#6417

種なし通販


文化

コロナ禍になって良かったなんて言っている人はいないでしょう。
パンデミックは本当に大変な出来事だと思うし、数十年後には歴史の教科書に載るはずです。
しかし一方で、これはコロナを肯定する意図は決してないのですが、
「コロナ社会」に恩恵を受けている人というのも少なからずいるように思います。

大都市では、満員電車がないことなんかはその筆頭ですね。
あとは飲食店・カフェ等でのソーシャルディスタンスによって隣の人との席が離れているので、
他のお客さんを気遣わなくても座ることができるとか。
あとは女子なんかはマスクが当たり前になったことで気合いを入れて化粧しなくてもよくなり、
そのぶん気が楽になったなんていうこともあるかもしれません。

自分なんかは、20時までの時短営業が生活リズムの調整や習慣付けに役立っていると思います。
もし通常営業だったら、カフェ等でダラダラと過ごしていたかもしれないし、
それによって帰宅時間が遅くなり、就寝時間も後ろにズレているかもしれない。
でも20時閉店だとカフェに居られる時間が限られているのでメリハリが付けられるし、
帰宅時間も一定なのでリズム良く一日を過ごすことができます。
実際にここ3ヶ月くらいは、毎日が規則正しく流れている感じがします。
まぁ、その代わり例外的に頑張ることが皆無になりましたが……。

このようにコロナによってもたらされた新しい常識が多くの人に認められれば、
もしかするとアフター・コロナ時代も文化として残っていくのかなと思ったりもします。
時短営業に関しては、ずっと続けていたら飲食業界が死んでしまうので
緊急事態宣言が解除されたらすぐに元通りになるとは思いますが。
……でも、もう長らく20時閉店が続いている気がする。たぶん今年に入ってずっとですよね。
そういえば今回の第四次緊急事態宣言はやたら長いんですよね……。
この調子だと、それすらも延長の可能性も否定できませんね。この生活はいつまで続くのやら。

さて今日ですが、多肉植物関連で進展が2つありました。
まず、いよいよ多肉植物の種を購入するべくショップを探し回りました。
ラズパイやらLEDライトやら、周辺機器の方にやたら時間がかかってしまったので、
植物そのものを探すのは本当に今更感があるのですが、なんと……

在庫がない。

いや、完全にというわけではないですが自分のほしかった品種はほぼ全滅ですよ。
あ、自分は苗ではなく実生から育てようと画策していまして、
すなわち探しているのは「タネ」ということになり店はかなり限られてくる現実はあります。
しかしそれでも、まさかここまで厳しいとは。
いろいろ検索して、ドイツの多肉植物の種専門サイトにも行き着いたのですが、
そこにすらお目当ての品種は揃っていませんでした。
ちなみに、個人輸入で植物(の種)を買う場合、検疫などでいろいろと時間と金がかかるそうです。

まぁ、一日で探し回れるほどネットショップが数少ないとも思えないので、
もう一日くらい今度はマイナーなショップも含めて探してみたいと思います。
それでもダメな場合は品種を妥協して在庫のある別の品種にするか、
あるいは実生からの栽培を断念して苗を買うかですね。
そもそも種から育てるのは初心者には難しいっていうし、後者が無難かな……。
でも、発芽の喜びから栽培をスタートしたいこだわりもあるんですよね。難しいところだ。

あともうひとつ、予想より一日早く海外からラズパイが届きました。
……が、当然のように再配達となりました。
UPSという聞いたことのない配送業者なのですが、平日のみで17時までしか対応してないとのこと。
一人暮らしの社会人は詰みです。
ただ、救済措置として2回目の配達時に不在票に署名をしてドアに貼っておくと、
そこに書かれている指示の通りの場所に荷物を置いていってくれるそうです。
その代わり、盗難などの保障はなし。
ちょっとリスキーですけどこれを利用する他仕方がないですね。
まぁ置き配も普及してきている世の中ですし、玄関前のものをパクられることはないでしょう。
それよりもちゃんと2回目の配達に来てくれるのかが心配。
3回目も不在で持ち帰ると海外に送り返すそうで、20,000円弱が無駄になってしまいます。

うまくいけば明日、ラズパイが手元に届くことになりそうです。
ただ本格的にいじるのは週末になってからになると思いますが。

今日は02時就寝07時40分起床、あえて遅刻しないギリギリの電車に飛び乗りました。
ただ、これだと電車からバスへの接続がギリギリで走らなくてはならないこともあるので、
一本前の電車に乗るのが諸々考慮すると無難な気がします。
業務中はとにかく平和でした。閑散期なのか仕事が少ないのでしばらくはのんびりできそうです。
今週耐えれば来週は4連休なので、そこに向けて頑張っていきたいところ。

0

コメントを残す