#6160

七年越しに再び鳴る笛


ゲームのプレイ日記

というわけで、ついに発売した『』。
今日は23時45分からYouTube Liveで生配信を開始して、そのまま実況プレイを続け、
04時半頃になんとかクリアして配信終了、
さらにクリア後に出てきた「オリマーの冒険 ふたたび」を全攻略していたら、
なんと07時過ぎになっていました。半ば覚悟していたとはいえ、まさか半徹夜になるとは……。
現場には休むことは伝えていたので、08時半すぎからガッツリ寝て、起きたのは17時。
起床後はピクチャレ大会を3DX仕様に対応する作業をしてから遅めの外食、
夕食後はさっそく新ステージでスコアを詰めていました。

当然自分は前作経験済みだったので、既出要素にはそれほど期待していませんでしたが、
思っていたより追加要素が豪華だったのは嬉しかったですね。
2ステージだけだと思っていた実質追加ミッションの「サイドストーリーモード」は、
実に14ステージが収録されており、ピクミン3のミッション系ステージはこれで50ステージに。
そのうち4ステージはいかにも初心者向けという趣の単純なステージですが、
ストーリークリア後に登場する追加10ステージは、追加DLC並みの難易度がありやり応えは十分。
特にラストステージは笑っちゃいましたね。

さて、自分は2019年に3DXへの要望を書いていたので
#5522『ピクミン3DXに望む十選』2019年02月03日)、どこまで実現したのか見てみましょう。

  1. 追加DLC第四弾→○:サイドストーリーモードが実質追加ミッションと言えるでしょう
  2. 想定外ラインの見直し→△:見直しはされたけど……まさかの緩和。そっちかよ。
  3. WRプレイヤー名表示→×:世界記録周りは仕様変わらず。
  4. バトルモードオンライン→×:同期を取るのが技術的に難しいそうです。
  5. ヤブレカブレオプション→×:バトルモードは基本何も変わっていませんね
  6. 下見の禁止→△:予めマップが表示されるようになったものの、「ここまで移動」の仕様は変わらず。
  7. 生物図鑑→○:ルーイメモも分類も表示されるようになって満足です。
  8. 探査メモ・フルーツ一覧の隔離→×:本編内のポーズメニューとしての実装は相変わらず。
  9. 9日以下可能なやり込み設計→△:ゲキカラモードがその代替ですかね。
  10. リプレイ再生・保存機能→△:Switchの動画保存機能が代替になるといえばなりますね。

というわけで6点が何らかの改善を示しているので、
まあかなりいい線は行ったと言えるのではないでしょうか。
繰り返しになりますが、実質的にミッションモードが14ステージ増えたのは予想以上だったので
これは本当に嬉しいプラスポイントです。
欲を言えば普通にDLC第四弾としての体裁で追加してほしかった感はありますが……。
サイドストーリーモードはあくまでも本編マップの再利用に過ぎないですからね。
追加DLC第1~2弾も再利用だったけど、新規マップってよほどコスパ悪いんだろうか。
ピクミンというゲーム性を考えると新規マップはそれほど重要ではないということなのか。

まぁ、そういうわけでコンテンツとしては不満点は少ないです。
オリジナル経験済みの自分でも十分に感じているので、
今回始めてピクミン3を遊ぶという人にとってはかなりボリューミーと言えるかも。
「ピクミン3は前作と比べてボリュームが少ない!」とはよく言われてきた不満点ですが、
サイドストーリーモード14ステージの追加によってかなり改善したと言えるのではないでしょうか。

ただ、それはそれとして別の不満点も浮上してきています。それは、操作感。
Wii U向けのゲームをJoy-Conおすそわけプレイに対応させたのは凄いと思うんですが、
しかしそれを優先するあまり、通常の操作体系の快適性がどうしても犠牲になっていると感じます。
その最たるものが、解散、スプレー、リーダー切り替えを全部Yボタンに集約したことですね。
これがもうめっちゃくちゃ分かりにくい。
Wii Uではワンボタンで済んだのに、Y+スティックという操作に変わっただけでなく、
リーダー交代は状況によってコマンドの入れ方が変わるので、間違えることが多々あります。
ゲキカラスプレーもすばやくかけるのが難しくなりましたね。
解散に至っては、一度の解散では隊列の先頭は解散されない仕様となっているため、
全解散するためには2回解散させなければなりません。

また、個人的にはカーソルロックが廃止されたのも痛手ですね。
それどころか、自動ロックオン機能の使い勝手が悪くカーソルが明後日の方向へ行くことが多い。
この辺の不満点は、キーコンフィグを実装するだけで解決するので、
是非今後のアップデートに期待したいところです。
ユーザーがボタンごとの機能を割り当てられるような本格的なものでなくても、
Wii Uと操作体系が同じ「クラシックスタイル」を選べるようになるだけでも大分違います。

まぁ、この辺の要望はプレイ後アンケートがあったら書いておこうかなと。
今後のアップデートの有無は売り上げ次第だと思いますが……
たくさん売れたので追加DLC第四弾を改めて作ります!という可能性も捨てていません。
Switchだし、そこそこ売れるとは思うんですけどね。さすがに20万は超えるでしょう。
逆に、これで爆死したら続編は絶望的かも……。

まぁそれはさておき、自分としてはひとまず「サイドストーリーモード」をやり込むつもりです。
全プラチナは当然の通過点として、そこそこのスコアを14ステージで取っておきたい。
それが終わったら、ミッションモードに本格的に着手していくことになりますかね。
ミッションモードは敵が弱体化してWii U版よりもスコアを取りやすくなっているので、
ここで改めて「全ステージでWii U版の自己ベ超え」を目標として掲げたいところですが……
いったい何百時間かかるのか。
でも、続白銀などのWii Uで不本意なスコアで妥協してそれきりのステージや、
Wii U版でたくさんやり込んだ続原生やアメニュウドウは少なくともやり込みたいところ。
世界記録を取った原生の杜は……保留の方向で。

1+

コメントを残す