#6095

その何気ない一言


今日の出来事

昨日はほぼ“独り言”に書くべき内容を下位カテゴリの“悩みごと”に書いたわけですが、
そうやって人生観についてボヤいているうちに実にいろいろなことが起きたので、
テンポ良く片っ端から書いていきたいと思います。

一昨日退勤後からの話になります。
一昨日は仕事でちょっとしたミスを起こしてしまい、面倒なことになりました。
それにすっかり心を冷やして、あーやっぱり今月末退場で良かった、などと思いつつ、
退勤後は気分転換のために立川に向かうことにしました。
先日、我が家でのゲーム会では結局やりませんでしたが、
今後必要になることもあるだろうということで、DSのタッチペンを買いました。
ちなみに在庫処分棚に入っていて、税込み98円。処分される寸前でした。

そしてカフェで一服して(そういえば最近カフェで本を読めていない……)、
閉店の時間が迫ってきたので退店、いつも通り南武線に乗って自宅に向かっているとき、
なんと突如として前職時代にお世話になった同僚からLINEが来ました。
同僚が退職したのが2017年秋なので、それはそれは久しぶりです。
退職以後もごくまれにLINEはしていましたが、最近はお互いに連絡を取らなくなっていました。

まぁ内容は特にトピックスになるようなものもなく、
「上京したみたいけどコロナ大変そうだね大丈夫?」みたいな内容で軽く話していました。
あとは懐かしい前職時代の話とかちょろっと。
でも自分にとっては、なんの根拠もないけど、これだけですごく勇気付けられました。
仕事で沈んでいるときに、なんというベストタイミング。

で、翌日おそるおそる出勤して、
さて朝ミーティングではいったいどれほどミスについてのお叱りがあるのか……
と思いきや、まったく怒られませんでした。
その理由として、どうやらこのミスは自分だけのミスではなく、
それを素通ししたレビュアーや、業務部門と呼ばれる他部署の作業にも問題があったそうです。
それらを、図らずも自分があぶり出す結果になったということのようで。
なのでこの件については結構いろんな人が丁寧にフォローしてくれました。
おかげさまで定時ちょい過ぎには他部署に作業し直し依頼を投げて、こちらとしてはスッキリ。
まだ完全に決着が着いたわけではないですが、
とりあえず後ろめたく退場することは避けられそうなのでよかったです。

その夜、うっかり睡眠薬を21時台に飲んだら23時近くに激烈に眠くなってしまい、
すべてを投げ捨てて床に就き、入眠と覚醒の狭間をしばらく彷徨っていたのですが、
なにやらスマホが鳴りまくっていて気になって眠れない。
見てみると、任天堂が突如としてサードパーティ新作ラインナップを発表していたようです。
そしてなんと、『ぷよぷよテトリス2』発売決定!!
いつか発売したらいいなーと待ち望んでいた続編なだけに、一気に目が醒めました。
Nintendo Switchほかクロスプラットフォームで、12月10日発売。

ただこれ、改めて見てみると「2」とナンバリングはついているものの、
ほとんど前作のマイナーチェンジ版に留まっています。
新モードとして「スキルバトル」が追加されただけで、あとはほぼすべて前作と同じ。
まぁ、さまざまな調整が行われているのだろうし、
個人的にはネット対戦のラグが軽減しているだけでやる価値はあるとは思っていますが、
もうひとひねり欲しかったなぁというのが正直な感想ではあります。
ぷよぷよ、テトリスそれぞれのルールでのレーティング対戦が実装されるので、
前作(3DS版)で著しく不利と言われていたぷよ勢にとっては朗報かもしれませんね。
逆にテトリス勢は、調整されてかなり弱体化された環境で果たして勝ち上がっていくことはできるのか。
ただ、自分はもじぴったんでネット対戦は懲りているので、今作はそこまでハマらないかも。
でもたぶん買います。今冬の楽しみがひとつ増えました。

結局昨夜は久々にお酒の力を借りて04時就寝。翌日はなんとか08時55分に起きて15時まで仕事。
そしてあらかじめ申請しておいた通り早退すると、
次の現場を決めるための面談のためにでかけました。
これについてはなんともいえないので、仮にこの現場に行くことになったら改めて書きます。
少しだけ書いておくと、フロントエンジニアとして頑張る案件です。
サイト制作経験がある自分にとって、サイト制作を最初から最後まで包括的に関われるこの案件は、
ある意味魅力ではあるものの、学べるのはあくまでサイトデザイン。
要は、「webデザイナー」としての仕事になるわけです。
自分はいちおう肩書きとしては「webプログラマー」でありバックエンドの仕事を希望しているので、
希望に添わないと言ってしまえばそれまでなのですが、
新型コロナウイルスで大不況となっているいま、果たしてそこまでのわがままが許されるのかどうか。
ちなみに趣味としてweb制作をする自分はデザイナーもプログラマーも兼任しているので、
「webクリエイター」を名乗ることにしています。
だからまぁ、今回の案件は趣味人としては本意なんですよね。
趣味でやっていたことを仕事でやってくれと言われているわけなので。願ったり叶ったりです。
デザイナーとしてのスキルアップができれば、今後のサイト制作も捗ること間違いなし。
受かったら行ってもいいかなと思っていますが、倍率は高いので受かるかどうかはわかりません。
同席していた他社のメンバーもなかなか優秀そうだったし……。

まぁでも……本音はデザイナー案件に行くより、同僚と同じように待機したいんですよねー。
それでがっつり勉強できれば絶対スキルアップできると思うので。
もちろん、ニートしながら満額もらえるなんていうのが優遇されすぎているのは分かっています。
本来は仕事をするべきであり、だから今回の現場も受かったらなるべく行くべきだと思っている。
ただ一方で、仕事でバックエンドに触れないならいつプログラミングの勉強をするんだという話で、
コロナで案件が無いならむしろいまは勉強のチャンスだと思うんですよね。
まぁ、そういいつつ結局何もしない言い訳になってしまってはただのクズですが。

面談終了後、帰ってきて駅チカのカフェでサブPCのメンテナンスをしていると、
同僚から面談に受かったという連絡が入り、カフェを出てしばらく電話で話していました。
どうやら受かったのは、Linuxをバリバリ使うインフラエンジニアとしての案件だそうで。
今のところ自分の同期で一度でも現場が決まったのは自分を含め5人いますが、
ものの見事に研修でスキルアップした(はずの)PHPは掠りもしていませんね。
3人がインフラ、1人がC#、1人がExcel……。インフラ系ってコロナ影響下でも需要あるんだろうか。
まぁ、いまちょうどLinuxに興味を持って少し本を読んでいたところなので、
今度インフラ系に決まった人たちと会う機会があったらその話でもしてみようかと思います。

電話が終わったあとは、そのまま府中駅直結の「くるる」という複合施設に入り、
週末オープン、現在プレオープン中の「タイトーステーション 府中くるる店」に行ってみました。

トイザらス跡地にオープンするこの巨大なゲームセンターは、
なんとクレーンゲームの設置台数が世界最多級なんだそうです。
交通系ICカードを使って1プレイ10円で遊べるクレーンゲームや、
QRコードを読み取って店員をいつでもコールできる先進的なシステムが特徴。
完全にクレーンゲームしかないので、音ゲーなどのアーケードゲームはありませんが、
実は府中(本町)にはラウンドワンもあるので、その辺はうまく棲み分けられている感じです。
かわいいサメのリュックがあったので100円だけ挑戦してみましたが、ダメでした。
プライズも日々更新されるでしょうし、たまに気分転換で行ってみるのはアリですね。

そんなわけで、2日分の出来事をざっと振り返ってみました。
この2日でいろいろありましたが、昨日のエントリーで不安の原因を追及できたこともあって、
心境的には大分楽になりましたね。
ただし、楽になったからといってバリバリ行動できるとはかぎりません。
今週末はアニバーサリー準備期間としては修羅場になるわけですが、どうなるかは未知数です。

0

コメントを残す