#6477

深夜の小さな水族館


今日の出来事

昨日書いたiPad用テキストエディタ「Scrivener」ですが、
職場近くの駅の書店に入門書があったので(そんなのあるんだ……。)立ち読みしてみたところ、
目標文字数の設定など興味深い面白そうな機能はあったものの、
自分が求めている用紙レイアウトの変更などはできないようで、
これなら自分のニーズの範囲だと
iPhoneでも愛用している「Drafts」でも同じことはできそうな気がしました。
無理に高級テキストエディタを買わなくてもいいのかなーという感じ。
あとは「Ulysses」がどこまでできるのか……。
それから自分がタブレットのテキストエディタにどこまで求めるかですね。
ブログ執筆以外にも使い、例えば串刺し検索をしたいのであれば「Drafts」では若干役不足な気が。

ちなみにいまiPad Airの「Drafts」(レガシー版)で試してみたところ、
自分が希望する1行あたり90文字の設定はフォントとフォントサイズ変更で実現できました。
が、禁則処理ができていないので厳密にはこれでは理想の執筆環境になりません。
そういえば、禁則処理も必要なのか……と始めて気付きました。
「Any Font」辺りを駆使してフォントを変えればなんとかごまかせないだろうか?
禁則処理となると、いずれも海外産の「Drafts」や高級テキストエディタは厳しいかもしれません。
それとも最新アプリはその辺も対応してくれているんだろうか?
この辺まで考慮すると、最終的にはMicrosoft Wordに行き着くような気がする……。

もう大分前ですが、上京したての去年春ごろにも一度Wordは検討したことがありました。
そのときはタブレットではなくメインPCのエディタとしてですが。
OfficeシリーズのサブスクはiPadOSを含む5端末まで適用することができるので、
1アカウント契約すればメインPCでもiPadでも無難なエディタであるWordを使うことができます。
1行あたり文字数も指定でき、リアルタイム保存もできるし、
ついでに最新版のExcelやPowerPointも使えるし、これが無難な気がしなくもない……。
まぁ、いずれにしろiPadを買うのはもう少し先なのでじっくり悩みたいと思います。

今日は01時就寝07時43分起床ですが、03時半ごろに一度中途覚醒しました。
やや覚醒感があったので大丈夫かなと思いましたが、無事に二度寝することができ、
日中の眠気もそこまでではありませんでした。
中途覚醒しても、そのあと眠ることができれば概ね問題ないと言っていた
かかりつけ医の言葉は正しいのかも。

帰宅後は、すみだ水族館と京都水族館のコラボ企画「まいにち水族館」の第一弾である、
オオサンショウウオを見ながら寝落ちするという深夜のオンライン水族館見物企画、
「ねむリウム」を試聴していました。
というかいままさに試聴しながらブログを書いています。
生きている化石としても著名なオオサンショウウオですが、よく見るとかわいいですね。
特に、その図体のわりに短い手足が。
狭いところが好きらしく、何重にも重なり合って身を寄せ合っているのも面白いです。
飼育員さんの話によれば、一番下が「特等席」だそうで。
ちなみにオオサンショウウオは両生類で肺があり息継ぎをしますが主に皮膚呼吸をするので、
かなり長い時間水中にいることができるそうです。なぜ水棲なのに鰓呼吸に進化しなかったのか……。

水槽を見ながら寝落ちはちょっと難しいですが、
水槽のライブ動画を流しながらの軽作業はかなり捗るかもしれません。
ながら作業の材料は長年音楽で定着していますが、この辺もいろいろ試行錯誤してみたいものです。

そんなこんなで、明日も先週と同じくテレワークという名の自習なので半分休み感覚。
先週は金曜日を実質捨ててしまいましたが、今週はできれば捨てずにしっかり活動したいところです。
土日は今週もwebプログラミング作業に勤しむ予定。

コメントを残す