻らないかぎりは一年のうち数日しか会わないでしょう。
仮に親が80歳まで健在だったとして、そうすると残り会えるのは何日だろう……?
そう考えると、もういい加減そろそろ親孝行を考えるべき段階に来ているのかもしれません。
少し前までこどおじだった自分が言えた義理ではないのですが……。
さらに母方の祖父母に至っては、もう4年近く会っていません。
2010年代の十年間のうち、母方の祖父母家に泊まったのは2011年のたった一度だけ、
それ以外はちょっと顔を見せて帰るという繰り返しなので記憶も怪しくなってきています。
今までは親と一緒に父方の祖父母に会いに行ったら自動的にその帰りに母方の祖父母にも会いに行く、
というパターンが確立していましたが、今後はそれもできなくなってしまったので、
次に会えるのはいつになるか分かりません。
いま、記憶を頼りにGoogleマップで祖父母家を特定しようと思ったらなんとかできたので、
公共交通機関を使って一人で行くことも不可能ではないのですが、
行くに値するだけのお土産も持って行けないしなぁ……と複雑な気持ちです。
果たして向こうがどう思っているのかは分かりませんが。
ただ、時間の流れは残酷であるということだけは胸に刻んでおくべきなのかもしれません。

さて、今日は起床後からもう一度寝るまではプログラミング系の作業をしていました。
が、思ったより難しく暗礁に乗り上げている感がすごいです。
一週間やそこらでは作れそうにないです。
集中力が切れたので一旦寝て起きて昼食を済ませると、
来週末にこの部屋に人を迎えるときのために部屋のレイアウトを変更する力作業。
といっても、テーブルの向きを変えるだけなのですが。
いやでも、向きを変えるといってもそれだけで配線等もいろいろ変わってくるので、
大変といえば大変なんですけどね。

さらに夕方、レイアウト変更に伴って欲しくなった家具を調達するべく、
渋谷のニトリに行ってきました。ニトリに関しては多摩地域ではなく渋谷まで行く主義です。
行きは京王線→(明大前駅)→井の頭線で向かったのですが、
帰りは始発から乗って読書に集中したいと思い、山手線→(新宿駅)→京王線
のルートで帰ろうと思ったら……なんと、渋谷駅ホーム内は大々的な工事をしていました。
なんでも、今まで遠く離れていた埼京線のホームを山手線に近づけるための工事だそうで、
この関係で湘南新宿ラインが渋谷駅を通らない特殊ダイヤになっていたようです。
まぁでも山手線は動いているから問題ないだろう……とJRの改札を通ったら、
何故か品川・東京方面のホームにしか行けない。あとは全部封鎖されている。
戸惑っている人もかなりいました。
仕方がないので渋谷駅→東京駅→新宿駅と乗り継いで帰ってきました。
せっかくだから東京駅でごはんでも……と思ったのですが、東京駅一番街は今日まで休業のようです。
来月こそは東京駅で一日遊ぶ日を作りたいですね。

帰宅後夕食、満腹になったのでごろごろしながらLINEしていたら同僚から電話があり、
日報の書き方が分からないというので教えていたら、
そこから研修の話やら、給付金の話やら、給料の話やら、政治の話やら、
いろんな話に花が咲きいつの間にか23時半過ぎでした。あえなくそのまま寝落ち……。
結局部屋のレイアウト変更は最後までできませんでしたが、
まぁこの辺は平日の夜を使って少しずつ進めていきたいと思います。

ということで作業、部屋掃除、お出かけ、長電話と
まぁ休日の自分にしては及第点かなといった一日でした。
今までの自分なら14時に起きて暇潰ししていつの間にか夜ということも多かったですからね。
ただ、作業がもうちょっと進んでほしかったところで、この辺は集中力不足を感じます。

0

コメントを残す