#6149

言語の壁


web制作

iPhone 12の予約が始まったかと思いきや、
今度は「iPhone 13には画面上指紋認識が搭載される」という情報がまことしやかに広がっていますね。
この時期のリーク情報はかなりの眉唾物で、
去年の今頃も「iPhone 12はノッチがなくなる」という噂がありましたが、
見事に実現しませんでした。なのであまり信用はしていません。
もちろん真実である可能性も否定はできませんが。

このご時世、マスクでいることが多いので指紋認証の復活はもちろん歓迎すべきことです。
が、それがさらに一年我慢する理由になるのかと言われると微妙なところ。
画面上指紋認証はかなり難しい技術と言われているので、最初のリリースは精度も低いでしょうし、
もっとそれが「当たり前」になってから買った方が無難ではあるような気がします。
だいたい、次世代モデルの方が性能が良いのは当たり前なのだから、
そっちを優先するかぎり永遠に機種変できないですからね。どこかで踏ん切らないと。
そういう意味では、自分は最新機種の機能性がどうこうというより、
現行機がもう限界だから、という理由の方が大きいと思っています。
4年サイクルだから「12」に機種変するのであって、指紋認証がどうこうは二の次の問題。
なんにせよ、リーカーには不確かな情報を流して目の前の楽しみを邪魔しないでもらいたいものです。
本当に、何故か毎年このタイミングで次世代の情報が流れてくるんだよなぁ……。
この程度のリーク情報では自分の機種変の決心は揺らぎません。

さて、先週はまったく眠れず困った月曜日でしたが今日は普通に寝起きできました。
週頭ということで一週間にやるべきことを計画としてまとめ、
さっそくCentOS8のガイドブックを読み始めました。まだ基礎編なので実践には至っていません。
ピクチャレ大会周りでは、昨日の翻訳を受けて海外勢から追加要望などが来ていたので、
その対応をしていたりしました。

正直、自分が界隈の代表として英語話者とやりとりするのは適任ではないと思っています。
もっと、ちゃんと英語ができる人が外交をするべきだと思っているのですが、
向こうはそんなことはお構いなしに、平然と英語で話しかけてきます。
で……まぁこのブログはおそらく海外勢の目には留まらないと思うので書いてしまいますが、
その要望というのが結構容赦ないというか、遠慮がないというか……。
「本編ランキングは不要だから削除しろ、
特殊ランキングのような『奇妙なルール』は英語話者にとって混乱のもとだから隠せ」
という要望を送ってきた人がいて、正直日本勢と海外勢、どっちを優先すべきか悩みました。
本編ランキングは、確かに合理的に考えれば不要かもしれません。
日本人が使っているランキングも海外のリーダーボードだし、役割が重複している。
しかし、それを作るにしても相当苦労した経緯というものがあるわけで……
海の向こうの人はそういう感覚が分からないのかな? と少し思ってしまいました。
もう少しへりくだって言ってほしいんだけど、それは日本人独特の感性なんでしょうね。
この辺に少し文化の壁を感じるというか、やりにくさを感じました。

ともあれ、海外勢のいいなりになって日本勢に不便を強いることがあってはならないので、
何でもかんでも向こうの要望をヘコヘコと受け入れるつもりはありません。
ただ、これがピクミン界隈国際化のターニングポイントになっているのは間違いないので、
当然向こうに不便を強いることもあってはならないし、まして対立させるわけにもいきません。
この辺は難しさをすごく感じています。
せめて、せめてもう少し英語ができたら……。

第16回期間限定ランキングではチーム分け問題の壁にぶちあたり、数学の必要性を再確認しました。
そして今度は英語。学生時代にすべきだった学問が、いま改めて自分の前に立ちはだかっています。
高校時代の自分にこの光景を見せてやりたいですね。
お前が今作っているそのサイトは、遠い将来国際化に向けて動くことになる。
イベント企画のために複雑な数式も取り扱うことになるんだぞ、と。

まぁ、仮にタイムマシンがあってそれを当時の自分に言ったとしても、
当時の自分は勉強しなかったでしょうけどね。それほど劣悪な環境だったので。
すべてが環境のせいとは言いませんが、
学生時代の自分はタイムマシンに乗ってきた自分にきっとこう言うでしょう。
「わかっちゃいるけど、勉強どころではないんだ!」

そういうわけなので、勉強は環境が整ったいま、大人になってからやるしかありません。
そのためにはとにかく時間、時間が必要です。
やることを合理的に仕分けていって、効率的に物事を吸収できるようになりたいですね。
どうせ自分は生涯学習することになるんだから、遅すぎるということはないと思っています。

コメントを残す