#6057

コロナ氷河期を生きる


今日の出来事

お風呂やらなんやらで00時半過ぎてしまったのでさっさと書いて寝ます。
予想通り、今日は自由時間というものがほぼ皆無でした。
というのも、新宿の本社でリアル面談をすることになったからです。
定時退勤後に出発して、到着したのは19時15分。
そこから延々話し込み、終わったのは21時半すぎでした。
久々の新宿駅でごはんを食べて帰りの電車でNintendo Direct Miniを見て、
帰宅したのが23時10分という……。

いろいろな話をしましたが、
結論から言って先週自分がお願いした「今月末での現場からの退場」は却下されそうです。
申し出たのが15日だったのですが、それだと遅いのだそうです。
後続の人を手配するための時間等々の都合を考えると間に合わないとか何とか。
まぁ、それは自分を納得させるための方便で、要はこちらから好きに退場することはできないと。
研修室時代、同僚とは「ブラックだったら退場すればいいよね笑」と気楽に話していましたが、
実際には退場するにも一定のハードルがありそうです。

退場はできないけれども、月間合計200時間前後の勤務時間になっていて残業が多いことについては
上の人とかけあってもらえることになりました……が、問題はそこじゃないんだよなぁ。
もちろん、残業も問題ではあったけど……。
まぁそれよりも根が深いところは営業部に言ったところでどうしようもないので
それ以上は突っ込みませんでしたが。

今日はどちらかというと、いまの現場を退場したあとに入る2つ目の現場の話が主でした。
どういうところなら行きたくて、どういうところは行きたくないのかという。
営業部長曰く、この新型コロナウイルス騒ぎで雇用の需給は完全に逆転してしまい、
本来は人不足の売り手市場だったはずなのに、今は人余りの買い手市場になっているそうです。
新型コロナウイルスでプロジェクトの進行を保留することも多いため、そもそも仕事がない。
結果としてベテラン組も職に困っていて、求人にはとにかく人が殺到するそうです。
なので必然的に求人を出す側は募集のレベルも高くなる。高くしても人が集まるのなら、
高くしてベテランを呼び込んだ方がメリットも大きいので当然です。
そうなるとビギナー組がすごく困る。求人レベルは上がるし、応募してもベテラン組に取られる。

まぁ、この手の「新型コロナウイルスでかつてない買い手市場になっている」という話は、
営業部に限らず社長からも長時間にわたって聞かされているので若干耳タコなのですが、
要は、この07月下旬、本当ならオリンピック開幕だった時期になってもなお、
IT業界の雇用情勢は改善していないということみたいです。
むしろ、昨今の東京都内の新規感染者数推移を鑑みるに、もっと悪化する可能性もあるらしく。

これらの話を総合して、自分が次の現場へ面接に行けるのは、「0~2回」と言われました。
来週から営業をスタートして、08月末までの約1ヶ月ちょいで与えられるチャンスです。
下限が「0」ということは早い話が一度も面接を受けられない可能性もあるということ。
03月に営業スタートした自分たち同期生11人のうち、
07月現在現場に行けているのが自分ともう一人のたった2人しかないので、
営業が0回というのも十分あり得る話です。
しかし、与えられたわずかなチャンスと言えども、
それがいまいるような現場と同じようなところだったらなんにも変わりません。
そんなことならいまいる現場をさらに延長した方が、若干のノウハウがある分マシです。
なので、チャンスは少ないですが、だからといって妥協する必要もないのかなと思っています。
とはいえ、08月末までに決まらなかったら給料2割減なんですけどね。
その代わり実質ニートできるので、
やりたいことが溜まっているならそれでもいいかという気がしなくもないですが。

一通りの話が終わったあとはひたすら3人で雑談していました。
今後のオンライン帰社日はどうなるのかとか、
同僚の話とか、サークルの話とか、将来の夢の話とか。
で、終わってみれば21時を過ぎていたと。
まぁ、総合的に見て嫌な時間ではなかったです。むしろ他人と共有することでスッキリしたかなと。
新型コロナウイルスでずっとリモートしていたので
面と向かって誰かと話すというのも随分久々の経験でしたが、
やっぱりこっちの方がいろいろなことを伝えられると思います。
リモートだと、たとえテレビ電話でも必ず見えない壁がある。

今回の面談で、やはり新型コロナウイルスが自分の人生を妨げているというのは改めて実感しました。
だからといって、全部コロナのせいにして何もしないというわけにもいきません。
いろいろありましたが、まずはいまの現場でベストを尽くすところからかなぁと思っています。
そのために……今日はさっさと寝ます。

1+

コメントを残す