#6315

想定外の価値


デジモノ

帰宅後にぶっ倒れてしまったのでブログは後日投稿です。
ちょっと帰省以来睡眠リズムが不安定気味ですかね。
日曜日の夜に夜ふかししてしまったのが一週間ずっと尾を引いているというか……。

そういえばその帰省で見つからなかった例の小学校卒業記念タイムカプセルですが、
結局東京の自宅マンションにありました。
自分の記憶だと卒業記念品は単独でダンボールに入れたとばかり思っていたのですが、
実際にはタイムカプセルだけは2003年以前のアナログノートと一緒に入っていました。
ダンボールの中身を表示したラベルも「ノート」しか書かなかったので気付きませんでした。

というわけで無事に見つかったわけですが、
いまここで開封していいのかは微妙なところですね。タイミング逃してしまったし。
うーん、でも20年目の節目だしここで開封するしかないか。
もう04月に突入してしまったので卒業後二十周年という雰囲気は薄れてしまいましたが、
今後改めて開封日を決めて開封したいと思います。

あとここ連日自分を悩ませているiPadですが、
いますぐ入手できる最後の手段を思いついてしまいました。
それは去年当選した遊戯王OCGのレアカードを売ってしまうという方法。
相場を調べてみると、大手カードショップの買い取りで25万円とのことなので、
安定して売れる手段でも20万円以上の大金を手に入れることができます。
ただ、フリマ&ネトオク市場ではもう飽きられてしまったのかほとんど買い手が付かず、
登場当時の40万円という値で売れる見込みはなさそうです。
こうなることを想定できていればあのときさっさと売ったんだけどなぁ。
市場が再注目されるタイミングをじっくり待つしかないのか。

とはいえ、やはりコレクションは手放したらそれでもう終わりなので、
ここで物欲のために手放してしまっていいのかは考えどころです。
25万円って高額のように聞こえますけど、
仮にiPadを買ったら17万円の本体に加えてケースにペン、フィルムでほぼ全額飛びますからね。

あと、いまは投資バブルでお金をつぎ込めば勝手に増えていく時代なので、
価格変動が落ち着いてしまった遊戯王OCGという形のまま資産を抱えておくのではなく、
株に替えてしまって安定して増やしていくという考え方もなくもないんですよね。
いまの自分の投資信託は2年で1.3倍に増えているので、
25万円を投資すれば2023年末には33万円になっているわけです。
これは、おそらくカードをそのまま抱えているよりは利益が出る可能性は高いと思います。
もちろん、これは希望的観測でしかなく、
カードが高騰する可能性もあるし投資バブルが終わる可能性も十分ありますけどね。
特に投資の方は、コロナによる影響も大きいと思うので、
コロナが落ち着いたら逆に下がってしまう可能性もあります。だからこそ悩ましいわけです。

そういう諸々を考えると、
やっぱりiPadは生活費を根気よく切り詰めていって、
投資貯金とは別枠のお金で買う正攻法が無難なのかなーと思ったり思わなかったり。

iPadに何円分の価値を置くかもまだ自分の中では確定できていないので、そこも悩みどころです。
たとえば、現行サブPCが破損したり、
経年劣化によってまともな作業できなくなったりしてこのままではノマドワークができない。
それで何らかのタブレット端末を買わざるを得ないということであれば、
貯金を崩すなりカードを売るなりしてとにかくお金を用意して買うべきだと思います。
でも現状はそうではないんですよね。
もちろんSurface Goにスペック不足を感じることは多々ありますが、
決して必要な作業ができないというほどでもない。
むしろプログラミング作業においてはWindowsの方が現状優勢なわけで、
そこに果たしてiPadを選ぶ理由はあるのかという迷いはあります。

とはいえ、実は先代iPad( Air、2013年購入)を買ったときは
きっかけは些細なことで、必要性や合理性はそんなに重視していなかったけれど、
結果としてできることがいろいろ増えたので買ったことを後悔しませんでした。
当時のブログを読み返すと、iPad Airは寝室でのブログ執筆等軽作業を目的としていたみたいです。
そして実際にその作業は、実家帰省中で1回しかしませんでした。
それよりもむしろiPadは購入前に想定していなかった使い方、
『Deemo』などのタブレット向けゲームをプレイしたり、電子書籍を読むようになったり、
サブスクで動画を観るための端末として大いに活躍しました。
新しいタイプのデジタルガジェットは、
自分の想定していない幅まで可能性を広げてくれるところに魅力があると思います。
想定している使い方だけでは値段相応でないことは当たり前なんですよね。

なので、現状iPadは現行サブPCがまだ現役である以上すぐ買う理由はない、
けれどその可能性を考慮すると買わない理由もまた無いという結論に至ります。
ただ一人暮らしをしている以上はお金は合理的に使わなければならないので、
想定もしていないことに17万円を使う勇気はないというだけの話です。
実家暮らしでお金が有り余っていたらとっくに買っていたでしょう。

まぁ、いずれは買うと思いますが、どうなるかはわかりません。いまは決定打がない状態です。
MacOSとの統合が発表されればカードを売ってでも欲しいとなるかもしれないし、
それ以外の臨時収入があれば統合されてなくても買っちゃえとなるかも。
逆に、ノマドワークを発展させていった先に、
Surface Goでなんだかんだ十分だなという結論にも至るかもしれません。
いまは自分のことながら全然先行きが見えない状態ですね。どうなることやら。

0

コメントを残す