#6266

三十路の集い


今日の出来事

四連休もどき2日目。01時就寝09時半起床。
2日目の今日は半自習テレワークでしたが、モチベは低いので低燃費でやり過ごしました。
これで満額給料が出るのはまあありがたいことではあるのですが、
退勤が19時、緊急事態宣言で店が閉まるのが20時となると、
カフェで勉強なんてできないどころか、外食の選択肢も限られてくるのが難点です。
なので金曜日はわりとテイクアウトで夕食を済ませてしまうことが多いですね。
今日はギリギリ外食が間に合ったので外食で済ませましたが。

コロナとの戦いも、現在は第三波の終盤(?)といったところですが、
庶民というよりも医療現場の頑張りの方が大事になってきた感がありますね。
今週の東京都内新規感染者数は軒並み500人以下に抑えられており、
当面の目標であった「500人」を下回ることができています。
感染拡大の主要原因が飲み会であることを突き止め、
それを政府に提言した尾身先生ならびに分科会は本当に有能だと思います。
実際に20時以降の飲食店閉店はテレワークや時差出勤よりも効果が大きいんだそうです。
第一次緊急事態宣言のときと違って経済を完全に止めていないというのも大きいですよね。

しかし、都や政府は緊急事態宣言早期終了はまだ考えていないといいます。
それは新規感染者数がどうこうというより、医療現場がいまだに逼迫しているから。
重症者の患者は一度入院するとしばらく続くので、その間ずっと現場を圧迫します。
先月から今月にかけての重症者数の増加にまだ病院が対応できていない状態なので、
重症者数が退院して病院に一定の猶予ができるまではまだ時間がかかりそうです。
いまは、いわば「重症者の退院待ち」みたいな状況なのだと思います。

だからといって、この状況で新規重症者を増やすわけにはいかないので、
引き続き自粛が大事なのは間違いないんですが、
新規感染者数が減ったからといって
すぐに緊急事態宣言が解除されるわけではないので期待は禁物かなと。
ちなみに、解除の本当の目安は6つの指標でステージ4未満になることとされています。
現在の都道府県別指標一覧(日本経済新聞)を見ると、とても解除どころではないのがわかります。
退院数は時間差でこれから増えていくと思いますが……果たして03月07日に間に合うのか。
いや、個人的にはせめて今月末で解除してほしいと思っているんですけどね……。

ところで今日、ネットの某所で30前後の人たちと集まって雑談会をしていました。
ニート、フリーター、社畜、ホワイトカラー、投資家、既婚などなどさまざまな人がいて、
価値観も人それぞれ、30代になるのが嫌で嫌で絶望しているという人もいれば、
やっと社会的地位も上がってきて人生楽しくなってきたという人もいました。
自分が「ゲームをやる気力が無くなったよね」と言うと、
「わかる。買うだけで全然やり込まなくなった」と言う人もいれば、
「いちおうまだ積まずにやってるけど長時間ぶっ通しでできなくなった」という人もいました。
あと、最近この世代で特に多いのがNISAやiDeCoといった長期投資の話で、
自分も二年前からNISAをしていてこれまでに8万円ほどの利益を出していますが、
上には上がいて1200万円ほどの資産を形成しているという人もいました(本当か疑わしいけど)。
一方、貯金はまったくしていないという人も一定数いました。
なお、この20代の貯金の中央値はなんと5万円です。
(参考:家計の金融行動に関する世論調査、金融広報中央委員会、2019年)
日本の若者の半数以上はほぼ貯金できていないという実態は驚きますよね……。

あとこの世代特有の悩みごととしてはやっぱり「結婚できる気がしない」というのが最多で、
次いで「運動能力が落ちたから運動しないと……」という悩みもあり、
あとは「結婚や地位などの格差によって同世代と話す機会がどんどん減っていく」
というのもなかなか深刻のようでした。
周りはどんどん結婚、昇級していって気が付けば独身でペーペーなのは自分だけ……
そうすると心の拠り所となる同じ地位の友人という存在がなくなり、ますます孤独を極めてしまう。
結婚、昇級した元友人とは価値観がどんどん離れてしまうのだそうです。
そういう悩みを持っている人がわりと散見されました。
自分も、学生時代以前との縁はほぼ全部切れたといっていい状況なので悩めるヒツジの一人です。
幸い、上京後に一緒に遊ぶ相手はできましたが、
彼らとは別に現場が同じというわけでもない以上、頻繁に話すわけでもないですし。

その悩みはどうしたら克服できるのか?
ある人の提案によると、都市部では同じ悩みを持っている人が大勢いて、
そういう人を対象にした趣味のイベント等に参加することで仕事以外のコネを作っているんだそう。
考えてみれば東京は上京者によって成り立つ超巨大な田舎町なわけで、
自分のように地元を離れて知り合いゼロで生活をリスタートする人は少なくないわけです。
需要があればそこにビジネスがある。そういう人が集う催し物があるのは考えてみれば当然です。
前々から気にはなっていましたが、コネ作りにそういうのに参加するのもいいかもなと思った次第。
ただ、いまはコロナで厳しいと思うので、せめてワクチン接種後ですね、行くのは。
『独学大全』にもあった会読なんて、まさにぴったりのイベントだし探せばありそうですが。
いまのところコロナでまったく活かせていませんが、
この辺はせっかく手にした東京に住んでいるという利を活かしていきたいところです。
ただ難点として、コネ作りには相応のコミュ力が要るんですよね……。
自粛生活を長く続けている自分にそれが備わっているのかどうかは甚だ怪しいところがあり、
最初の一歩を踏み出すのはかなり勇気が要りそうな気がします。

まぁ、緊急事態宣言のいまは無縁の話なんですけどね。ワクチンはいつになることやら。
あー、温泉行きたい。

0

コメントを残す