#6212

久々の物理的出勤


今日の出来事

さて、自分にとってはいまの会社で4つ目の現場(プロジェクト)への参画日でした。
前にも少し書きましたが、今回はレベルをかなり下げてもらうように営業にお願いしました。
前回・前々回(2020年09月~11月)は身の丈をかなり越えるレベルで、
現場のチカラになれていないという点で歯痒い気持ちになったし、
勉強になったかといえば勉強になっていないと思ったので、
まず自分のできる範囲から着手しようと思ったのがそのきっかけです。

ただし、これは当面安牌を拾うという点で堅実ではあるものの、
長い目で見るとデメリットも多いです。
早い話が、スキルアップに繋がりにくい。
経験年数としては積み重なっていくけれども、
それに見合ったスキルの習得は少なくとも現場では期待できません。
じゃあ独学で習得できるかというと、
自分が五年独学してきたことが過去2つの現場でまったく通用しなかったことを鑑みても、
なかなか難しい部分があるのではないかと思っています。

先日の忘年会では結論は出ませんでしたが、
昨今、同期の同僚との間では、いまの会社に居続けることはデメリットが多いという話が出ています。
その最大の理由は、スキルアップに繋がる案件を紹介してくれない点。
しかも、どうやら社外の人に話を聞くと案件自体はふつうにあるらしい。
同僚の推測では、うちの会社は利ざやを生むための上乗せ分が単価に含まれているから、
紹介会社に採用されにくいという背景があるのではないかという話です。
つまり、本来は30万円くらいの仕事を50万円くらいで契約しておいて、
50万円から派遣した社員の給料を差し引いた分のマージンを会社の利益にしている。
そのマージンが他社よりかなり多いのではないかという推測です。

初学者の自分たちはとても50万円分の働きができるはずがない。
少なくともプログラミング関係の現場に関してはそう言えます。
だから、担当営業は本人のスキルアップしたい意向を無視して取ってくる。
そうしないと、初学者を50万円の契約で送り込むことができないからです。

もちろん、コロナの影響もあるでしょう。
いわゆる「育成案件」はほぼ壊滅状態みたいなので、初学者に厳しい状況なのは間違いありません。
ただ、同僚の推測を信用するかどうかはさておくとしても、
このままスキルアップできないと現実問題として永遠にステップアップできないわけで、
不本意な仕事をして会社に搾取され続けるしかありません。
同僚は、それが嫌なのでもう今年度内には辞めると言っているんですよね。

自分も、忘年会では結論は出なかったけれども、あることが明らかになったら、
それを理由にして今後の進退を決める予定ではいます。
ただ、果たして経験1年でまともな転職ができるのかどうかは怪しいところで、
せめて2年という気持ちも強くあるんですけどね……。
そもそも自分たちは入社して最初の4ヶ月は研修生扱いで給料半分カットされていたわけで、
当然生活費は半分では賄えないので相当貯金が減ったわけですよ。
ただでさえ上京でめちゃくちゃ散財したのに、それに加えてこの4ヶ月は相当ダメージ大きいです。
それをある程度は取り戻してから次に行かないと、本当にただ搾取されただけで終わってしまう。
コロナのことも考えると、現時点での転職はかなりのバッドタイミングであるような気はします。

とにかく、この辺の進退については来年の大きな課題になりそうです。
コロナがどうなるのか、同僚は本当に辞めるのか、独学のモチベを掘り起こせるか……。
いろいろと関連する課題は山積しています。

まぁそんな話はこれくらいにして、4つ目の現場の入場日ですが、
とりあえず朝が地獄でした。
昨夜は00時に起きたと昨日書きましたが、結局あのあと体力切れで05時半にまた寝たんですよ。
そのままぐっすり寝るところでしたが、07時半には起きないといけないので、
うんざりしながらなんとか起きて、会社へ。
テレワークではない物理的な出勤をするのは2020年04月まであった研修以来、実に7ヶ月ぶり。
使う路線はそこそこ混んでいましたが満員電車と言えるほどではなく快適でした。

会社の前で前任者と待ち合わせて、ゲスト入館証を作って広大な敷地の社内へ。
1つ目の現場も業界最大手でしたが、今回も別の業界で誰もが知っているような大手です。
とにかく敷地が広いのでびっくり。

まずはチームが集合して顔合わせ会なるものをやりました。
面談のときも感じましたが、今回の現場はこれまでの現場と違って人は優しそうな印象です。
だからこそ参画を了承したというのもあります。
これまでの現場がそういう意味ではあまり良くなかったので……。

今回自分が任されたのは、社内ホームページの運営。
といってもまさか大企業のwebサイト制作をするというわけではなく(そういうのは大抵外注です)、
社内の人が見る専用の、部署ごとのサイトの運営。
部署ごとにこうして人を雇ってサイトを運営しているという規模感にもびっくりです。
顔合わせ会が終わったあとは、前任者からサイトの構成ややることなどを聞いていました。
11時半に昼休憩に入り、前任者と一緒にこれまた超広大な食堂で昼食を済ませ、
12時から12時半はフリータイムだったので、12時間寝たにもかかわらず爆睡していました。
午後は少しレクチャーの続きをしたあと膨大な資料を読んでいたりしましたが、
ひたすら眠気との戦いでした。

初日の感想をざっくりと述べるならば、
まず前任者はかなりの几帳面です。作業履歴も上長に言われるでもなく独自にまとめあげ、
ファイルログなども完璧に取ってあります。
webプログラミングスキルは業界標準と比べると前時代的ではあるものの、
知っているスキルを存分に活かしているなという印象。
そして、肝心の実務はかなり暇そうです。
もとよりサイトそのものは完成しているのでこれ以上手を加える必要がありません。
更新依頼はメールで来るのですが、それも頻繁というほどでもないらしく。
むしろ、更新依頼以外の雑務の方がメインになりそうな予感も……。
あとこれは余談ですが、新型コロナウイルス対策でこの寒空の中でもドアは開けっぱなしのため、
とにかく勤務中は寒かったです。今後、物入れからヒートテックとカーディガンを探さないと……。

17時半勤務終了。
夕食としてラーメンを食べた以外は一切寄り道せずに帰宅。
帰宅後は年末計画の修正などをしていましたが、眠気を堪えきれず、20時にあえなくダウン。
そしてなんと、次に起きたのは07時でした。起きたときの絶望感たるや……。
仕事して、帰宅して寝て起きたと思ったらまた仕事の時間がやってきてしまったんですからね。
12時間寝てなおも日中眠く、そしてさらに11時間寝てしまうというのはかなり異常ですが、
それというのも20連休の弊害なのでしょう。
20連休以前に、ずーっとテレワークだったので出勤するだけの体力がなくなっているのかも……。
まともな連勤はそれこそ、前職退職前以来ですからね。

まぁそういうわけで、半ば覚悟はしていましたが、
当面は平日は何もできない日々が続きそうです。とはいえ年内は今週だけの辛抱ですけどね。

0

コメントを残す