#6092

組み立てる秘密基地


web制作

今日は01時半就寝07時半起床、4日ぶりにリングフィットでがっつり運動しました。
18時半退勤後は意図的に家でのんびりする時間を確保しようと、
敢えて今日は買い物だけ済ませて寄り道はせず、夕食も自宅で済ませたのですが、
これはこれで一日として何か物足りなさを感じますね。
リングフィットもピクミンもしたし、ブログも消化できれば日課としては文句無しなのですが、
かえって消化不良感があるというか……。
いろいろ寄り道した結果深夜の帰宅になり日課ができずに寝てしまう方がよっぽど消化不良なのに、
この辺の心境の食い違いはなんなのでしょう。
よっぽど目先の楽しみに心を奪われている状態ということなんだろうか。

さて、今日は特にまとまった話題もないので箇条書き気味に書きます。
まず、2020年06月に契約した2種類のサブスクの話(#6008『リモート秘密基地』2020年06月01日)。
実はこのうちひとつ、「Apple Arcade」(月600円)はすでに解約しました。
結局単に一過性の興味だけでしたね。スマホゲーム復帰の鍵にはなりませんでした。
面白いタイトルがあれば実家帰省で活躍の場があるかとも思いましたが、
実家帰省前にタイトルを探す気にもなれませんでした。
もしかすると、もう自分の中ではスマホゲーは2010年代で終わった文化になってしまったかも。
Apple ArcadeがiTunesに対応していないという管理面のややこしさも大きなハンデでしたね。

いっぽう、ConoHa VPS(月800円+バックアップサービス300円)はまだ継続しています。
継続というか、ぶっちゃけこれまで放置していました。もったいない。
VPSというのは、ユーザーがOSレベルで自由にいじくることのできるサーバーです。
通常、レンタルサーバーは「ファイルを置く」以外のことはできません。
なので、例えば内部設定を変えたい、新規アプリをインストールしたいと思ってもできません。
ところがVPSは、サーバー上にあるLinux(Windowsと同じ、パソコンの基本ソフトで無料のもの)
をリモートで自由に操作することができます。
なので、サーバーの設定は基本的にはいじくり放題。
LinuxというOSがそもそも、Windowsとは違ってユーザーが自由にいじれるというコンセプトがあり、
かなり根本的なところからいじることができるので、その気になれば好き放題できます。

以前も書きましたが、将来的にはこのブログも各種特設・特集系サイトも、
VPSサーバーに移設して統一したいと思っています。
こないだのピクチャレ大会に投稿できない問題も結局はサーバー側の設定上の制約が原因でした。
今後も、もっと幅広くwebの機能を活用していこうと思ったら
必ずどこかでレンタルサーバーとしての制約が壁になってきます。
本格的にその壁にぶつかってしまう前に、VPSへの移行を果たしておきたい。
今のところ移行目安は、現在のレンタルサーバーの契約が切れる2021年08月末、
つまりブログ17周年を期限としています。
それまでになんとかVPSの環境を整えたいところ。

しかし自分はLinuxはさっぱり分かりません。研修でちょっとだけやったけど。
Linuxって、アイコンなどは無くてWindowsとは違って画面全部文字しかないんですよ。
CLIと言って、本当に古いOSや、あるいは「コマンドプロンプト」と同じような感じです。
なのでなかなか直感的には操作できませんし、専門知識も必要になってきます。
ハードルはそこそこ高いです。
何も設定を変えずにwebサーバーとして運用していくだけなら難しくはなさそうですが……。

実は今日、久々にこのLinuxサーバー(正確にはその派生のCentOSというOS)にログインしたら、
不正アクセスに失敗した跡があるという警告が表示されてびっくりしました。
先日もピクチャレ大会のWikiに大量スパムが飛び込んできて
サーバー管理者から警告をもらったばかりなのですが、
まだ公開もしていない、一切触っていないVPSすら攻撃されるというのは驚きです。
世の中どんだけスパムbotがはびこっているのかと。

というわけで、今日はできませんでしたが
まずはセキュリティを高めるための各種設定をしていこうかなと思っています。
自分にとってはそれがVPSを触る第一歩になりそうです。
それができたら次は、yum(アプリをインストールするコマンド)でFTPサーバー、Apache、
データベース、各種サーバーサイドプログラミング言語をインストールすれば
とりあえずwebサイトは公開できるのかな?
いろいろ壁もありそうですが、レンサバと違って自分で組み立てるワクワク感はありますね。
Pythonをインストールしてサイトの自動巡回botなんかも作ってみたいなぁ。
MastodonのようなVPSでしか扱えないソフトもその気になれば構築できますね。夢が広がりんぐ。

ま、そんな心理的・時間的余裕があるとも限らないんですけどね。
いやいや、でもここはぜひ余裕を作っていろいろ遊びたいところですが……。
日々のタスクもこなしつつ、
「やりたいことをやりたいと思ったときにできる」程度の余裕を得るにはどうすればいいんだろう。
もう睡眠時間を削る以外の選択肢が思い浮かばないんだけど。

最近、その辺の「夢と現実」についての考えがまとまりつつあるので、
久々の“独り言”を書いて悩みを明文化したいところではあります。
それとは別に、昨日読み終わった本の読書録も書きたいし、とにかく保留が多いです。
いつぞやも書いたけど、この保留の数がストレス量に比例している気がするんだよなぁ……。
ただ、個人的な経験則でそう言っているだけで、
自分の他に同じようなことを言っている著名人をまだ見たことがないんですよね。

保留の数をうまく減らしていくには、キャパシティを超えて頑張るしかないのか?
でも「やる気」などという眉唾物に頼るのも何か違う気がするんですよね。
だから日々、何をするべきか何はしなくていいのか取捨選択をして、
心にたまったゴミをごみ箱に捨てていくことが欠かせないわけですが、
ゴミ捨ても追いつかなくなれば、やっぱりどこかで一念発起するしかないのかなぁ……。

現在の現場のリリースまであと5日。
整理しきれない心、サイト更新作業、VPS、ピクミン、読書、随筆執筆……
目下の課題はいろいろありますが、とりあえず生活リズムを崩さないことが最優先ですかね。

0

コメントを残す