#6359

泡沫資産


今日の出来事

04月17日に開設してしばらく放置していた仮想通貨口座ですが、
ようやく今日、お金(日本円)を入金してみました。
例の電気自動車大手社長イーロン・マスクの発言により仮想通貨全体が急降下しており、
いまが買い時なのではないかという判断です。
むろん、参入するには遅すぎるというのは十分理解しています。
億り人になれるなどとは思ってなく、目的はあくまでも小銭稼ぎを兼ねたお金遊びです。
そもそも自分のメイン投資プラットフォームは株(積立NISA)なので。

億り人になれない理由は計算すればすぐにわかります。
ビットコイン(BTC)がたとえば500万円から700万円に値上がりしたとして、
うまく500万円のときに買い、700万円のときに売り抜けたとします。
このときに仮に本当に「1BTC=500万円」買っていれば純益は200万円ですが、
5万円ならその100分の1、つまりたったの2万円です。
要は元となるお金がそれなりの額でないと、純益もショボくなるわけです。
当たり前といえば当たり前のことなのですが。

自分も100万円くらい遊べるお金があればいいのですが一人暮らしの身だとなかなか難しく、
投資金額との割合で考えると、ビットコインが急騰したとしても
ただちにお金持ちになれるわけではありません。税金や手数料もありますし。
また、仮想通貨は今のところギャンブル的な側面が非常に強く、
イーロン・マスクの発言ひとつで急降下するなど市場は完全に予測不能です。
投資信託のようにある程度手堅い投資なら数十万円規模の運用もまあ受け入れられると思うし、
実際にいま自分も投資信託に数十万円入れていますが、
同じことを仮想通貨にできるかと言われるとかなり厳しいですね。
2018年みたいに、数百万円だった市場価値がある日突然10分の1になることもありえるわけで。
100万円投じて10万円になって戻ってきたら泣けます。

個人的には、もうすでに成熟してしまったビットコインよりも、
それ以外の仮想通貨に注目しています。イーサリアムとかリスクとか。
価格推移を見ればわかりますが、たとえばイーサリアムなんかはとても順調に高騰しています。
あとは名立たる著名人がビットコインのマイニング制度に対して
環境配慮への懸念を示しているなか、マイニングをしない通貨は将来性があるとも言えます。
そういう諸々の状況を考えると、
今後はビットコインよりもむしろ他の通貨が注目されるんじゃないかなと。
なのでここでビットコイン以外の仮想通貨をホールドしておけば、
遠い将来うまい思いをするかもしれない……という期待がないわけではありません。

まぁ、あとは仮想通貨は単位未満株(いわゆるプチ株)と違ってリアルタイムに売り買いできるので、
単純にスマホ依存を逆手に取ってマネーゲームを楽しむのもアリかなと。

仮想通貨に関しては、一時期日本政府がデジタル円を発行するとか、
貨幣の信用が低いインドを中心に今後は仮想通貨が既存通貨を置き換える流れになっていくとか、
2010年代にいろいろと未来のお金の立役者として注目されてきた経緯がありますが、
2020年代に突入してからは、単にお金持ちの投機対象としてのみ扱われているような気がします。
それはもちろん新型コロナウイルスという大災害による影響が大きいのでしょうが、
だからこそ今後はどうなるかいっそう予測不能なんですよね。
コロナが落ち着いたとき、果たして投資バブルは弾けるのか否か……。

今日は03時就寝13時起床。
いつもは午前に行っている皮膚科に今日は午後行きました。
結果的に受付開始までに2時間半、行ってからも1時間半くらい待たされて終わったのは17時。
貴重な休日を浪費してしまった感がすごいですが、これでも待ち時間は少なかった方です。
終わったあとは20時少し前までカフェに居座って本を読んでいました。
結局、ゴールデンウィーク中に買った本はあまり実入りがなさそうなので途中で断念して、
今年の課題図書として位置付けている本に取り組むことにしました。
これは読書録にまとめるのはかなり時間がかかりそうです。

帰宅後は音楽整理などをして、だらだらブログを書きつついまに至ります。
このあと22時からは3時間ほどApexをやる予定。

0

コメントを残す