#6552

一進一退の攻防


今日の出来事

さて、昨日4万円の利益が出てホクホクしていたメタバース関連仮想通貨。
その後一日を経てどうなったのかというと……。

な、なんじゃこりゃあ!!
チャートは30分足で、青い矢印のところが自分が買ったところ。約5.2ドル(USDT)です。
それに対して最高値は7.26ドル。その差は約1.396倍。
自分が今回投資した金額は91万円なのですが、これらから算出した今日までの最高純益は……

なんと、約36万円!!!

瞬間最高なので執筆時点では25万円くらいまで落ちていますが、とにかく大変なことになりました。
昨日、半ば冗談交じりに40万円になるかもなどと書きましたが、
もしかしてもしかしたらそれも現実になってしまうかもしれません。
うまく売り抜けられれば38万円のMacbook Proを実質タダで手に入れることになるかも。
ただ、このあとの値動きが読めないのが難しいところです。

日中までは順調に高騰し続けたものの、19時台から連続して時間足が陰線をつけており、
今夜はかなり売りが加速しているように見受けられます。
これがズルズルと続けば自分の純益も4万円に逆戻りということになりかねません。
逆に、ここからさらに青天井式に伸びていく可能性も十分あります。
たった数日で6000億円というとてつもない規模に成長しており、注目を集めているのは確か。
出来高だけ見ればトップのビットコインやイーサリアムにすら肩を並べているため、
仮想通貨取引所全体の注目の的になればまだまだこんなものでは済まないでしょう。
なにしろ仮想通貨銘柄の先輩達は同じようにして何百倍にもなっていったのですから。
加えて、プラットフォーム自体はまだアルファテスト中で29日に発表会を控えています。
その内容が歓迎されればそれを根拠にしてさらに爆上がりの可能性も。
ただし、そこで肩すかしを食う内容だった場合は逆に吹っ飛ぶ可能性もありますが……。

また、自分よりもっと手前に買った富豪達が利確売りの行動に出た場合は、
そこで億単位の売りが発生するのでそこでもまた値下がりの可能性があります。
0.1ドルで買ったような人にとってみれば現時点でもすでに70倍の利益になっているので、
リスクを取らずに手じまいにして売るということですね。
こういう流れは、キリの良い数字で発生することが多いです。
なので、このまま伸び続けたとしても10ドルは大きな壁になるでしょう。
ちなみに万が一10ドルまで伸びた場合自分の純益は84万円になります。
ここまで行ったらさすがに自分も手じまいで良い気がする。

というわけで今夜はどちらに転んでもおかしくないので、非常に悩ましいです。
逆指値を設定して寝るか、でもそれで朝起きて少ない純益で利確されていたらショックですし……。
ここはある程度のリスクを背負ってホールドするべきでしょうかね。
まぁ、当然最悪の事態に備えて損が出る直前のラインに逆指値を設定するのはやっておきます。
昨夜のチャートは「これは伸びるだろう」と思えるような動きだったので
あまり心配せずに眠れたのですが、
今日はよりによって寝る前の時間帯にかなり下がってきているので不安が拭えません。
15分足を見るかぎり、かなり大きな売り圧力に対して買い手側が必死に耐えているという感じです。
まさに一進一退の攻防。どちらが勝つのかは神のみぞ知るところです。
今夜は目が離せません……が、眠らないわけにもいかないのでどこかで寝ないと。
果たしてこの戦い、どうなるのか。

今日は00時就寝07時35分起床。
久々に1本早い電車に乗ったのですが、祝日でもないのにかなり空いていました。
いつもより5分早起きするだけでこんなに出勤が楽になるなら頑張って起きる意味もありそう。
水曜日なので恒例のスーパー銭湯へ行ってリラックス。
帰り道、Appleからメールが届いてMacbook Proが発送されたことを知りました。
連絡票によると予定より早く来週の水曜日に届くことになっていますが、
平日だと届いてもセットアップの時間を取れないので悩みどころです。

コメントを残す