#6056

黒いうちわに祈りを込めて


今日の出来事

イベント主催準備のための二日間、その二日目。
昨日、思い切ってちゃぶ台を返し、残り時間ではやや厳しい方向へ舵を切り直したわけですが、
さすがに今日は作業できました。トータルにして実作業時間およそ7時間です。
運良く08時に起きられたのでそこから11時まで作業にのめり込み(かなり集中できました)、
11時から13時まで昼寝、13時から16時は通院の用事と後述の神社に行き、
帰宅後、ちょっと作業できない時間が続いたので思い切って立川へ。
カフェには寄らずに帰宅して20時半から24時まで作業していました。
そして24時、集中力切れを強く感じたのでここで切り上げということに。

作業時間としてはまぁそこそこいい線は行ったと思います。
近年の自分にしては意外なくらい集中できた結果といえるでしょう。
さすがの自分もここまで追い込まれれば作業できるということなんでしょうね。
そのことからも、自分の行動力の問題の本質は「後回し」であるということがわかるわけですが。
ただ、作業能率はものっすごく悪いです。
2年前とかに改修しためちゃくちゃメンテナンス性の悪いコードを読みながら
新しく作ったテンプレートに当てはめていくのですが、
もうあらゆる部分が想定通りに動かないんですよね。
結果、14個あるタスクのうち昨日と今日で終わったのはたった4個です……。
そのうち2つは簡単なので、実質的には2つのメイン機能を作っていたのが今日でした。
これと同レベルに厄介なタスクがまだちらほらあるのに、
残り3日の平日で終わるのか……?

とにかく週明けは残業を満喫しているどころではありません。
とはいえいまは前職と違い残業する・しないは自分がコントロールできるような立場ではないので、
もし残業必至な仕事を振られたら泣くしかありません。
そもそも月曜日は本社に召集を受けており、仕事終わりに新宿へ行かなければならず、
帰宅は22時過ぎになることが容易に想像できるので、実質的に作業できるのは火・水のみ。
いやー、ヤバいですね。本格的にヤバい。
あと奥の手としては開催初日が22時スタートなので、連休初日に頑張るか。
でも、そこまで余裕がない開発をするといざ本番を迎えたときに不具合連発しそう……。

幸いにしてテレワークで、仕事中は指示待ち待機時間というのもそこそこあるので、
そういう隙間時間をうまく活用してやっていきたいところです。
とにかく「集中できないから作業できない」なんて言っている場合じゃないのは確か。

ところで先ほど神社に行ったと書きましたが、
実は今日はこんなに忙しいときではありますが神社に行ってきました。
東京都多摩地域では最大の神社である、府中市の「大國魂神社」。
ここで厄除けのお祭りである「すもも祭」というのをやっていたのですが、
厄除けのうちわを頒布しているということだったので、せっかくなのでもらってきました。

黒いうちわが初穂料500円、写真では隠れていますが扇子が2,000円です。
他にもスペシャル扇子が5,000円で売られていましたがさすがに高すぎると判断し見送りました。
この神社ではどうもカラスが厄払いの象徴らしいです。
それも、遙か昔神代から語り継がれてきた話がその由来になっていると言います。
眠いので詳しくは割愛しますが、実は大國魂神社というのは1900年もの歴史を持つ由緒正しき神社。
しかもこの辺は東京の前身である武蔵国の中心地だった場所で、
この神社はそれはもう大変に高い地位を占めていることが想像されます。
今日も境内には多くの都民と思われる人たちが境内に来ていたので、
自分もせっかくなので参拝してきました。もちろん、新型コロナウイルスの収束を願って。
都民になったばかりの自分がこんなことを祈る権利があるのかは知りませんが、
とにかく東京都内の収束をお祈りさせてもらいました。

もらってきたうちわは普通に使うとして、ちょっと高い扇子は本棚に飾ることにしました。
玄関に飾るのが良いらしいのですが場所がないので断念。

そんなわけで今日は基本的に作業にのめり込んでいましたが、
神社にも行って厄除けもしてきたり、あとなんだかんだで立川にも行ったりと、
いろいろあった一日だったと思います。久々にレッドブル飲んだけど効果はあったようで。
これが連休初日なら、明日はもっと頑張れたかもしれないのに……!
と思うのは日曜日の宿命ですが、今日はことさらその気持ちが強いです。

0

コメントを残す