#6589

振り返った思い出 2021


独り言

今年一年勤め続けた出向先への勤務が年末で契約切れになるため、
仕事納めの日でその現場からは離れることになった。
引き継ぎのためのマニュアルを作成するために黙々と仕事をしていると、
オフィスに代わる代わるお世話になった人が入ってきた。
そして、僕に対して感謝の気持ちを表してくれた。
本当にお互いにお世話になったし、やり甲斐もあったし、仕事が好きになった。
やはり頼られることは大きなエネルギーになるのだと改めて感じる。
ここにきてついに仕事が面白くなってきた。

次の現場で出鼻をくじかれる可能性はあるにしろ、
今年得た経験値はこれからも大切にしていきたい。
2021年は、心から充実していたと言い切れる類稀な一年だった。
こんな1年は思春期以降経験した記憶がない。
それは、人に対して誠実に向き合ったことが成果として現れたように思う。
その果実を抱きしめながら、来年も走り抜けたい。

コメントを残す