#6306

卒業二十年


今日の出来事

約9年前の記事〈#2952『タイムカプセルを開ける会』2012年03月17日〉によれば、
自分は小学校卒業当時、十年後の03月23日の自分宛に手紙を出したそうです。
いや、手紙が入っているかどうかも定かではありませんが……。
とにかく、なんらかの封筒をタイムカプセルに詰め込んで、
9年前のちょうど今頃に新校舎でクラスメイト全員分のそれを開けました。
自分は出席して、旧友の何人かと会ってきて持ち帰ったのですが、
その中に遊戯王OCGのカードを入れたことをまだ覚えていて懐かしみに欠ける、
あと9年前当時の自分がまだ大学院生で仕事もしておらず、
おそらく小学生の自分の期待を大いに裏切るであろうという理由で、
もう9年、つまり小学校卒業20年後に開封しようと思い片付けました。

そしてその20年後が今日です。
もう何が入っているのかはブログに書いてしまったので忘れようがないのですが、
さすがに同窓会すら9年前ということで中身が気になってきました。
というわけで今日はいよいよ開けてみようと思ったのですが……。
自宅のどこを探してもありませんでした。
どうやら、引っ越しのときに持ってこなかったみたい。
私財は全部ダンボールに詰めて、ほとんどのダンボールは持ってきていたと思うのですが……。
というわけでまたしてもお預けになりました。
20年前の自分よ、すまん。ちょうど20年後に開けることはできなかったよ。

まぁ、もしも遊戯王OCGだけでなく手紙も入っていたら大いにショックを受けるでしょう。
小学校当時って、まだその後六年自分がどういう人間になるかまったく予想していない時期ですし。
そして中高生の自分だって自分が大学・大学院であんなに落ちぶれるとは思っていなかったでしょう。
とにかくこの人生は落ちて落ちて、落ち続けていまやっとここにいるわけで。
思い描いていたステージとの高低差たるや、もはや見上げても見えるのは壁ばかりです。

そんな地獄の釜の底みたいな現実から見た20年前の自分は、どんな風に映るのでしょうか。
実際読んでみると、「ああ、このときから落ちぶれる片鱗はあったな」とか思っちゃうのでしょうか。
それとも「このときはまだ人生を見誤っていなかったな」と激しく後悔するのでしょうか。
わかりませんが、とりあえず今日は読めなかったのでわかりようがありません。

幸いにして今週末実家帰省予定なので、
実家に行ったときにチャンスがあればそこで読み、実家で読むのもちょっと……と思ったら、
持って帰るかダンボールごと自宅に発送して帰宅してから読もうと思います。
ブログに晒すかどうかはわかりません。完全に内容次第です。
でもなー、当時の自分って完全にゲームのことしか考えていなかったからなぁ。
あんまり期待しない方がいいのかもしれない。

さて今日は00時就寝07時15分起床。
昨夜はブログ執筆後にアルコールもまだ摂取していないのに猛烈な眠気を感じ、
そのままダウン……したところで電話が鳴り、
しかしさすがに眠かったので相手には明日話そうごめんと返してそのままノックダウンしました。
アルコールなしで眠れたのは久々ですが、なんの予兆もなかったので驚いています。
強いて言えば睡眠薬をちょっと早めに飲んだことですが、それだけでこんなに効果出たっけ?

起床後のツラさは相変わらずでしたが、日中の眠気はかなり少なかったように思います。
アルコールも現在は度数4%のチューハイ1缶にセーブしているので、
そんなに極端に差は出ないと思いますが、それでも飲まない方がやっぱり睡眠の質良いのかな。

退勤後はスーパーで買い物をしたかったので自宅最寄り駅まで行き、
カフェやマックには行かずに直帰。ひたすら『』をプレイしていましたが、
総合的にはあまり調子の出ない一日でした。
1セッションだけ、奇跡の4キルを達成したのですがその後弾薬不足で無残な死を遂げました。
なんというか、撃ち合い云々よりも前に、
「撃ち合いになる前の立ち回り」というのをもっと学習する必要がある気がします。
なんというか正面から脳死で突っ込むのではなく、敵、味方、立地など周囲環境を客観的に評価して、
自分は何をするのがベストかをすばやく計算する能力が求められるんじゃないかな。
特にこのゲームはチーム戦で、「2対1は勝ちやすい」という歴然たる事実があるので、
要はこっちが多数側になるような状況に持っていってしまえばいいわけです。
まぁ、言葉では説明できても、これを実行するのはなかなか難しいとは思いますが。
特に野良戦だとなおさら厳しい。

あと、武器の選択も非常に悩ましいですこのゲーム。
初キルを取って以来、「R-301」が強いという評価は揺るがなかったのですが、
どちらかというとそれは、バレルスタビライザーというアタッチメントがあってこそみたいです。
反動(リコイル)を制御できないと、もうとにかく当たらないのなんの。
なので、バレルスタビライザーが手に入らない場合は「R-301」以外の武器を優先する方がいいかも。
あと、基本的にアサルトライフルなどの中距離武器は一挺持っておきたいのですが、
このゲームは二挺までしか持てないので、もう一挺を何にするかがめちゃくちゃ悩みます。
近距離ならショットガンが無難で、これは終盤にわりと役に立ちます。
しかし、いつも近距離戦が発生するわけでもない。
中盤はむしろ、遠距離の相手を狙撃したいケースも多く出てきます。
その場合はスナイパーライフルの出番というわけですが、ショットガンを持っていたら持てない。
どちらか取捨選択しなければならないわけです。

中盤までスナイパーを持っておいて、
ラウンド4くらいまで生き残ったらショットガンに持ち変えるのもアリかもしれませんが、
このゲームは各武器種に固有のアモ(弾薬)を使わないといけないため、
そうなると中距離武器用とショットガン用とスナイパー用のアモを全部集めなければいけません。
そうそう都合良くアモが集まるとも思えないので、この作戦はけっこう無理があります。

この辺は、おそらくボイチャありの固定メンバーとのセッションであれば、
「味方のうち誰か一人がスナイパーを持つ」という役割分担でクリアできると思いますが、
野良戦だとそれもできないのでなかなかツラいですね。
ランクマッチに潜っている猛者は、その辺のアイテム管理をどう考えているんだろう。
この辺は『フォートナイト』には無かった要素ですね。
あっちはたしか武器とその他アイテム混合で合わせて5個までだったので、
武器を3挺以上持つこともできたはず。

そんな感じで駆け引きと立ち回りの奥深さが半端ではない『Apex Legends』ですが、
欠点もあります。それは課金圧が弱すぎること。
『フォートナイト』はエモートなどを買うという課金理由がいちおうありましたが、
こっちはロビーで踊ることができません。いちおう落下中に踊ることはできそうですが。
あと、スキンもあんまりユニークなものがない。
もともとのレジェンドたちが個性的というのもありますが、
あんまり着せ替えしようとは思わないです。
もっと上達してレジェンドに愛着が湧いてくればまた違った感じ方になるのかな。

と、バトロワゲームについて語り出すと止まらなくなってしまうので今日はこの辺で。
今日は執筆後にぶっ倒れるような感じでもないのでいつも通りお酒呑んで寝ます。

0

コメントを残す