#6162

やまない雨はない


web制作

ということで、当ブログは5日ぶりに再公開しました。
例の件について自分なりに心のモヤモヤを一定程度取り除くことができたと納得でき、
その結果非公開のまま運営していくのは妥当ではないという結論に至りました。
というより、そもそも非公開にする必要すらなかったかもしれません。

今回の誹謗中傷問題の概要については〈#6157『嫌われ者の流儀』2020年10月27日〉、
関連書籍の読書録は〈#6159『ネット社会の歩き方』2020年10月29日〉、
考察まとめは〈#6161『意見の話』2020年10月31日〉にざっとまとめておきました。
内部的にはいずれも1日遅れの後日投稿になっており、休日の多くはこの執筆に費やしました。
なお、いずれの記事もすべてこちらサイドの主観的な意見に過ぎませんのでご了承ください。

この件についてはもうこれ以上言及するつもりはありません。明日からはほぼ平常運転です。
ただ、しばらくの間は平常時に更新通知をTwitterに流すのは止めておきます。
嬉しい記事、読んでほしい記事だけをTwitterにポストするのはアリかもしれませんが。
Twitterに流すと予想だにしないユーザーに読まれる危険性があるということが分かったので、
恒常的な更新通知のポストについてはブログがもっと安定してからにしようかなと。
もっとも、Twitterに流さなくとも不都合な人に読まれる可能性は常にあるんですけどね。
ネットに公開されているかぎりは。

でも、今はそんなことより誹謗中傷しない一般読者のために一日でも早く復帰しようと思いました。
そのためには自分の中である程度納得できる対策方針を固めて、
心のモヤモヤを取り除く必要があったわけですが、
3時間程度の読書と上記3つの記事の執筆によって、概ねそれは達成できたかなと思います。
やっぱりこういうときにブログ執筆って武器になるんですよね。心の整理にちょうどいい。
ただその整理の過程もネットに晒し続けることはいかがなものか、
ということを今回問われたわけですが、
最終的にはいくつか具体案はあるものの、大枠としては今まで通りで良いという結論に至りました。
つまり、ブログを引っ越すとか非公開にするとか鍵付きにするといったことはしません。

とりあえず、ピクチャレ大会は先週がピークで年内は落ち着くはずなので、
しばらくはブログの方にチカラを入れていきたいと思っています。
まずはガイドラインを作るところからでしょうかね。
「何も考えずに書く」という習慣が張り付いて16年、これをすぐに変えられるとは思いませんが、
今後数年かけて少しずつでも変えていければいいなと思っています。
ネタ帳の管理(メモアプリの活用)と執筆環境の改善も急務ですかね。
特にネタの有無に関しては、地雷記事を書いてしまうリスクに大きく関わっている予感もするので。
概ね、ネタは無いけどとりあえず書き出してみよう、と思ったときにこそ危うさがある、気がする。
そもそもネタとしてアウトプットしていれば、執筆前に客観視できていますからね。
頭の中のモヤモヤを直接インターネットにアウトプットするのが良くないというか。
間に一枚噛ませれば少しは改善するのではないかと目論んでいます。

ネタ管理アプリについては、十年待っても専門特化アプリが出てこないので
もはや自作しかないかと思い詰めていたこともありますが、
まあ無難なところではEvernoteを活用していくことになるとは思います。
Evernoteも、2015年ごろから進歩が止まってしまっていて危ういところもなくはないですが、
せっかくここまで整備したメモ環境を活用しない手はないでしょう。
メモ環境については問題ないとして、問題はネタのストックを恒常的にできるかどうか……。
これは何度かやろうとして頓挫しているので、一工夫必要な気がします。

執筆環境については、今春に一度検討したMicrosoft Wordを使うというのが候補としてありますが、
これは正直そこまで急がないかなと。執筆環境が変わればモラル意識も変わるというわけでもないし。
外出先でも書きたいということであれば、
現状Dropbox+テキストエディタで十分なんとかなっていますしね。
Surface Goはスペック的にはダメな子ですが、軽いし小さいしキーボードは打ちやすいし、
ブログを書く用途としては最強の部類なんですよね。

あと今回一時停止して分かったのは、やっぱり「Count Per Day」は何かおかしいですね。
公開停止しているはずなのにほぼいつも通りのアクセスカウンター回っている。
これ、実はほとんどbotしかカウントできていないんじゃないだろうか……。
一方、記事別カウンターの「WP-PostViews」は正常に動いていました。
非公開にしたところからスッパリアクセス数が切れているので、これは想定通りの動きです。
公式プラグインの「JetPack」もbotはちゃんと弾いていて生の情報を表示している感じですが、
こちらは「WP-PostViews」の半分程度になっていて、カウントが厳しくなってそうです。

もう回り始めた歯車を今更差し替えるわけにいかないので、
三代目本家ブログは「Count Per Day」で貫き通すことにしますが、
もしも今後移転ということになったら、このプラグインは使わないのが無難かも……。

まぁ、そんな話はどうでもいいんですが、「WP-PostViews」にせよ「JetPack」にせよ、
記事別訪問数を見ると1記事当たり50~200アクセス、
多い記事では数千以上のアクセスはあって、それが6100本以上存在しているわけで、
このブログは執筆者本人が意識しているよりもずっと多くの人に見られている、
という事実は改めて見直していかなければならないと思った次第です。
上記参考文献にもありましたが、(かぎりなく100%に近い)ほとんどの人は無反応で、
ごくごくまれに反応する人にかぎってノイジーマイノリティだったりするのが現実なんですよね。
だから、そのごくごくまれの反応を真に受けていたら正常な判断なんて下せないわけですよ。
自分のブログは確かに数十人~数百人に見られている、
という意識を、誰に言われなくてもどこかで持っておかなくてはならない。
それがブロガーの使命なのかなと改めて思います。

まぁ、そんなこんなでひと悶着ありましたが、当ブログを今後ともよろしくお願いいたします。

0

コメントを残す