#6207

特異な年末年始


今日の出来事

数日前に決まったことなのですが、
今年は祖父母家帰省は中止ということになりました。
親戚の誰もが、やはり新型コロナウイルスを気にして行かないらしく。
確かに、万が一でも高齢の祖父母に感染させたら大変だということで、行かないのは賛成です。
政府も今年は「静かな年末年始を」ということで帰省・イベントの自粛を呼びかけていますし。

例年、自分は祖父母家に行かない年末年始は「COUNTDOWN JAPAN」というイベントに行っていました。
特に今年は、すでに東京にいるので新潟にいるよりも圧倒的に低コストで行けます。
が、これもどうやら見送りが正解ということになりそうです。
今日、小池東京都知事は周辺3県との連名で、鉄道会社に終夜運転の中止を要望しました。
もしこれにJR東日本、京王電鉄が応じれば、自分は海浜幕張から帰ってくる手段がありません。
まさかタクシーを使うわけにもいかないし、当然ホテルなんて埋まっているでしょう。
同じような人は多数いると思うので、もし終夜運転が中止になれば大パニックになると思います。
それを見越して、鉄道会社は都知事の要望に応じない可能性もありますが……。

そもそも、今年は現時点でチケットを入手できていないので、買うなら転売屋からになります。
定価がすでに高く15,000円なので、転売価格は20,000円くらいでしょうか。
そもそも転売ものを買ったところで不正扱いされて入場できないリスクもありますしね。
そのルートは得策ではないのは確かでしょう。
かといって、年末年始を一人で過ごすのだけは勘弁願いたい。

そこでどうすることにしたのかというと、
自分と同じく祖父母家に行かないことで年末年始の予定が空いたイトコから、
もしよかったらうちに来ないかというお誘いがあったのでそっちに行くことにしました。
場所は、愛知県です。都会在住同士で若者同士、かつ少人数なら許容範囲だろうということで、
今年は愛知で年を越すことに決めました。

東海道新幹線で行くのが無難とは思ったのですが、
最近お金を使いすぎている反省を踏まえて高速バスで行き来することにしました。
祖父母家から東京への高速バスは時間がかかりすぎてウンザリした記憶がありますが、
東京から愛知は5時間程度で済むので、まあこれも許容範囲でしょう。
果たして今年だけの特例となるのかどうかはわかりませんが、これはこれで楽しみです。

今日は03時就寝14時起床。じわりじわりと起床時間がズレてきていることに若干の危機感が……。
起床後は、夕方まで本来日曜日にやる予定だった作業を進めていたのですが、
このタスク、フタを開けてみればとても1日で終わるような作業ではありませんでした。
今日は途中休憩やら風来のシレンやらを挟みながら計5時間なんとか作業できましたが、
それでもあと8時間分の作業が残っていて、明日も続くことになりそう。
ただこれ、単純作業ではないので連続でやっているとしんどいんですよね……。
明日はあえて別作業にとりかかって、この作業は本来やる予定だった土日に回すか。
こういう見積もりの甘いところが露呈すると、
やっぱり自分は計画を立てるのがヘタだなぁと思わされます。

『風来のシレン5plus』の方は、
「原始に続く穴」を攻略する前にある程度図鑑を埋めたいということで各ダンジョンを調査。
その結果、「人生の落し穴」に挑戦するのが妥当という結論に至ったのですが、
その出現条件が、ある仲間を連れてストーリーダンジョンをクリアすることでした。
ということで、不本意ながら再度ストーリーダンジョンを攻略しているところです。
まぁ、これはこれで図鑑を埋める一助になるのでよしとしましょう。

それから今日は任天堂がインディーゲーム紹介動画「Indie World 2020.12.16」を流しましたが、
そこで紹介されたもののうち前々から気になっていたタイトルを計3本、一気に購入しました。
『ぷよぷよテトリス2』を買わなかったので浮いた分のお金を使った形です。
そのうち1本は以前も言及した(#6115『没頭体験機』2020年09月15日)、
デッキビルド系ゲームの『Dicey Dungeons』です。
一般にはローグライクカードゲームという分類だそうですが、
どこからどうみても「ローグライク(=ローグというゲームに似る)」ではないので、
そのジャンル名は妥当ではないような気がする……という話はまあさておき、
『Slay the Spire』以来、ここ1~2年でわりと流行っているジャンルではあります。
iOSゲーム『まものローグ』をちょっとプレイしたので雰囲気は知っていますが、楽しみです。

これらインディーズゲームは、先述の年末年始の高速バス車内で消化しようと思っています。
去年は知り合いに勧められた漫画をひたすら読んでいたのですが、
いまは手持ちの漫画はだいたい読み尽くしてしまっているし、
無料漫画アプリも広告を見なければならないなどでテンポが悪いので今年はダメかなと。
そうなれば頼りになるのはやはりゲームです。
まぁ、風来のシレンで十分という可能性もあるんですけどね。

年末年始の見通しは立ったので、あとは自分が決めた作業をどこまでできるか次第で、
2020年の締めくくりが決まります。
繰り返し書きますが、集中力は先月よりは大分マシなんですよ。
ただ、今日のこれみたいに見通しが甘かったりして結局計画に支障が出ることが多く……。
何事もすんなりとは行きませんね。

0

コメントを残す