#6063

苺蜜柑合戦


今日の出来事

四連休最終日。
ということで、特設サイト「ピクチャレ大会」で開催していた、
“第15回期間限定ランキング”が無事に終了したのでその裏話を軽く書いていきたいと思います。
表話というべきか、ふつうの反省会はYouTube Liveで話したのでそちらを参照。

期間限定ランキングとは、独自に考えたちょっと特殊なルールを短期間で遊ぶランキング。
常設である通常ランキングがピクミンシリーズのやり込みを可視化することを目的とするのに対し、
特殊ランキングは、ピクチャレ大会利用者にもっと楽しんでもらうことを目的とした、
いわばお遊び的なコンテンツです。
実は昔は見向きもされなくて、記念すべき第01回期間限定ランキングは参加者0人でした。
まぁ、第01回に関してはテストの意味合いも強かったので特に告知することもなく、
内容も大したことがなかったので当然と言えば当然なのですが。
それが回を重ねていくうちに少しずつ参加者数が増えていき、
調子に乗った2017年初頭、「チーム対抗戦」をリリースするとさらに参加者は増えて9人に。
その辺から、期間限定ランキングは単なるお遊びというよりは、
公式からのコンテンツ供給がほぼない界隈にとっての一大イベントとして受け入れられていき、
第10回にはさらに増えて参加者数14人となりました。
もともと人数の少ない界隈ということもあり、参加率はどんどん増していきました。

この辺になると、「通常ランキングは投稿しないけど期間限定大会には参加する」
という人も増えてきて、俄然存在価値が増してきました。
通常ランキングは永久にリセットされないので、
どんどん煮詰まっていけば自己ベが出せなくて投稿できなくなっていくのも当然の話です。
通常ランキングに投稿されなければサイトの存在意義も薄まってしまう。
そうなれば期間限定大会にチカラを入れるようになるのも必然でした。

そこで、第13回大会では満を持して「エリア踏破戦」をリリースしました。
単に特殊ルールのステージを遊ぶだけでなく、
そのステージを遊ぶことによって陣取り合戦をしようというものです。
手帳に原案を書いた記憶があるので遡ってみたら、なんと2017年04月2週の時点でありました。
ただこのころはメンタル的にも低迷していたこともあって、とにかく難産でした。
楽しみながら開発などはできず、ただただプレッシャーに押し潰されていた記憶があります。
結局そのあと、エリア踏破戦が実現するまでに2年5ヶ月もの時間を要することになります。
ピクチャレ大会としても2018~2019年は低迷期でしたね。
そこに輪をかけて例のトラブルを引き起こしてしまったので、
特に2019年はほとんど開発がストップしていたといっても過言ではありません。
結局ここまでの実績のおかげで自分はwebプログラマーになるわけですが、
そうなったきっかけであるピクチャレ大会はもうアップデートすることはないだろうと思っていました。

その殻を破ったのが、例の不正疑惑騒動でした。
二年前の例の事件をきっかけに界隈を離れた自分も、
たぶん無意識的には復帰したかったけれど、いままでそのきっかけがなかったんですよね。
あの騒動は復帰するためのある意味千載一遇のチャンスだったわけです。
10ヶ月ぶりにのぞいてみた界隈のコミュニティも治安は落ち着いて、
随分と丸くなっているように思いました。少なくとも参入はしやすかったように思います。
むしろ良い意味で盛り上がっているように見えました。
そんな中で、自分は自分にできることをそれなりにやってきたつもりです。
人生初のネットラジオを放送してみたり、代表者として不正者と話し合ったり……。
まぁ、誰にとってもベストを尽くせたとは思っていません。
そんな八方美人&完璧超人は成し得ないと思っているので、
あくまでも「自分を支持してくれる人」に対して、全力で貢献したかった。
そして自分なりに何ができるかと考えたときにできることといえば、
やはりこの期間限定ランキングを開催することだったんですね。

まぁ例によって行動力のない自分は、直前になってちゃぶ台返しをしたり、
そもそもそれ以前4週間もの猶予期間がありながらほぼ何もしなかったりと、
目も当てられない日々を過ごしてきましたが、
夏休みの宿題パワーによって、最後の四日間はそれなりに頑張れた気がします。
結果として、開催直後に若干不具合は出ましたが、
最終的に過去大会にもあったような致命的な不具合は発生せずに終えることができました。

そして……なんと最終投稿数は788本!!
1本投稿するのに15分かかるとしたら、のべプレイ時間は実に197時間です。
過去の期間限定大会がチーム対抗戦でも70~90程度だったので、10倍もの規模ということになります。
さらに、参加者数25人!!
過去最多が16人だったので、それを9人も更新する圧倒的新記録です。
フタを開けてみれば、もう何もかもが過去大会とは比べものにならない規模になりました。
不正疑惑騒動以降、界隈も活気づいているしある程度の参加者数はいくと思っていましたが、
10倍というのはまったく予想もしていませんでした。
それだけ大会が白熱したということです。主催としてこれほど嬉しいことはありません。

反省会放送でも言いましたが、
もともと2017年案のエリア踏破戦は、チーム対抗戦の応用として生み出されたものでした。
が、エリア踏破戦として開催した第13・14回はあえてチーム対抗戦にせず、開催しました。
「エリア踏破戦×チーム対抗制」という今回のルールは、
2017年から実に3年3ヶ月の期間を経て実現したとっておきのルールだったのですが、
それが滑らなかったのは本当に良かったし、
やっぱり先週土曜日で個人戦をボツにしてチーム対抗制に舵を切り直してよかったです。
当時は開発が間に合うとは思いませんでしたけどね……。
なんだかんだで自分もスキルアップしてきているのかな。

第16回もチーム対抗制で、という要望もあり、
また「今回は参加できなかったけれど次回があるならぜひ!」という人もいるので、
また近いうちに同じルールで開催する運びとなりました。
自分としてもいま、開発モチベはかなり高いのでこういうときに行けるところまで行きたいところ。
あらゆる不具合を潰して誰が見ても使いやすく楽しいサイトを目指したいものです。
ただ……次に開催するときはもうちょっと開発期間に余裕を持ちたい。
といいつつ、おそらく寸前にならないと頑張れないんでしょうけどね。これどうにかならないのか。

自分もイチ参加者として参加したことで、純粋にピクミンモチベも上がりました。
リングフィットアドベンチャーを楽しみに待っている昨今ですが、
いわゆる普通のコンシューマーゲームとしてはまたしばらくピクミンするのも悪くないな、と。
数年放置している通常ランキングも、きっとまだまだ伸びしろはあるでしょうしね。
実況プレイという楽しみ方もまだまだ未開拓だし、やることはいろいろあります。

とにかく今回のことはいろいろな面で良い経験になりました。
それと引き換えに、四連休は本当にあっという間に過ぎ去っていきましたが……。
二週間耐えれば次はお盆休み五連休と思ってなんとか耐えていきたいところ。

0

コメントを残す