#6520

車輪の必要性


今日の出来事

自分はたぶん、好奇心の強さには恵まれていると思うんですよ。
ただ悲しいかな行動力がない。
ゆえに、大事なのはいかにして的を絞るかだと思っています。
あれもこれも興味がある、というような状態では動くことができないんですね。
人生設計という点でいえば、自分はweb系エンジニアに転職したことで、
web系に的を絞ったことになります。たとえばいまから教師になりたいとかはもう思いません。
学生時代はこの辺も随分迷い尽くしましたが、
さすがに三十路を越えて歩くべき道も固まってきたかなという感じはします。
まぁ、いまの会社に限界を感じて離職することはあるかもしれませんが、
それでも勤める業界はもう変えないと思います。年齢的にもかなり厳しいし。

ただ、一口にweb屋さんといってもwebサイトを作る技術というのは無数にあります。
コンテンツ制作も含めれば、結局世の中のあらゆる情報が対象になってしまいます。
生物に関するサイトを作りたいなら生物学の知識が必要ということだし、
当然その裏方を支える役目としてマークアップ言語やプログラミング言語、
あるいはサーバーに関する知識も必要になってくるわけです。
まぁ、退屈することは一生ないでしょう。その意味ではやり甲斐はすごくあると思います。

しかしweb屋さんという枠の中はまだ対象範囲が広すぎるので、
結局その枠の中でどの情報をインプットすべきかで右往左往してしまう。
いまはそういう段階なのではないかと思っています。
基本方針としてマークアップ言語とPHP、javascript、Pythonという3本柱は決まっているのですが、
それだって周辺技術はいろいろとあります。フレームワークとか。

まぁこの界隈は基本的に「巨人の肩に乗る」ことによって使いこなすので、
車輪の再発明は必要ありません。
クルマに乗るために、クルマの構造をイチから知る必要はないわけです。
何もないところからパソコンを作ることが目的ではありませんからね。
世の中のガチ勢にはOSを作っちゃう猛者もいるようですが、
そういう人は自分からしてみれば雲の上の人で、たぶん関わることもないでしょう。
web屋さんはあくまでもwebサイトを作るという目的のために、技術を大いに利用する立場です。
技術を作る立場ではありません。
なのでプログラミングが本当に好きな人は違う業界に行くでしょう。
自分は、この職業はいわゆる地頭よりも発想力がモノを言う世界だと思っています。
もちろん地頭が良いに越したことはありませんが、それだけではやっていけません。

でも、ときにはプラグインでは解決できずに自力でなんとかしなければならない場面もあり、
そのときにはやっぱり地頭も必要になってきます。
ここでいう地頭というのはいわゆる学力を指していますが、
web屋さん界隈で特に必要になってくる学力が、英語と数学と国語です。
国語って自称理系はバカにしますけど論理力を鍛えるためにはなんだかんだで必要なんですよ。
あとこの業界はお客さんへの説明力という意味でのコミュ力が超大事なので、
そういう意味でも日本語を操るチカラは大事ですね。
まぁでも今回言いたいのは国語ではなく、数学です。

先日、javascriptの勉強をしていたら三角関数が出てきました。
jQueryをいじる程度のコーディングでは必要ないものの、
たとえばグラフィックをA点からB点に移動させるといった処理をするときには、
三角関数やベクトルといった概念が必須になってくるみたいです。
これは今後、canvasタグ等を使うようになれば知識の壁としてぶち当たる可能性がなくもないです。
高度なCSSを書くようになればそこでも使うかもしれません。

また、機械学習の分野では高校レベル+α程度の数学知識が必要と言われていて、
具体的には線形代数、微分、確率論や統計学といった分野を知っておかねばなりません。
当然、それらを理解するためにはそれよりも基礎的な数学知識も必要になってきます。
微分と確率と統計は高校の分野ですが、自分は文系大卒なので線形代数は習ってすらいません。
これはもういまから勉強するしかない。

ということでここ最近は数学の入門書をいろいろと調べていました。
社会人の学び直しを対象にした中学高校の数学本も何冊か出ているので、
まずはこれを読んでみようかなと。
また機械学習やプログラミング用途に特化した参考書もあり、これもなかなか面白そうです。

しかし、そうして一通り数学本を探し回ってふと気付きました。
本当に自分はこれらの知識が必要なのか、と。
確かに基礎知識はあるに越したことはないし、機械学習でも必要だと言われている。
いずれ機械学習をするのであれば、先行投資として学ぶ意義はあるように思います。
しかしよくよく考えてみれば、自分がする機械学習で線形代数が絶対必要とは限らない。
線形代数が必要だという話はあくまで聞いた話であって、
自分の目的に沿った話題ではないかもしれないわけです。

それでもなお、数学の勉強ができる人は地頭が良い人なのでしょうね。
自分は根がおバカなので、使うかも分からない知識を目的もなく勉強することはできません。
そこには必ず明確な学ぶ理由が必要になってきます。
というわけで、当面自分がAI分野でやりたいと思っている、
自然言語処理を使ったブログアーカイブの整理についてもう少し具体的な概略図を描いてみました。
その結果……数学が必要なのか必要でないのか、まずそこが判断できませんでした。

結局、自分はまだ数学を必要とする段階ではないということです。
その前にまず自然言語処理は何ができるのか、どうやって処理をするのかを知る必要がある。
機械学習も、ブログアーカイブをどう処理すれば機械学習に活用できるのか皆目見当もつきません。
車輪の再発明は必要ないと書きましたが、最低限車輪の使い方を学ぶ必要はあるということですね。

というわけで、自分にとって数学はいずれ必要になってくるだろうし学ぶ意義は大いにありますが、
まずは数学を必要とする段階まで上がることを優先した方がいいのかなと思いました。
来月書店に行ったときには数学の入門書を4冊買う予定でいましたが、
ちょっと考え直したいと思います。
まぁでも、興味があるうちに勢いで一気に学んでしまうのも決して間違ってはいないんですよね。
何もしないのが一番ダメなので、少しでも何かができる方向に舵を切りたいところです。

さて、今日は01時就寝09時55分起床。
テレワーク自習はほとんど進まず、今日の出勤時間の大半は本社の帰社日で潰れました。
終了後は歯医者に行きました。
前回から治療を始めた19年前に治療した虫歯の再治療ですが、
どうも19年前の歯科医が杜撰な対応をしたせいで再発してしまったということがわかりました。
具体的には、根の治療の際に神経が収まるポケットを越えて穴を開けてしまったと。
そしてその穴から菌が広がって膿ができてしまっているという話でした。
あと、通常は奥歯には神経が3本通っているそうなのですが、
ごくごく稀に2本しか通っていない人がいるそうで、自分がそれに該当するみたいです。
今日治療をしていて、その可能性に気付いた歯科医が万が一のためにレントゲン写真を撮ったところ、
まさかの大当たりだったというわけです。
自分は22歳まで乳歯が抜けなかったり、
親知らずが横に倒れたりとなかなかレアな歯の構造をしているようで……。

歯医者のあと夕食を済ませ、帰宅後はAndroidのアプリ整理とYouTubeのチャンネル整理をしました。
YouTubeは2007年に利用開始してから13年間チャンネル登録機能をまともに使わず、
2019年になってからASMR関連でよく見るチャンネルが出てきたのでようやく使うようになりました。
が、それも結局まともに活用していなかったので、
メインアカウントから登録チャンネルを全部削除して、
ASMR関連のみ寝落ち用端末のサブアカウントで再登録しておきました。

メインアカウントは空っぽになったので何か良い活用方法があればいいのですが、
YouTube自体、質の悪い広告を見せられるプラットフォームとしてあまり印象が良くないので、
当面はホーム画面でキュレーションされた動画をミュートで観る程度になりそうです。
広告削除が月300円くらいだったらもう少し積極的に観るんですけどね。
広告なし、オフライン再生、バックグラウンド再生だけで月1,180円はいくらなんでも高すぎる。

ところで今日は初めてモンスターエナジーを飲んでみました。
本当は今日飲むつもりではなかったのですが、たまたまコーヒーが切れていたので、
明日用のモンエナを先行して飲まざるをえなくなったという感じです。
体感的に効き目はかなり強いです。現在02時ですが、このあとちゃんと眠れるか不安。
カフェインががっつり効いていると、何もしていないのが落ち着かなくなりますね。
何かをしていた方が安定するというか。
いつもなら疲れると布団に逃げてしまいますが、今日は布団の中にいた方が落ち着かなかったので、
これがカフェイン効果なのかと強く実感しました。
明日も飲んで、これのチカラでがっつり作業したいところです。

コメントを残す