#6018

配信デビュー


文化

なんと、人生初の配信デビューしました。
まだちょっとアーカイブができていなので、ブログ的には紹介できるのは明日になります。
なので、昨日に引き続き詳細については後日ということでお許しください。

内容については書きませんが、配信をしてみて思ったことを率直に書いておきます。
まず、予想外に楽しかったことですね。
なぜ楽しかったのかというと、コメントを投げてくれる人が予想外にたくさんいたからです。
自分の想定としてはピーク5人くらいくれば良い方かと思っていたのですが、
なんと予想を5倍くらい上回り26人も見てくれたんですよね(累計188人)。
なので、配信者とコメントのやりとりが途切れない。
2013年頃の最も和気藹々としていたピクミン界隈を思い出しながら配信していました。
新しいコミュニケーションの方法としてこれはなかなか面白いかも。
界隈の状況を可視化・パッケージ化するという点でもとても有用なので、
むしろなんで今までやってこなかったんだと思いました。
もちろん今までは実家暮らしだったので環境的に不可能だったし、
メンヘラには絶対務まらないので自分としては今が最速だったと思いますが。

反省点としては、コメント読み上げ機能をせっかく準備したのに使わなかったこと、
それから動画にコメントを埋め込めなかったことですね。
一部のYouTuberなどは動画自体にリアルタイムでコメントを表示させているので、
おそらく方法があるのだと思います。
これをしないと、コメントはYouTubeのコメントリプレイ機能を使わなければ読み返せません。
ちょっといじってみた感じだとコメントリプレイは動画を編集すると使えなくなるっぽいので、
アーカイブをカット編集等したい場合は、コメントの埋め込みは必須かなと思いました。

それから、ほぼサイトの話をしているのにサイトを動画に表示できなかったのも反省点ですね。
事前に配信ソフト(OBS)をいろいろいじっていたのですが、
どうもブラウザを単独で表示させる方法が見つからず……。これも次回の課題となりそうです。
あと、できれば話しながら現在の話題をリアルタイム表示できるようにしたかったのですが、
これもどうやら現状手打ちしか方法がないということで挫折しました。
まぁラジオなので視覚的な要素は重視しなくていいというのはあると思いますが、
もうちょっとギミックを加えたいなとは思いますね。

良かった点としては、自分が思っていたより口が回りました。
前職退職後、いろんな人と長電話する機会に恵まれたり、同期の人と長話したりと、
口頭で自分の意見を言う機会が激増していたので、その効果が現れていたのかもしれません。
あと、事前に時間をかけて話す内容を事細かに文字起こししておいたのもよかったですね。
これがなくまったくのアドリブだったら詰まっていたと思います。

とにかく最初は緊張していました。最初の一声を出すのにどれほどの勇気を振り絞ったか。
そしてやっぱり、話しながらゲームというのはとてもハードルが高いです。
プレイしている内容にいちいちコメントできないんですよね。話すほどでもない内容が多すぎて。
その点、あらかじめ話す内容を決めてのラジオ形式はハードルが低いのではないかと思いました。
ゲーム実況はやっぱり複数人でやりたいですね。

ともあれ、ラジオは楽しかったので人が集まりそうならまたやりたいと思います。
あんまり高頻度で開催するとマンネリ化するので、数ヶ月~一年に一度程度が妥当でしょうか。

0

コメントを残す