#6377

ブログの不必要性


web制作

なんかここ最近、自分の中で急激にブログというもののオワコン臭がすごいです。
いままでにも何度も存続危機というのはあったので、
そういう意味では特に珍しくもなくただモチベーションが著しく下がっているだけなのですが、
今回は複合的な要因もあるような気がして、なかなか抜け出すのは難しそう。

要因のひとつは単純に書く時間がないということですね。
仕事とApexで23時まで束縛されており、
00時までには寝たいのでお風呂歯磨き皿洗い等々の合間にブログを書く時間が20分くらいしかない。
時間制限のあるブログは心理的障壁もあって書きたいことを書けません。
書きたいことを書けないと、結局それはもうただの作業なんですよね。
そして「何のためにブログをやっているんだろう……」という気がしてくる。

もうひとつは承認欲求の減衰です。
なんか、ここ最近の心理の変化で承認欲求が消えました。
他人に認められるために頑張ろうという気力がなくなり無気力になったと感じます。
これはApexを常日頃からやっていることで承認欲求が満たされているのかもしれないし、
ただ単にネット活動を休止しているがゆえにそういう気が起こらないのかもしれません。
しかし、いずれにしろ承認欲求というのはアウトプット活動の原動力なわけですよ。
このブログも1割くらいは他人に読まれていることを想定して書いていて、
誰かが読んでくれているから書こうという気持ちもなくはないです(少ないですが)。
ただ、いまはその気持ちがもはや完全に無くなろうとしている。
他人に読まれなくていいのであれば、そもそもブログを公開する理由がありません。

それから、悩みごとが減ったのも大きいですね。
いままでの自分といえば常に何らかのネガティブな悩みごとを抱えていて、
それを言語化してブログに書き込むことで悩みを反省、そして教訓に昇華していくことで、
ブログが人生の糧であり続けてきたという経緯があります。
ただ昨今はそもそも悩まないので、思いを言語化する必要がない。
そうなるとブログも無用の長物となってしまうわけです。

基本的には、これら全部生活や精神が安定しているからこそだと思っています。
だからこそ、精神不安定な自分にとっての支えであったブログが不必要になりつつある。
もちろんこのまま永遠に精神が安定し続けることなどありえないので、
長期的に見るといま精神安定しているからといってブログを辞めるという選択肢は無いのですが、
ただ、精神が安定している状況下でのブログ運営はどうするのがベストか分からない状況です。
そもそも書く時間がないのでこうして思いつくままに雑記を書くしかないという……。
これを今後もずっと続けていくのは不毛のような気がしなくもない。

まぁ、とりあえずまた精神不安定になったときのための自己投資として、
もうしばらくは書き続けましょうかね。
精神安定してなおかつブログを楽しく書くことができればそれが一番いいんですけどね。
ちょっとその方向も探っていきたい今日この頃です。

0

コメントを残す