#6540

はじめてのおしごと


web制作

今日でとりあえず仕事の方のサイト制作は山場を超えました。
明日最終チェックということでそこでポロポロと改善点は出てくるかもしれませんが、
もう大幅改修するような余地は残っていないはずです。
今年初頭、身内からの依頼で初めて報酬のあるweb制作に挑みましたが、
仕事としてwebサイトを全部プロデュースしたのは今回が初めての実績となります。
マークアップ言語の良い復習にもなったし、
いろんな世代を考慮したデザインの奥深さと難しさを実感することもできました。

お客さんの期待に添うようにwebデザインを実装していくのは楽しい作業でもありましたが、
意外と単純な構造のサイトでも細部までチェックするとかなりの工数がかかったりして、
大規模サイトを作るのはよっぽど大きなプロジェクトなのだと改めて思いました。
いずれにしろ、今回のことは良い経験になったと思います。
正直、いまの現場はメンタル面の復調、プライベート作業が許される緩い勤務時間、
優しい人ばかりのホワイトな職場環境に加えさらに自分のやりたいことで実績作りまでさせてもらい、
なんというか計り知れない恩があります。
今回の仕事は、いわばその恩を形として返すものとして作ったつもりですが、
果たして社員の方々にその思いは届くのでしょうか……。

今日は結局20時まで残業したため、一昨日に引き続き直帰してしまいました。
今日頑張った分、明日はおそらく最終日ではあるものの定時退勤できるはずですが、
最後まで何が出てくるかわからないのがweb制作なので油断はしないようにしたいと思います。
明日は関係者を全員集めての最終チェック作業をしますが、
その前に自分である程度セルフチェックをしておきたいなと。

帰宅後は、すみだ水族館のオンライン企画「ねむリウム」をぼんやりと聴きながら、
Instagramで多肉植物の投稿を片っ端から見て好きな投稿に「いいね」をつけていました。
こうしてプロたちのきれいな写真を見て改めて思ったのは、塊根植物もいいなぁ、と。
塊根植物(コーデックス)は根がイモのように肥大化し、その一部が地表に露出している植物。
多肉植物は園芸学的には水を蓄える部位によってジャンル分けされることがありますが、
一般に多肉植物といえば葉が膨らんだセダムなどの植物を指し、
茎が膨らんだ植物はサボテンが多く、そして根が膨らむとコーデックスと呼ばれるというわけです。

コーデックスはそのいかつい見た目から、
セダムやエケベリアなどのような華やかさはなく「かわいい」という属性から遠いという認識でした。
が、こうして改めて写真を見てみるとめちゃくちゃかわいいんですよね。
イモみたいと書きましたがイモほどの大きさはなく、みんなちまっこいんです。
そしてその中でもさまざまなフォルムがあり、竜血樹のような奇妙な造形もあれば、
ミニチュアの木のような造形の塊根植物もあり、実に個性豊かです。
ちなみに塊根植物の中にはミニチュアサイズなのに普通の木みたいに実がなる種もあります。
油断すると実が割れて自然と種が蒔かれ、新芽が生えてくるのだとか。

まぁ、多肉植物は自家受粉する種が少なくおしべとめしべをタイミングよく揃える必要があるため、
受粉させて数を増やすのは難易度がかなり高いみたいですが。
自分がそれを実践できるまでにいったい何年かかることやら……。
いや、現状だと実生の壁が越えられず2号鉢サイズすら満足に育てられない状況なので、
そもそも普通サイズの多肉植物を愛でられる日もかなり遠いと思いますが。
うーん、いまは多忙すぎて難しいけど一段落したら栽培環境改善は本腰入れて取り組みたいなぁ。

今日は01時就寝07時42分起床。
激混み電車と分かっているのに5分すら早起きできない悲しみ。
そして、今日残業で直帰したことでなんやかんやで3日連続カフェに行っていません。
資格試験はこりゃ落ちたな。

コメントを残す