#6276

二十年後の姿


web制作

以前……といっても11ヶ月も前なのですが、親に「ホームページを作ってほしい」
という依頼を受けたという話を書きました(#5930『初めてのお客さん』2020年03月15日)。
たしか次回の帰省時に詳細を聞くという話になっていたと思うのですが、
当時は(第一次)緊急事態宣言とその延期により帰省のスケジュールは二転三転して、
やっと帰省が実現したのは06月になってからのことでしたが、
その頃にはweb制作依頼の話もうやむやになってしまったのか、何も話しませんでした。

ところがそのタスク自体は立ち消えになったわけではなかったらしく、
なんと親が自力でサイトを作ったそうなんです。
「ホームページビルダー」を使って。久々に聞いたわその名前。
ところが、お問い合わせフォームの送信がどうしてもうまくいかない。
もう丸三日悩んでおり、サポートセンターの人と長時間格闘しても解決できなかったので、
なんとかできないかと自分にお鉢が回ってきたわけです。
聞いた感じだと、まずフォーム送信プログラム本体はCGIで作られているらしい。
しかしそれをどうやって動作させればいいのかがまったく分からないのだそうです。

自分もCGIって言葉をやりとりしたのも13年ぶりくらいなのでできるか怪しいです。
そんなのを、htmlも知らない親世代ができるわけがない。
いろいろアドバイスをしましたが電話越しで明確な解決ができるはずもなく、
明日もう一日粘ってみて、それでできなかったら自分に丸投げしてもらうように言いました。

ていうか、なぜ最初から自分に依頼してくれなかったんだろう。悲しい。
いや別に自分のプライドなんてこの際どうでもいいんですが、
ホームページビルダーって27,500円もするんですよ(ダウンロード版の場合)。
いや、親のことだから28,215円のパッケージ版を買っている可能性すらある。
それをなんで買ったのか聞いたら、サポートセンターに相談したらそれが一番良いと言われたと。
こうやって老人は騙されていくんですね……。
そして自分の親がもう騙される側の年齢になっていることを思い知る……。
そのうちSMS詐欺とかに引っかかるんじゃないだろうか。

一切コードが書けない人でも、
WordPressをインストールするだけで全部済む話なんですよね。
WordPressがダメならJimdoもあります。
とにかく有料の、それも3万円近くのソフトを小さな個人サイトに費やすなんて狂気の沙汰です。
まぁでも、本当にイマドキのIT事情が分からない一般人には、
WordPressのインストールもそれなりにハードルが高いというのは分かりますが……。

ちなみにサーバーを立てるときにも相談されたのですが、
最初は「店員に『最低でも月1,500円はかかる』と言われた」と言っていました。
いやいや、ロリポップなら月250円で行けるし、なんなら無料のもあるから……。
情弱をカモにする酷い商売もあるんですね。

ちなみにいちおう擁護しておくと親は別にITリテラシーがそこまで低いわけではありません。
100万円以上するパソコンを買い、ダイアルアップの時代からインターネットに繋いでいました。
1990年代のパソコン事情には相当強いと思います。
ただ、いまの時代はもう情報量が多すぎてついていけない、
ついていくのをどこかで諦めたのでしょう。
そう考えると、自分も何の苦も無くネットできる時期はそんなに長くないのかもしれません。
自分の二十数年後の姿がいまの親の姿と思えば、
ざっと20年後にはもうまともに最新ツールを扱えなくなっているかも。
仮にいまの技術を使い続けていたとしても、未来のパソコンがそれに対応するとは限りません。
果たして見限られた技術をアップデートすることはできるのか……。

いや、その前に変わりゆくネット文化についていけるかどうかも心配。
現状すでに「Clubhouse」のような2020年代文化にはついていけてないし。
ゲーム実況だって着手したのは流行り始めてから12年も後だったし。
そっちの面で脱落する方が先かな……。
まぁ自分はSNSを失ってもブログがあるのでその点ではダメージは少ないですが。

なんか当たり前のように老後もブログやってるだろうなぁとか考えていましたが、
親を見るにそのハードルはかなり高いと見て良さそうです。

とりあえず自分のところに依頼が来たら、
ホームページビルダーのテンプレートは全部壊して作り直し、
メールフォームはWordPressないしPHP直書きでなんとかしたいと思っています。
明日、もう一度問い合わせするそうでそこで解決すれば自分のところには来ないですが、
今のところそこで解決するかどうかは微妙そうな予感がします。

今日は02時就寝07時15分。月曜日に限っては寝起きの絶望感は不変です。
朝はバスに乗っていたら前の乗客でPasmoのリーダーでタッチエラーが発生して、
エラーのまま処理がループしてついに壊れてしまうというレア案件に遭遇しました。
結局残りの乗客は全員運賃タダということになりましたが、
運転士からしてみればたまったものではないでしょうね。
なんでタッチエラーだけで使い物にならなくなるんだと。

帰りは同僚から電話が来ていたので今度のゲーム会についての予定を詰めていました。
ぷよテトも提案してみましたが「とりあえずやってみましょう」ということになりました。
あとはボードゲームなどの準備もしないと。

それから今日は一次請けの上位会社(先日寿司をおごってもらった会社とはまた別)の、
ちょっとだけ信用を損なう出来事があったのですが、
まだ自分の一方的な思い込みという可能性もあるのでこれについては保留しておきます。
いまの現場は辞めるとしたら仕事に飽きるか、人間関係に亀裂が入るかのどちらか。
まだバスの定期も残っているいまはなるべく辞めたくないと思っているのですが……。
個人的にはやっぱり同席している他社の人への不信感が半端ないんですよね……。
まぁそれについての愚痴はまたいずれ。

0

コメントを残す